元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

なぜわが子が小中学生である今から、わが子の将来の仕事を見つけることが必要なのか?

発達障害やグレーゾーンのお子さんの
将来について、

 

私は個別相談や3ヶ月レッスンで、
お子さんが小・中学生である今から、
将来のわが子に合う仕事について
ある程度の見通しをもつこと
お伝えしています。

 

 

うちの子の場合は、
障害者枠の雇用でパソコンに関係する
仕事がいいかもしれない。
だから中学までは支援学級を使って
高校からはパソコンの技術が学べる
支援学校の高等部を考えよう。

 

 

この子は支援学級の通級指導を
中学までは使いながら、
高校は発達障害に理解のある
通信制の高校を目指そう。

仕事は高校のサポートを使って
好きな車に関係する仕事を見つけていけるかも。

 

 

 

 

こんなふうに、

小・中学校の今のうちに
将来わが子に合う仕事について
イメージしておいてほしいのです。

 

 

このように聞いて、
%LAST_NAME%さんは

「なぜ、小・中学生の今なのか」

と疑問を感じますか?

 

 

 

その答えは、

 

 

発達障害やグレーゾーンのお子さんにとって、
小学校・中学校までの時期が一番

手厚い支援やサポートを受けられる機会が
多く、
体制も整っているから

 

です。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

 

どんな支援機関でどんな支援を利用できるのか。
おおまかにまとめてみると
次のようになります。

 

 

*****

 

 

【就学前】

・保健所での検診や相談

・発達支援センターの通所施設やデイサービスでの療育

・保育園・幼稚園・認定こども園

・特別支援学校の幼稚部

・就学前健康診断

・地域療育センターで相談や巡回訪問、ペアレントトレーニング

・児童相談所での療育手帳の判定

・民間の療育教室

・教育委員会での就学相談

 

 

【小学生・中学生】

・小学校、中学校の通常学級、
 特別支援学級、通級指導教室の利用

・特別支援学校の小学部、中学部

・放課後等デイサービスでの訓練や活動

・学校での個別の支援計画に基づいた支援

・民間の療育教室

 

など

 

*****

 

 

 

小中学校までの支援が
本格的に実施されたのは2007年からです。

発達障害のお子さんの支援が始まって
まだ10年なのですね。

 

発達障害のお子さんへの支援は
日々増えてきています。

しかし、まだまだ不十分なところもあります。

 

それは、中学卒業以降の支援。

 

 

高校には小、中学校とは違い、
支援学級や通級指導教室はありません。

 

支援は各高校に任せられていて、
支援体制が充実した高校は
まだまだ少ないのが現状です。

 

 

そんな中、

現在、知的な遅れがない
発達障害のお子さんの多くは、
中学卒業後、高校に進学しています。

 

 

平成21年に、文部科学省が報告した
「発達障害等困難のある生徒の
中学校卒業後における
進路に関する分析結果概要」では、

 

調査対象の1万7千人の
中学3年生のうち、

発達障害等困難のある生徒の割合は2.9%。

そのうちの約75.5%
高等学校に進学することを選択しており、

 

高等学校進学者全体での割合は、
約2.2%という結果が出ています。

 

 

 

また、その希望先は

全日制 1.8%
定時制 14.1%
通信制 15.7%

 

と、通信制が多い状況です。

 

 

チャイルドジニアス

 

学ぶ内容は普通高校と同じで、
全日制に比べると
1日の授業時間が少ない通信制は、

在宅で学習を進めることができて
自由度が高いので
発達障害のお子さんに合った環境でもあります。

 

しかし、通信制の高校に入れたとしても
その先就職まで安心かというと
そうではないのが現状です。

 

 

高校に進学した
発達障害の生徒の中には
不登校や中途退学の生徒も多く、

中退後、7割は他校へ転校、
2割はどこへも行かず自宅待機
というケースが増えているという
調査結果もあります。

 

 

 

このような実態調査から見ても、

現在の高校での
発達障害の生徒に対する
理解や支援は十分とは言えず、

 

地域や学校によって
支援の体制には差があり、

どんな学校で
どんな支援を受けていけるのか
子どもも親も不安の中で
進路を決めていかなければならない状況
なのですね。

 

 

 

中学3年生になって
わが子の進路をどうしようかと
考え始めていては、
正直、あまりにも時間が足りません。

 

 

わが子の特性を正しく理解していくために
必要なら検査も受けなければならない。
予約して受けられるまで
半年かかることもあります。

 

どんな高校でどんな支援を受けられるのか
問い合わせたら

「うちでは十分な支援はできません」

言われてしまうことはまだまだ多い。

 

 

うちの子行けるところがない。

どんな学校が合うのかわからない。

どこに相談すればいいのか知らない。

 

 

 

特別支援がなくなるという不安で
お母さんがいっぱいになってしまったら、

お子さんはもっと不安になるかもしれません。

 


早めに見通しを持って
情報を手に入れて
進路の作戦を立てておくことは、

希望した普通科の高校に行けなくても
それで終わりではなく、


「この子には他にこんな選択もある」

「ここに相談に行ってみよう」

「専門分野を学べる学校もいい」

 

気持ちにゆとりを持って
冷静に希望に合う進路を
探していくことができます。

 

 

 

 

もし今、あなたが、
発達障害やグレーゾーンではない
お子さんと同じペースで
わが子の進路を考えていたら、

 

ごめんなさい、
それはとっても危険です。

 

 

 

 

将来のことを自分で考えて決めていくことを
子どもの成長に任せてしまっていては
それはお子さんにとっては
とても厳しいことです。

 

 

どうしても親の手は
かけていかなければなりません。

 

手をかけるのなら、
できるだけ早い時期から
かけてあげてください。

 

 

 

この子には将来どんな仕事が合いそうか。

子どもの苦手なことは誰に相談していくか。

どんな環境がこの子には合うのか。

この子の得意なことをどうやって伸ばせるか。

 

 

 

お子さんが小学生、中学生の今から
ぜひ考えてみてくださいね。

 

そうすることが、

お子さんの将来の可能性を広げていくことになる

そう私は思います。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

小学生の今から
うちの子の場合は何ができるか知りたい。

 

 

中学卒業までのあと1年、
どんな見通しを持って
どんな支援ができるのかアドバイスが欲しい。

 

うちの子は療育手帳がもらえない境界域。
その場合の進路選択について
専門家の意見を教えて欲しい。

 

 

 

もし今、あなたが
お子さんの就学や進路に悩んでいたら
ぜひ個別相談を活用してください。

 

 

 

ただいま募集の準備をしています。

 

メール講座の読者さま優先で
詳細についてお知らせしますので
もうしばらくお待ちくださいね。

 

 

 

わが子の進路や将来について
なかなか答えが出ず

「どうすればいいんだろう」

同じ言葉が頭の中で回っていたら、

 

 

視点を変えて考えてみることで
答えが出てくる場合があります。

 

 


「この子は自立できないんじゃないか」

「このままじゃ自分で働いて生活するなんて
 無理なんじゃないか」

 

 

親だからこそもつ
不安や先入観にしばられて
冷静にわが子を見れないからかもしれません。

 

 

 

ではどうすれば
わが子への見方を変え、

わが子の将来について
ブレない支援の見通しがもてるのか。

 

 

その答えについて
次回詳しく解説します。

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声