元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

【質問回答】うちの子は癇癪の他にこだわりによるパニックがあるみたいです。その場合はどう対処したらいいですか?

前回のメール講座に
読者さんから質問をいただきました。

 

 

*****

 

 

いつもメルマガ読ませていただいています。

 

Yさんの感想を読んで、
うちの子の姿に重なって
興味深く読ませていただきました。

 

 

学校の先生からは
「問題ありません」
と言われてしまい、

 

何かをたくさん我慢して
頑張っているストレスが

家での癇癪になっているのかもしれないと思うと、

学校の先生にもう少し
子どもの気持ちをわかってもらえるように
何かを始めていこうと私も思いました。

 

 

うちの子は、かずくんのように
思うようにいかないことでの
癇癪もありますが、

こだわりが強いことでの
パニックもあります。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

先日は、どうしてもほしい
お菓子が売り切れていて

どうしても納得できず
しばらくお店で泣いていました。

 

 

そうなると周りが何を言っても
聞こえていないようで、
ただ泣き止むのを待つしかありません。

 

 

パニックになると
ただただ泣いて叫んで
本人もわけがわからない

といった様子です。

 

 

時々パニックになったことを
覚えていないこともあって

見ていて親として
何ができるかわからず悩みます。

 

 

このような
こだわりによるパニックには
どのように対応したらいいのでしょうか?

 

対処の仕方をぜひ教えて欲しいです。

 

 

*****

 

 

 

Nさん、ご質問
送ってくださりありがとうございます。

 

 

Nさんのお子さんは
癇癪のほかにパニックもあり、

そしてその原因は、
こだわりではないかと感じている

ということですね。

 

 

 

先日お送りしたメール講座でも、
癇癪とパニックの違いについて
詳しく解説しましたが、

 

 

パニックの原因は、

「予測できない状況」である

と私は考えています。

 

つまり、

 

不安の感情を、
全力で出して

混乱している状態
パニックだと捉えています。

 

 

 

Nさんのお子さんの場合は、
同じお菓子にこだわることで
安心を得ているお子さんです。

 

 

しかし買いに行ってみたら、
お菓子が売り切れてしまっていた。

 

 

突然予期しない、
いつもと違う状況になったことで、

お子さんにとっては

ものすごく不安で混乱した
状況になってしまったのですね。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

お菓子がないことを
受け入れなきゃいけない。

けれどなかなかそれができない。

 

 

 

状況を受け入れること、

 

ショックや不安の気持ちを
切り替えることなど、

 

 

一度にたくさんのことを
しなければならなくなり、
処理しきれなくなるのですね。

 


これがパニックの状態です。

 

Nさんのお子さんは、

パニックになることで
いろんな刺激が入ってこないようにして
必死で自分を守っているのですね。

 

 

 

パニックの時のことを
覚えていないのは、

 

覚えていられないほど
頭の中が混乱している

ということです。

 

 


私たちにはわからないほど強い
不安や怖さの中にいると想像しただけでも

これは本当に辛いだろうなと感じます。

 

 

だから、

 

 

お子さんを見ていて
これは不安や恐怖に耐えていることによる
パニックだと思われた時は、

 

 

まずはどうか一番先に
安心させてあげてください。

 

 

 

癇癪のときの対応も
ますは安全で安心できる環境を作り
落ち着くまで見守ることでしたね。

 

 

 

パニックの時も
お子さんが少しでも落ち着いて
気持ちの処理ができるように、

 

安心できる環境を作って
落ち着くまでそばにいて
安心感で包んであげましょう。

 

 

 

癇癪なのか、パニックなのか。

泣いて怒って暴れているわが子は
どんな気持ちでいるのか。

 

 

すぐに理解してあげたくても
なかなか難しくて

親だからこそ、
余計にわからなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

けれど、親だから
できることもあります。


お子さんの癇癪やパニックの様子を
誰よりもたくさん見ている
お母さんだから
わかることがあります。

 

 

それは、

 

 

お子さんの癇癪やパニックの様子から
その原因を予測しておくこと

 

です。

 

 

そして、

それぞれの原因に対して
わが子に合う対処法をみつけて
ストックしておくことです。

 

 

癇癪やパニックでお子さんが
伝えてくれていることは何か。

 

そんな意識でお子さんの様子を
把握してみてくださいね。

 

チャイルドジニアス

 

 

 

明日から募集する個別相談では、

 

 

お子さんの日頃の癇癪やパニックの様子について
2時間じっくりお話をうかがい、

 

その原因を見つけ出し、

あなたのお子さんの場合は
どんな対応が良いのか
一つ一つじっくりアドバイスします。

 

 

癇癪やパニックに振り回される子育てから
お子さんの将来を見通した子育てに変える
きっかけを手にしてくださいね☆

 

 

 

今日から募集予定とお伝えしていました
6月の個別相談ですが、
個別相談のスケジュール調整のため
申し訳ありませんが
募集開始日を1日延期します。

 

 

明日、5月31日(水)12:00~

募集を開始しますので
詳細についてのメールをお待ち下さい。

 

 

 

一人でも多くのお母さんのお話を聞き、
今抱える悩みが解決できますように
相談の日程を調整しています。

 

 

癇癪への対処法がわかる特典も
この機会にぜひ
手に入れてくださいね!

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声