元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

「クラスで浮いていたわが子が、今はいじめもなく友達と遊べるようになりました!」3ヶ月レッスン受講生の感想

「わが子の説明書」を作り、
活用することで、

クラスで浮いてしまうわが子の悩みが解決し、

「学校たのしい!」


クラスで安心して過ごせるようになった
お子さんとお母さんTさんの
事例をお伝えしてきました。

 

 

 

今日は、3ヶ月レッスンの
セッションの中で

2月にTさんから送られてきた
「わが子の説明書」を活用してみての感想を
ご紹介したいと思います。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

 

*****

 

 

毎日のように来る
担任の先生からの連絡で、

「今日もお子さんはできませんでした」

 

そう言われて
責められているみたいでした。

 

 


自分のやりたいことが先になって
我慢ができない。

この特性があるのでどうしても
問題が起きてしまいます。

 

うちの子は、

好きなことで頭がいっぱいになると
話が聞けなくなってしまいます。

 

 

先日もこんなことがありました。

 

 

ドッジボールで頭がいっぱいなところに、
昼休み、教室で先生にいろいろ聞かれ、
遊びたいので、うちの子は
「わかんない!」を連発したそうです。

 

ついに教室を飛び出し、
追いかけてきた友達に注意され、

遊びたいのを邪魔されたと思って
うちの子は友達を叩いた

ということでした。

 

チャイルドジニアス

 

 

静かな場所で、
わかりやすく短い言葉で話すと
理解できる子です。

 

 

子どものことをもう少し理解して
子どもに合った対応をしてもらえるだけで
こんな問題は起こらないはずなのに。

 

 

どうしたらいいのか
本当に悩んでいました。

 

 

浅野さんから、


「支援学級を使って
今の子どもが過ごす環境を変えてみては?」

と言われた時、

 

今の環境をどうにかしないと
息子は潰れてしまうかもしれない

そう思いました。

 

 

 

支援学級は初めてで、
子どものことを
どう伝えればいいか悩んだのですが、

 

「わが子の説明書」を
一度作って使っていたおかげで

それを少し書き換えて
先生に説明するだけで
とてもよくわかってもらえました。

 

 

 

2学期は慣れるために
週1回1時間の通級でしたが、

3学期からは毎日
通級を利用していいと言ってもらえ、

 

4月からは支援学級に
行けることになり、

 

子ども本人も、
「4月からたくさん行けるね」と
楽しみに話しています。

 

 

 

 

宿題のやり方も変えてもらい、

算数のテストは、苦手な文章題だけ
先生に代読してもらうことで、
90点取ることもできました。

 

 

 

そしてなにより、


好き勝手なことをしてしまい、
友達から注意されると怒って
クラスでは嫌われて浮いていた息子でしたが、

今はいじめもなく、
お友達と遊べるようになりました。

 

 

 

チャイルドジニアス

 

あのままずっと悩んでいたら、
もしかしたら息子は

「学校には行きたくない」

と、言っていたかもしれません。

先生が変わるのを待つより、
こちらが変わった方がいい

と思えました。

 

 

支援学級の先生と話をして
早めに通級が始められたことは
本当に良かったです。

 

 

「わが子の説明書」は

4月にまた書き直して
先生と話す時に
使おうと思っています。

 

 

 

******

 

 

 

 

Tさんとたかくんのこの変化には
正直、わたしも驚かされました。

 

 

この3ヶ月前、

Tさんは、責任感が強いから故に、

子どもが困ったことをするのは
自分のしつけができていないからだと自分を責めていました。

 

 

そんなTさんが

どうしてこのように変わり、
早く動くことができたのか?

 

 

どうしてだと思いますか?

 

 

それは、

「わが子の説明書」を作り
使ったことを通して、
子どもの変化を目の当たりにしたからです。

 

 

やりたいことで頭がいっぱいになると
他のことに注意が向かなくなるという

わが子の特性がわかったことで、

 

 

授業が始まっても
授業の準備ができないという
困った行動の原因がわかり、

 

 

 

少ない集団の中で
見守ってもらいながら

「筆箱と国語の教科書を出しましょう。」

 

わかりやすく優しく
声掛けをしてもらうことで

 

たかくんは、自分で気持ちを切り替えて

準備をすることができる!

 

 

ということに
お母さん自身と、先生が気づき、

 

たかくんに合う支援を
積極的に始めることができたからでした。

 

 

 

 

新学期スタートに備えて
4月の今、お母さんだから
やっておきたいことがあります。

 

 

それは、

「わが子の説明書」を作り
わが子の特性と問題の原因と解決策を
しっかりまとめること。

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

すぐに作ってみたい!

作ってみたけれど
これでいいのか答え合わせをしたい!

わが子の場合は
どんな風に書けばいいのか
専門家のアドバイスを聞きたい。

 

 

 

もし今、あなたが
このように思っていたら

明日から募集する
4月の個別相談を
ぜひ活用してください!

 

 

あなたのお話を詳しく聞き、

あなたのお子さんの
「わが子の説明書」を一緒に作成し、

あなたのお子さんの
新学期すぐに始められる
支援の具体策もお渡しします!

 

 

 

明日4月3日(月)
詳細についてお知らせします。

 

 

申し込まれた方限定で、

ママの新しいスタートを応援する
特典もあります!

 

 

明日のお知らせを見逃さないように
楽しみにお待ちくださいね☆

 

チャイルドジニアス

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声