元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

発達障害のウラに隠れた才能の種をみつけよう!チャイルドジニアスコーチング

映画「ぼくと魔法の言葉たち」から学ぶこと

18011099_702314743284202_6189133844567122006_n.jpg

今こんな映画が
公開されていることご存知ですか?

ぼく魔法言葉たち

 

http://www.transformer.co.jp/m/bokutomahou/

 

(アカデミー賞短編ドキュメンタリー受賞作)

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

この映画は、

アメリカのある家庭に生まれた
一人の男の子の半生と家族の姿の
ドキュメンタリーです。

 

 

 

ちょっと想像してみてください。

 

 

 

2歳のかわいいわが子。

おしゃべりも上手になってきて
お兄ちゃんやパパと
大はしゃぎで遊び、

 

ママが呼ぶと満面の笑顔で
近寄ってくる。

 

 

そんなわが子が、
ある日突然

まるで別人になってしまったように
全く話さなくなってしまった。

 

 

 

話しかけても答えてくれない。
笑いかけても笑い返してくれない。

 

明るく元気だったあの子は
どこに行っちゃったの?

 

 

すぐにいろんな医療機関を受診して
検査も受けた。
そして、お医者さんからこう言われた。

 

 

「お子さんは広汎生発達障害です。
自閉症ですね。
言葉が戻ることはもうないかもしれません。」

 

 

 

あなたがもし
この子のお母さんだったらどうしますか?

 

そっと見守っていきますか?

 

もし、また言葉が戻る方法があるなら
その方法を見つけ出し、
もう一度わが子を取り戻そうと戦いますか?

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

あなたに想像していただいたのは、

映画の主人公オーウェンのお母さん、お父さんの気持ちです。

 

 

2歳から6歳までの4年間、
誰ともコミュニケーションを
取れなくなってしまったわが子。

 

もう彼の声は聞けないのかな・・・。

 

 

 

そんな途方に暮れていたある日、

家族一緒に彼の大好きな
「リトル・マーメイド」を見ていると
オーウェンが突然
ある言葉を話しました。

 

 

4年ぶりに聞く彼の声!

 

お父さん、お母さんは驚いて
言葉を失います。

 

 

なんて言ってるんだろう?

なんでこの言葉なんだろう?

 

 

考えていくうちにお父さんは、
あることに気づきます。

 

 

それは、

 

「これは”リトル・マーメイド”のセリフだ!
オーウェンはディズニーアニメの
セリフを話したんだ!」

 

 

 

 

そしてお父さんはある挑戦をします。

 

 

ある日、部屋で一人
ディズニーの本を読んでいたオーウェンに

彼の大好きなディズニーキャラクターである
オウムの”イアーゴ”のマペットを手にし、
イアーゴになりきって
彼に語りかけてみまたのです。

 

 

「君でいるってどんな気持ちなの?」

 

 

すると驚くことが起きます。

 

 

「ぼくはハッピーじゃない。
友達がいないから。」

 

 

なんと、オーウェンが答えたのです!

 

 

数年ぶりに聞くわが子の声に
お父さんはシーツをかぶり
涙を必死にこらえて
イアーゴになり話しかけ続けます。

 

 

 

その日から、オーウェンと家族は
止まっていた時間を取り戻すように
ディズニーアニメを通して
オーウェンを理解し支えていきます。

 

 

 

オーウェンにとってディズニーアニメは、
自分の言葉であり、
相手の気持ちを知る手がかりであり、
コミュニケーションの取り方を
教えてくれる先生でした。

 

 

 

もし、お父さんが、

 

子どもが大好きなディズニーアニメに注目することなく、
コミュニケーションを試みなかったら

今のオーウェンの姿はなかったかもしれません。

 

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

私はこの映画を見て、
「本当に大切なことは何か」を
教えてもらったように思います。

 

 

 

それは、

 

 

発達につまずきがあって
たくさんの問題を抱えていても、
その人は私たちと変わらない
一人の人として生きている
大切な存在である

 

ということ。

 

 

 

言葉がないから
こちらの話すことがわからないだろうとか、

学習障害と診断されたから
これからもずっと読み書きができないだろうとか

そんな判断をすることは
誰にもできない

 

ということです。

 

 

 

 

そして、


本人の好きなことには
つまずきを才能にする
何らかのヒントがある

 

ということを改めて教えられました。

 

 

 

毎日のように繰り返し
わが子がやっていること。

ご飯も忘れるくらい没頭していること。

得意なことやできていること。

 

 

一見意味がないように見えることでも
そこには、

この先、子どもが
自分らしく生きていくのに必要な
才能の芽がやはりあるのですね。

 

 

この映画では、
オーウェンが親元を離れ
働いて一人で生活するまでの

 

葛藤や支援のあり方、
家族の関わり方についても
リアルに伝えられています。

 

 

 

映画を見ながら、
私は何度も
オーウェンのお母さんの気持ちになって
悩んでいる自分がいました。

 

 

この子は自分が死んだ後どうなるんだろう。

本当に一人で生活していけるだろうか。

不安に押しつぶされそうになりながらも
オーウェンのお母さんは全くぶれることなく彼を支えます。

 

 

 

それがとてもよくわかり、
母としてこうありたいと私が感じた
あるシーンがありました。

 

ぜひ皆さんにもお伝えしたい場面なのですが、長くなりそうなので
それについては次回お伝えしますね。

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
プレシャス・マミー認定コーチ、トレーナー
2人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後
7年間特別支援学校教員を経験。
子育てコーチングセッション、子育てコーチングの講座
プレシャス・マミーの講座を開講。
羽島市発達障がいの子育てサークルにじいろねっとをサポート。
発達障がいをもつ子どもの個別学習支援もしている。
志命は「日本中のママを笑顔に!」

浅野美弥Facebook

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

お客さまの声