元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

「明日から学校やだな。」そんなわが子に連休最後の今夜、ただ一つお母さんにやってほしいこと

連休も今日で最後。

お子さんの中には、
なんだか元気がなかったり
イライラしていたりという
お子さんもいるかもしれません。

 

 

なぜそのような様子がみられるのか?

 

 

それは、こんな気持ちを
感じているからかもしれません。

 

 

「学校行きたくないな…」

「また明日から疲れちゃうな」

「また頑張らなきゃいけないな」

 


 

緊張や不安を感じていたり、

時間に追われる忙しさに憂鬱になったり、

「苦手なことを頑張らなきゃ」という
プレッシャーを感じている
からかもしれません。

 

 

 

そっか、うちの子
今すごく緊張してるのね。

じゃあ、どんなふうに
関わってあげればいいのかな。

明日の朝、もし登校を渋ったら
どんな声かけをしたらいいんだろう?

 

 

 

もし今、このように感じていたら、

連休最後の日の今夜
ぜひやってほしいことがあるので
今日はお伝えします。

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

まず、

 

学校に行きたがらないのには、
お子さんの特性によっていろんな原因があります。

 

 

こだわりがある子は
困ったことが起こるかもという
先の見えない不安があるかもしれません。

 

 

また、感覚が過敏なお子さんは、
授業中の先生の声を聞こうと
人一倍集中しないとならないので
とっても疲れてしまうからかもしれません。

 

 

 

まずは、なぜ子どもが
学校に行きたくないのか

お子さんの特性を理解した上で
その原因をわかってあげてくださいね。

 

そして、その原因から、
お子さんに合う対応をしてあげましょう。

 

 

 

子ども一人一人
その特性は全く違います。

うちの子は何に悩んでいるのか、
お子さんの抱える問題を
まずは理解してあげてくださいね。

 

 

 

そして実は、
もう一つ、登校を渋る原因で
大事なことがあります。

 

 

子どもだけでなく
大人みんなに共通する原因。

 

 

 

その原因とは、

 

生活のリズムの乱れ

 

です。

 

 

 


こんな経験ありませんか?

  

 

 

お出かけして普段と違う体験をして
とっても楽しかったのに、

お家に帰ってきて翌日のことを考えたら
急に現実に戻ってしまったみたいで
なんだか寂しくなる。

 

 

翌日のことを考えることが面倒で、
気持ちを切り替えられず
「全部明日でいいや」って思いたくなる。


大人でも、長い休み明けは
気持ちの切り替えがなかなか
できないことたくさんありますよね。

 

 

それは、

 

頭も体も完全にお休みの
生活リズムになっているから

 

です。

 

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

お休みのリズムを
急に普段の生活リズムに戻すのは
大人でも大変です。

 

 

まして子どもは、
物事に柔軟に対応する力は
まだまだ未熟であり、

 

発達障害やグレーゾーンのお子さんは、
このような柔軟な対応や
切り替える力の発達がゆっくりだったりするので
とっても難しいのですね。

 

 

つまり、

子どもたちは、
大人が思う以上に生活リズムの乱れの
影響を大きく受けてしまうのです。

 

 

 

だから、

登校を渋るのも
無理はないのですね。

 

 

けれど学校は始まりますし、
いつまでも嫌と言ってられず
やはり切り替えていかなければなりません。

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

今夜ぜひ
ただ一つこれだけはやってほしい
ことがあります!

 

 

それは、

お子さんと一緒に
はやめに寝ること

 

です。

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

 

もし「明日の準備をしたくない」と
お子さんがぐずっていたら
手伝ってあげてください。

 

宿題が残っていたら
今日くらいは目をつぶって
教えてあげてください。

 

 

今日くらい甘やかしたからって
これからずっと
宿題をしない子にはなりません。

 

一番大事にしてほしいのは、
疲れを少しでも取ること。

 

そして明日の朝
少しでも気持ち良く目覚めること。

 

 

 

朝ごはんは

お子さんの好きなものにしたり、
おにぎりなど食べやすくしてあげて、

 

 

甘えるようなら
途中まで送ってあげて、

朝ぎゅってしてあげて。



学校に行って帰って来られたら
それだけで満点花マル!

 

 

「お母さんも頑張るから
今日はまず1日行って帰って来れたらでいこう。」

こんな声をかけてあげてください。

 

 

 

今週は学校にまた慣れることから始めてみよう。

こんな気持ちで
お子さんを応援してあげましょう!

 

 

お母さんには困っていることを
安心して話せる。

甘えさせてもらえる。

 

一番わが子をそばで見ている
お母さんだから作れる
安心できる関係をどうか
大切にしてくださいね。

 

 


そしてそんなお母さんのミカタは
いつもここにいます。

 

 

一人で悩みは抱えずに

ぜひこのメールに返信で
あなたのお話を聞かせてくださいね。

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声