元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

発達障害のウラに隠れた才能の種をみつけよう!チャイルドジニアスコーチング

わが子の特性を理解してくれない先生にあたっちゃった!どうしたらいい?

BLab_202382_2.jpg

4月まであと2日。
新学期開始に向けて

今から対策を立てておこう。

 

まずは「わが子の説明書」作ってみよう。

そう思って取り組み始めてみたものの、

 

わが子の困った行動について
どこまでどんなふうに書けばいいの?

 

どのように活用したらいいの?

 

 

 

あなたが今、もし
このように悩んでいたら、

その悩みを解決し、
説明書作成の参考にしていただけるように


今日は、

 

先日のメール講座でも
紹介しました

3ヶ月レッスン受講生Tさんと
ADHDの診断を受けた
小学1年生のたかくんの事例から

詳しく解説していきたいと思います。

 

バックナンバーはこちら↓
https://www.agentmail.jp/archive/mail/690/1981/117078/

 

 

チャイルドジニアス

 

 

集団での活動にどうしても参加できず

「できない」と言っては


音楽では歌は歌はない、
運動会の練習では全く踊らなかった

たかくん。

 

 

 

先生に毎日注意され、


「学校楽しくない!大っ嫌い!」

と、言っていました。

 

そんなたかくんが

「学校楽しい!」

と話すようになったのは、

 

お母さんが「わが子の説明書」を作り、

先生に詳しく対応法を伝えたことで、

 

たかくんの対応において
先生との誤解を解くことができらからでした。

 

 

 

 

集団行動の問題については
解決したのですが、

その後、実は他の問題に
お母さんは繰り返し悩んでいました。

 

 

 

それは、


たかくんの特性について
なかなか先生に理解してもらえない

 

という悩みでした。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

たかくんの説明書を作り
詳しく説明したはずなのに、

 

その後も繰り返し

先生のたかくんへの対応で悩むことが多かったのです。

 

 

「お母さん、たかくんですが
今日は友達の筆箱に落書きをしたので
友達が注意したところ
筆箱を投げたんです」

 

 

「お母さん、たかくんですが
授業の準備をしなかったので
隣の席の子がたかくんに注意をしたら、
『うるさい!』と悪い言葉を言ったんです。

おうちでも話をしてください。

 

 

 

毎日のように電話が来ては
お母さんに話をし、

「お母さん、このままでは
たかくんは大きくなってから
大変なことになりますよ」

 

と言う先生。

 

 

Tさんはその都度、

 

「すみません。
うちの子は行動の切り替えが難しくて
次の行動までに時間がかかります。

隣の子のことはありがたいのですが
やさしく声をかけて
少し見守って対応してください。」

 

特性と対応法を説明しました。

 

 

しかし、なかなか先生に伝わらない。

また困ることがあれば連絡が来る。

 

 

Tさんは、子どもではなく
先生に振り回されて、

ゆとりのない時は
たかくんに怒りをぶつけてしまうこともありました。

 

 

チャイルドジニアスコーチング

 

もし、あなたが
Tさんと同じように
先生に振り回される状態になったら
どうするでしょうか?

 

 

学校で一番頼りにしている先生に
なかなかわが子のことを理解してもらえない
というのは本当に困ります。

 

 

 

Tさんのようなケースは
一部の珍しいケースだと私は思います。

 

 

しかし、一部の先生の中には
わが子の特性について伝えても
なかなか理解してくれない先生は

やはりいます。

 

 

ではこのような場合、
どうすればいいのでしょうか?

 

 

先生が変わるまで
残り半年我慢しますか?

 

 

半年とはいえ、
その間もたかくんは学校に通い
毎日を過ごします。

 

 

毎日先生に注意され、
それを見ている友達にも注意されたら

 

たかくんはまた

「学校大嫌い!」になってしまうかもしれません。

 

 

それじゃあ、

問題が起きたら
その都度対応を説明していこうか?

 

わが子の説明書をもっと活用して
しっかり理解してもらえるようにしていこう。

 

そう思われますか?

 

 

毎日わが子に関わる
担任の先生にはやはりわが子のことは
一番理解してもらいたいもの。

 

しかし、どうも


たかくんの担任の先生に
理解してもらうのには時間がかかる。

 

 

理解しようという気持ちはあるのかもしれないが、
どちらかというと
子どもに原因があると思われている様子。

 

 

このような場合どうしたらいいのでしょう?

 

私はこの時、あること
Tさんに提案しました。

 

 

それは、「わが子の説明書」を
さらに活用するための対策でした。

 

 

 

その対応によって
たかくんの「学校きらい!」は
「学校楽しい!」になりました。

 

あることとは何か。

 

次回お伝えします。

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
プレシャス・マミー認定コーチ、トレーナー
2人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後
7年間特別支援学校教員を経験。
子育てコーチングセッション、子育てコーチングの講座
プレシャス・マミーの講座を開講。
羽島市発達障がいの子育てサークルにじいろねっとをサポート。
発達障がいをもつ子どもの個別学習支援もしている。
志命は「日本中のママを笑顔に!」

浅野美弥Facebook

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

お客さまの声