元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

発達障害のウラに隠れた才能の種をみつけよう!チャイルドジニアスコーチング

新担任に120%伝わる”わが子の説明書”の書き方一つ目のポイントは、「◯◯◯に書く」です!

images-1.jpeg

「わが子の説明書」を作成して
幼稚園の先生に事前にお渡しし、

 


家庭訪問で

「◯◯君が出来る限り
安心して幼稚園で生活出来るように
支援していきます。」

 

先生から心強い
言葉をもらえたMさん。

 


これまで見られなかった
先生の意識の変化を
目の当たりにされました。

 

 

 

どうしてMさんは、
このような変化を
手にすることができたのでしょうか?

 

 

そのワケは、Mさんが作成した
「わが子の説明書」に秘密がありました。

 

 

 

Mさんが作成した「わが子の説明書」には、
あることが書き込まれていたからです。

 

 

 

もし、これから「わが子の説明書」を
作成しようとしていたら、

すぐに活用してもらえると思いますので、
今日はその秘密をお伝えしますね。

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

先生の意識を変えた

Mさんの「わが子の説明書」には
2つのポイントが
しっかりおさえられていました。

 

 

今日は一つ目のポイントについて。

 

 

それは、

 

子どもの行動と
その原因になっている特性と、
対応の仕方について

 

できる限り具体的に分かりやすく
書いたこと

 

です。

 

例えば、Mさんのお子さんの
ある行動について
次のようにMさんは書きました。

 

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

Mさんのお子さんは、

ヒーローになって
敵と戦うまねをして遊ぶのが大好きなお子さんです。

 

 

幼稚園でも、お友達と
戦いごっこをして遊んでいることを
これまでも先生から聞いていて、

友達との関わりを楽しめる力が
育ってきたことを
Mさんは嬉しく感じていました。

 

 

 

しかし、新たに
こんな悩みもありました。

 

 

 

戦いごっこが楽しくて
テンションが高くなると、

武器にしている棒などを
振り回してしまうのです。

 

 

 

これまでは先生に、
危ないと思われるときには
声をかけてもらっていました。

 

 

 

しかし、なかなか
子どもには理解が難しく、

その都度声をかけるだけでは
子ども自身が考えて
行動できるようにはならないと
感じていました。

 

 

 

そこで、子どもへの支援を
もっと分かりやすいものにして、

どの先生も同じ対応をしてもらえるように、

「わが子の説明書」には
次のように書きこみました。

 

 

 

******

 

(行動)

戦いごっこなど、
自分がやりたい気持ちが強くなると
周りが見えなくなります。

 

投げたり振り回すなどの
危ないことをしてしまいます。

 

 

 

(原因)

相手の気持ちや
場の雰囲気など

目で見てわからないことを
理解することが苦手なためです。

相手の気持ちを予測して
行動をすることも
今はまだ難しいためです。

(対応)
家庭ではルールを決めて
守ることを伝えています。

 

①危険なこと、お友達に
 ケガをさせることはしない。

 

②やめてと言われたら

 「ごめんなさい」と言う。

 

③戦いごっこは、
 広くて人があまりいない場所でする。

 

 

幼稚園でもこのルールを
本人と確認するという方法で
対応していただけるとありがたいです。

 

 

*******

 

 

 

いかがですか?

 

あなたが、初めてMさんのお子さんを
担任する幼稚園の先生だったら、

 

 

ここまで詳しく
具体的に書かれていたら、
対応のイメージも持てて
すぐに実践することができそうですね。

 

 

このように、

 

 

対応や配慮について
書き込む際は、

具体的な対応の仕方を
わかりやすく書くことが大切です。

 

家でやっている対応法を
Mさんのように
箇条書きで書くのもとてもいいです。

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

また、

 

配慮をお願いする際、

 

「様子をみてください」

「声をかけてください」

このように書いてしまうことって
多くなりがちですよね。

 

 

 

実はこれでは
どんな様子をどう見るのか、
どのように声をかけるのか、

先生は全くわからない。

 

先生に対応を丸投げしているのと
同じことになってしまいます。

 

 

また、お願いばかりされては
先生もプレッシャーを感じ、
あまりいい気持ちではありません。

 

 

 

発達障害やグレーゾーンの
お子さんの保育や教育を
多くの先生は
そんなに経験はしていません。

 

 

どうすればいいのだろう。
先生も不安を感じながら
何かしたいと思ってくれています。

 

 

 

 

まずは対応の仕方を一つ決めること。

そしてそれを先生に
そのまま伝えること。

 

 

 

 

「うちではこうしています」

 

と伝える方が、

 

「こうしてくださいあーしてください」

 

とお願いするより、
先生も受け入れやすいですね。

 

 

これが正しい、
絶対これが一番いいという
対応法はなかなか見つからないからこそ、

お家と幼稚園、学校で
協力しあって試行錯誤しながら
わが子に合う対応法を
見つけていきたい。

 

 

 

そんなメッセージも
先生に伝えていきたいですね。

 

「わが子の説明書を」作成する際は
一つ目のポイントを
ぜひ参考にして改善してみてください。

 

 

そして、
Mさんの「わが子の説明書」には
もう一つ大切なポイントがありました。

 

 

それはなにか。

 

 

次回お伝えします。

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
プレシャス・マミー認定コーチ、トレーナー
2人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後
7年間特別支援学校教員を経験。
子育てコーチングセッション、子育てコーチングの講座
プレシャス・マミーの講座を開講。
羽島市発達障がいの子育てサークルにじいろねっとをサポート。
発達障がいをもつ子どもの個別学習支援もしている。
志命は「日本中のママを笑顔に!」

浅野美弥Facebook

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

お客さまの声