元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

出かけたくても出かけられない。その悩みを解決する連休のお出かけのコツは「◯◯◯ない!」

こんにちは。

 

発達障害のウラに隠れた
才能を見つけ出せ!

 

小さな天才を育てる
お母さんのための
チャイルドジニアスコーチ

浅野みやです。

 

 

 

ゴールデンウィーク真っ只中。

そして今日はこどもの日ですが、

 

どんな連休を過ごしていらっしゃいますか?

 

 

チャイルドジニアス

 

 

わが家では朝から
息子二人、普段と変わらず
ゲームをしたりレゴで遊んだり
のんびり過ごしています。

 

 

せっかくの連休、
家族でどこかに出かけたい。

子どもにもっといろんな経験をさせてあげたい。

いろんな場所を見せてあげたい。

 


テレビや雑誌の
お出かけスポットの情報を見たり、
「でかけてきました~」

というFacebookの投稿を見ると

うちももっと
何かしてあげなきゃいけないのかな

と思ったりするという方も
いらっしゃるかもしれません。

 

 

 

けれど、実際に
子どもと出かけようと思うと

なかなかスムーズに出かけられなかったり
トラブルが起きて
思うように楽しめない。

 

出発前の支度に時間がかかったり、

目的地に着く途中で「帰りたい」と泣いたり、

目的地に着いても、順番が待てなくて
周りに
迷惑をかけたりする。

 

 

 

発達障害やグレーゾーンの特性のある
お子さんとのお出かけは、

このような問題が起きやすいので

「出かけたくても出かけられない」

というのがお母さんたちの本音かもしれません。

 

 

どうすればうちの子は
安心してお出かけを楽しめるの?

 

家族で出かける経験を
どうすれば増やしてあげられるの?

 

 

残りのゴールデンウィーク、
お子さんとの楽しい思い出が一つでも作れるように
今日はお出かけのコツをお伝えしますね。

 

 

チャイルドジニアス 

 

発達障害やグレーゾーンの
お子さんとのお出かけで
問題になることには、
必ず原因があります。

 

 

例えばこんなこと。

 

感覚の過敏があることで、
音や周りの刺激が
たくさん入ってきてしまい、

出かけると、
とても不安になったり
疲れたりしてしまうので
はやく帰りたくなる。

 

 

 

時間やルールなど
目に見えないことがわかりにい。


自分のやりたい気持ちが先になって
周りが見えなくなってしまい
ルールはわかっていても忘れてしまう。

 


先を見通すことが苦手なので
いつまで待つのか不安になってしまい

長い時間待つことが
とても辛くて逃げたくなる。

 

 


このように、

 

感じ方や捉え方の違い、
どうしても苦手で
わからないことがあること

によって、

お出かけで困ることが
起きてしまうのですね。

 

 

 

 

ではどうすれば
少しでもお出かけができて
安心して楽しめるのか?

 

 

そのコツは、

 

「頑ばらない」

 

です!

 

 

 

 

人があまり多くなさそうな
行き先を選んでみる。

  

時間は欲張らず
半日遊べたら十分と考える。

  

出かけた先でやることを一つ
先に決めてから行き、
それをミッションにして
「遂行しに行こう!」
ちょっと楽しくしてみる。

 

 

子どもが安心できるおもちゃや
ゲームを持っていき、
上手に活用する。

 

 

 

家族一緒にこだわらず
お父さんと二人で出かけたり
一人になれる時間や環境も作ってあげる。

 

 

こんな工夫をしてみましょう!

 

そして、

 

 

「せっかくお出かけしたんだから
たくさん楽しまなきゃ」という
こちらの欲は捨てて、

お出かけできたことだけでも花マル!

一つ楽しいと思えることがあればそれでOK!

 

トラブルはきっと起きる。
それもまたいい経験になる!

 

 

こんな気持ちで
お子さんに寄り添って
過ごしてみてほしいと思います。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

困ることがどうしても
起きてしまうわが子だから
お出かけを我慢するのではなく、

 

 

むしろお出かけをすることで、

 

普段気づかないわが子の
素敵なところを発見できるかもしれない♪

 

 

母親である自分の
子育ての枠を広げる
機会になるかもしれない♪

 

出かけられたらラッキー♪

 

こんなふうに
頑張らない連休を

ぜひ楽しんでみてくださいね。

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声