元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

「わが子を信じよう」お母さんが腹をくくれた3つの理由。一つめは◯◯が生まれたことです。

「うるさいから修学旅行は行かないよ」

 

わが子の気持ちを受け入れた
Sさんの行動について
ご紹介していますが、

 

さっそく読者さんから
こんなメッセージをいただきました。

 

 

*****

 

 

こんにちわ。

 

フェイスブックでも毎回
楽しく投稿を拝見させていただいております。

 

 

メルマガにあったことば。
まさに今の私の心境です。

 

 

一緒に買い物に出かけ、
お小遣いでは買えないようなものを
ほしいなという子。

 

「学校にちゃんと行こう」と
話していたところだったので、

 

「買ってあげるから、
来週から無遅刻で学校に行くんだよ。」

と約束したのに。

 

なのに守れない。

 

約束を破られてばかりで
私はイライラしてばかり。

 

だからこのSさんのことが「すごい!」と思いました。

よく腹をくくれたなと。

 

 

チャイルドジニアスコーチ

 

毎日毎日イライラして
怒鳴り散らしてばかりでは逆効果だと
頭ではわかっているのに、
どうしたらいいのかわかりません。

 

 

「こんな風に腹をくくれたらスッキリするのかな」

 

と思いました。

 

 

******

 

 

 

Tさん、ありがとうございます。

 

 

約束したのに。
自分で頑張るって言ったのに。
また約束守ってくれないんだ。

 

ハァ・・・
がっかり。

 

なんだか自分ばっかり心配して頑張っているみたいで、
もう嫌になってくる。

腹をくくれたら、
今よりもっと気持ちよく毎日過ごせるのかな。

 

あなたも同じように感じることはありますか?

 

 

もしかしたらこの気持ち、
お母さんなら誰もが一度は感じる気持ちじゃないかと思います。

 

 

もちろん、私浅野も
この気持ちをたくさん感じて
ため息ついていました。

 

今はため息をつかなくて済む
解決方法を知っているので
もうありませんが、

こちらの思うようにならないわが子の態度に

「もういい加減にして!」

「守れなかったら禁止にするよ!」

子どもに言っていました。

 

 

 

「わが子を信じよう」と心を決めて行動したSさんも、

最初からわが子を信じて
そのままのわが子を
受け入れられた訳ではありません。

 

 

Sさんはどうして
このように変われたのか。

Sさんが何をしたのか知りたい!

 

そんなあなたに、
今日はわが子を信じられる自分に近づくためのヒントを
お伝えしたいと思います。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

Sさんがなぜ子どもを信じ、
そして自分を信じられるようになったのか。

 

そのヒントは3つあります。

 

 

 

一つめは、

 

気持ちに余裕が生まれたこと

 

です。

 

 

個別相談や毎回のセッションで、
抱えているもの全てを話し、
しっかり受け止めてもらえたことで
自分を振り返るゆとりができたことです。

 

 

最初の個別相談の後、
Sさんの口から出たのは
こんな言葉でした。

 

 

それは、

 

 

『この子は私がやってあげなきゃ
できないんじゃないか』

そんな目で見ている自分がいるってわかりました!

 

私は自分の基準でこの子を見ているって。

 

自分のものさしで見て、
はみ出している部分が気になっていたんだって。

 

はみ出して当たり前なのに。

 

 

この子にもっと興味を持って

私が知らないこと
たくさん教えてもらいます!

 

 

気持ちにゆとりができたことで
自分を振り返ることができ、

自分の感じている気持ちに
気がつくことができたのですね。

 

 

 

これは、コーチングセッションだから
得られたことだと言えます。

 

 

チャイルドジニアスコーチング

 

頭の中にあるものを一度全部外に出すことで

改めて冷静になって
気がつくことができるのですね。

 

 

ただ一人で考えていても
なかなか答えは出てきません。

 

腹をくくれる自分になりたい。

子どもを信じられる自分になりたい。

 

 

 

 

そう思うのなら、

ただ思っているのではなく
その気持ちを話してみること。
書き出してみること。

 

 

動いてみることが
目指す自分に近づくための
最初の一歩ではないかと思います。

 

何もしないで変わることはできません。

動かないで自分の望み通りになる
そんな都合の良いことはありません。

 

 

私の周りにいる
子育ても自分も人生も変えているお母さんたちは、
どの方もみんなとにかく動いています。

 

 

相談してみる。

調べてみる。

学んでみる。

子どもにやってみる。

 

 

このメルマガを読まれているみなさんは
もうすでに一歩踏み出せています。
だからもっと変われるはず。

 

 

今のままでいるのではなく、
今を変えるために行動してみてくださいね。

 

 

さて、Sさんが、
わが子を信じられるようになった2つめのヒントはなにか。

 

 

それは、このメール講座で
繰り返しお伝えしていることです。

 

 

次回に続きます。

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声