元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

どうせ毎日やってるゲーム。せっかくなら禁止じゃなくゲームを活用して、子どもの長所伸ばしちゃいませんか?

こんにちは。

チャイルドジニアスコーチの浅野です。 

 

夏休みの今、もしかしたら
このことに毎日頭を抱えているでしょうか。

 

そう、子どものゲーム対策。

 

チャイルドジニアス

 

クーラーの効いた部屋で
朝からゲームをしている子どもの姿をみると、

 

やることが多くて忙しい自分が
なんだか嫌になってきて
怒りをぶつけたくなってしまうことありませんか?

 

 

私自身、コーチの前に人間なので
四六時中心が穏やかでいることは
もちろんできません。

 

子どもがあまりにも長い間ゲームをしていたり、

ゲームを片付けず散らかっていたり、

何かお願いした時に
ゲームに気が行っていて
こちらの話を聞いていなかったりする時は、
頭にくることがあります。

 

 

 

ゲームの時間や場所など
家庭でのルールを子どもと決めて
守らせることはもちろん大事。

 

 

好きならゲームはやってもいい。

しかし、家族みんなで
気持ち良く過ごせるように、
健康でいられるように考えて過ごしてほしい。

 

家族の一員だからこそ
考える必要があることを
しっかり伝え、

子どもがどうすればルールを守って行動できるか
支援を工夫しながら応援していきたいですね。

 

 

 

今日私がお伝えするのは、

子どもにゲームをやめさせて
宿題ややるべきことをさせる方法ではありません。

 

 

そうではなく、

ゲームを賢く活用して
子どもの長所を伸ばしながら
困った問題も解決していく方法です。

 

 

ゲームにいちいち腹が立っていては
長い夏休み、エネルギーが保ちません。

 

 

夏休みだからできる
ゲームを活用したかしこい子育てのコツを手に入れて、
ぜひやってみてほしいと思います。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

 

面白くて夢中になってしまうゲーム。

ただゲームを好きなだけやっているのではもったいない。

 

 

どうせなら、ゲームを使って
子どものいいところを
伸ばしちゃいましょう!

 

 

どうやっていくのか。

 

 

まず最初にお母さんにしてほしいのは、

お子さんが今ハマっているゲームについて
お子さんに
教えてもらうことです。

 

 

お子さんはどんなゲームで遊んでいますか?

 

 

 

マリオカート
マインクラフト
スプラテューン
ドラゴンクエスト
ポケットモンスター

 

ゲームってたくさんありますよね。

 

 

ゲームにはいろんなタイプの物がありますが、

ゲームが子どものどんな力を育てるか
考えたり聞いたりしたことありますか?

 

 

中には、長い時間やればやるだけ
思考が停止してしまいがちという
ものもあるので注意が必要ですが、

 

ゲームは悪い影響を与えるもの
ばかりではないと私は考えています。

 

問題解決能力や想像力などを
育てられるゲームは実際にたくさんあります。

 

 

 

私が良いと思うものは、

 

*ロールプレイングゲーム
*マインクラフトなどの製作していくゲーム
*推理や謎解きのゲーム
*作戦を考えて対戦するゲーム

 

などです。

 

 

特に発達障害のお子さんに
効果的だと思うのは、
”マインクラフト”です。

 

 

チャイルドジニアス

 

 

いろんな素材のブロックで
思い描く建物を建てたり、

動物を飼ったり、

植物を栽培したり、

道具を作ったりと

ゲームの世界で自分の想像する世界が
実現していく面白さがあります。

 

 

夜になるとモンスターが出るので
昼のうちに建物の装備を備えておいたりして、

時間の移り変わりを意識して
ゲームを進めることもできます。

 

 

海外では学校の授業で
マインクラフトを使って学習をしている国もあるくらいです。

 

問題解決力や思考力、
創造力、ユーモア、感性など
いろんな力を育てることができると思います。

 

 

コツコツ建物を作り上げて
出来上がった時の達成感は格別ですし、

「自分にもできた!」という
自信にもつながりますね

 

 

 

私が学習支援をしていた
ADHDの小学5年生のお子さんは、

マインクラフトがきっかけで鉱物に興味を持ち、
図鑑を図書館で借りてきて調べては
私にダイヤモンドのことを教えてくれました。

 

 

こんなふうに、ゲームがきっかけで
子どもの興味をさらに広げることもできるのですね。

 

 

 

お子さんは今、

どんなゲームの
どんなことに
興味を持っていますか?

 

 

そのゲームをすることで
どんな目標をもって
どんな課題をクリアしようとしていますか?

 

 

できるのであれば、

この夏休み、ぜひお子さんがゲームをしている様子を
観察してみてください。

 

 

この子の頭の中では
今どんな脳が鍛えられているんだろう。

どんな気持ちを感じているんだろう。

 

 

興味を持ってそんな風にお子さんを観察してみると、

「そんなことまで考えてるの!」

「頭の使い方が自分とは違うのね」

 

もしかしたら、新しい発見があるかもしれませんね。

 

 

ぜひお子さんに質問して
ゲームのこと教えてもらってくださいね。

 

 

ゲームが大好きなお子さんの中には

「将来はゲームクリエイターになりたい」

 

と、ゲームに関わるお仕事の夢を話している
お子さんもいるのではないでしょうか。

 

 

そんなの無理。

うちの子にはできない。

 

 

どうかそう思わずに、
その夢を応援してげてください。

 

そしてもし、お子さんが
その夢を話してきたら、

毎日の子育てを少し工夫することで、
その夢に近づけるように
お子さんを応援できるかもしれません。

 

 

それは、常識では考えられない方法なのですが、
気になりますか?

 

毎日ゲームばかりしているお子さんにこそ
オススメの方法です。

 

次回ご紹介しますね。

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声