元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

4月からのグレーゾーンのわが子への不安が応援に変わる!「わが子の説明書」に入れたい3つのポイント

4月からの不安を解消し、
子どもを責めるのではなく
応援する子育てに変えていくために

 

まずは「わが子の説明書」を作り、

お子さんの特性を正しく知り、
お子さんに合う支援を
求めていくことから始めて行きましょう。

 

 

今日はその具体的な中味について
解説していきます。

 

 

と、その前に

ぜひ知っておいて
ほしいことが一つあります。

 

 

この「わが子の説明書」、
学校でも似たものが
作られていることはご存知ですか?

 

 

特別支援学校や特別支援学級で、
担任の先生が必ず作成するんです。

 

 

「個別指導計画」と言われるものなのですが
どこかで耳にしたことありませんか?

 

もし、全く知らない場合は、
すごく大切なことなので
ぜひこの機会に覚えて
周りのお母さんにも教えてあげてくださいね☆

 

 

 

 

個別指導計画は、

支援学校や支援学級に在籍する
子ども一人一人について、

1年間の指導の目標や内容を
先生が考えて作成し、
指導していく際のもとにします。

 

 

そして、

 

個別指導計画は、
保護者であるあなたが
「見せてほしい」と
お願いすれば見ることができます。

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

それは、

学校は開示をする義務があり、
本来は保護者に毎年説明して
同意を得て作成するものだから

です。

 

 

もし、お子さんが
支援学級や支援学校に在籍されていたら、
一度先生に聞いてみてくださいね。

 

 

 

そして、ぜひ
先生の作成した指導計画と
「わが子の説明書」を活用して
お子さんの支援をしっかり先生と
話し合ってみてほしいと思います。

 

 

 

学校の先生が見ているのは
学校でのお子さんの様子のみ。

 

先生がお子さんと関わる時間は
お母さんである、%LAST_NAME%さんに比べれば
もちろん少なく、


先生はお子さんについて
知らないことがほとんどです。

 

 

 

お母さんであるあなたが
「わが子の説明書」を作り
提示していくことで、

お子さんをより正しく知ってもらう
ことができるのですね。

 

 

 

学校ではずっと親が
付いているわけにはいきません。

 

親がいない間活躍してくれる
ツールになるように、
気合を入れて作成してみてください。

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

では、実際に
「わが子の説明書」には
どんなことを盛り込んでいくと
いいのでしょうか。

 

 

作成する際の中味について
解説していきます。

 

 

 

「わが子の説明書」に
記載する内容について、


次の3つ

に絞って作成しましょう。

 

 

 

 

1、特性のアウトライン

 

2、行動と原因・対処法をまとめた表

 

3、先生へのお願い

 

 

 

 

まず一つ目の
特性のアウトラインについてです。

 

 

 

ここには次のことを書きましょう。

 

①診断名または特性の傾向。

 

・自閉症スペクトラム
・衝動的な特性が強い。
・学習面で読み、
書きの問題が特にみられる。

 

など、

特に強く見られる
お子さんの特性を書きます。

 


②検査の詳細

 

発達検査を受けている場合は
一番最近の検査について

検査日、検査の名前、
検査を受けた機関、検査結果

などを書きます。

 

どこまで詳しく書くかは
%LAST_NAME%さんが先生に
特に知っておいてほしいことで
大丈夫だと思います。

 

 

③通っている医療機関

 

④受けている療育や訓練

 

療育機関などに通っている場合は
機関と訓練の詳細を
書いておくといいです。

 

どんな訓練を受けているかが
わかることで、
お子さんの支援を工夫する際の
参考になります。

 

 

⑤服薬

服薬している場合は
書いておきましょう。

副作用などや気になることも
しっかり伝えることが大切です。

 

 

 

 

この5つの項目をにして
A4の紙1枚にまとめてみましょう。

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

お子さんの特性のアウトラインは
言葉の通り、

お子さんの特性の大筋です。

 

「こんな子ですよ」
が伝われば大丈夫です。

 

大切なのは次の部分。

 

学校で過ごす時、
お子さんが特に困りやすい行動の
原因と対応法についてです。

 

 

では実際、これを
どのようにまとめて
いくといいのか。

 


次回、事例をあげて
詳しく解説します。

ぜひ春休みに作成する際の
参考にしてくださいね!

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声