元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

「どんな子供でも、可能性は無限大!」と思えました。

こんにちは。

 チャイルドジニアスコーチの
浅野みやです。

  

 

言葉の発達が遅いわが子に悩み
「今できることを知りたい」と
先日、個別相談に申し込まれた


東京都在住、
5歳のお子さんのママ Nさんから
さっそく感想が届きましたので
ご紹介します。

(プライバシー保護のため
一部内容を変えています)

 

===================

 

保育園年中のわが子。

周りに比べて明らかに
言葉の遅れがあり、

「小学校の普通級に通えるのだろうか?」

「どんな支援ができるのか?」

わからず悩んでいました。

 

ホームページで浅野さんを知り、
専門家の知識のある方ということで、

どんな方法や選択肢を
教えて頂けるのかという興味もあり、
相談をお願いしました。

 

 

個別相談でお話をしてみて、

「子供を観察して、
苦手や得意なことを探すことが大切なんだ」

と、改めて
気づかせてもらうことができました。

 

 

どんな子供にも必ず良いところがある。

どんな小さなことでも
たくさん褒めることで
広がりが生まれていく。

 

「どんな子供でも、
可能性は無限大!」と思えました。

 

育てにくさのあるお子さんをお持ちで、
「子供が何をしたいのか分からない」
と感じ、

自分の子供なのに
育てて行く自信が持てないでいるお母さんに
この個別相談はお勧めしたいです。

 

可愛いからこそ未来が不安で、
けれど、誰に相談して良いか分からない。

そんなふうに、
孤立感で動けなくなっているお母さんに
教えてあげたいです。

 

うちの子の歩みはゆっくりで、

これまで私は一生懸命になりすぎて
自分一人先を走って
子どもはおいてけぼりという
繰り返しでした。

 

今のこの子のありのままを
まずはたくさん愛して、

教えていただいた
遊びながら言葉も伸ばせる方法を
一緒に楽しんでやっていこうと思います!

 

=====================

 

 

ここ数日、私は
お申し込みいただいた方の個別相談と
レッスン受講生さんとのセッションを
連日しています。

 

日々、発達が気になるお子さんの
お母さん達とお話をさせていただき、
お母さん達の悩みを解決する
お手伝いをしていると、

 

ふと、

「自分は何のために
このチャイルドジニアスコーチングを作って
何のためにこのお仕事をしているのか」

ということについて、
あらためて考えることがあります。

 


どうして私はこうして
この仕事を続けているのか。

何のために動き続けているのか。

 

 

先日あらためて考えて見たとき、

「これだ!」と

その答えに気づき、
またやる気が湧いてくる感覚を感じました。

 

 

 

24231982_806811042834571_1315290129795963418_n.jpg

 

 

人には誰にでも

「あきらめられないこと」

「あきらめたくないこと」

が、一つはあるんじゃないかと思います。

 

 

あなたにとって
あきらめたくないことは何ですか?

 

また、あきらめられなくて
悩みながらも日々
頑張っていることは何ですか?

 

「うーん、なんだろう・・・」

もしかしたら
すぐには出てこないかもしれませんが、

 

このメール講座を読んでくださっている
お母さん達みなさんに共通している
「あきらめたくないこと」の一つは、

きっと、これではないか
と私は思っています。

 

それは、

発達障害のわが子が
将来幸せに生きてほしいという願い。

 

そして、

 

自分自身が一度だけの人生を
自分らしく生きたいという思い

 

です。

 

 

わが子の幸せと
自分の人生をあきらめたくない。

できることがあるのなら
一つでも今それをやって、
少しでも今より良い状態に変えていきたい。

 

このように思うからこそ

このメール講座を読んで
学んで、活用して
くださっていると思うのです。

 

 

そして、

このお母さんの
「あきらめたくないこと」を、

どうすれば叶えられるのか、
叶えるためにできることは何か
ということを考えて、

お母さん達に全力でご提供する。

 

それが私の仕事だと思っています。

 

 

 

私のあきらめたくないことは、

 

発達障害の誤解をなくし、
子どもとお母さんが幸せで
生きやすい社会を作ること

 

です。

 

「発達障害の僕が好き!」

「うちの子が自慢!」

「今の自分が大好き!」

 

と話すお子さんとお母さんを
たくさん増やしていきたいと思っています。

 

嬉しいことに、
今、私の周りにいるお母さん達からは
この声が毎日のように届いています。

 

 

24177092_806793989502943_5074839324341281_n.jpg

 

私はこれからも
ずっとずっとあきらめずに

発達障害のわが子の将来を考えて
毎日一生懸命悩みながら
前に進もうとしているお母さん達を

全力で支え応援していきます。

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声