元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

冬休み明けのわが子の「学校行きたくない」に、これだけでいい!まず1つやってみてほしいことがあります。

こんにちは。

チャイルドジニアスコーチの
浅野みやです。

 

冬休みも終わって、今日から
お子さんの学校は始業式でしょうか?

 

冬休みが終わる。
また学校が始まる。

 

慣れるのに時間がかかるお子さんや
切り替えが苦手なお子さん、
不安を感じやすいお子さんは

今日からの学校が嫌で嫌で、
数日前、あるいは昨日から

「学校やだな・・・」

葛藤しているお子さんも
いるのではないかと思います。

 

 

休み明け、
いつもの生活に慣れることは
私たち大人もそう簡単ではありませんよね。

 

朝ゆっくりしていたい。
時間に追われずにのんびりしたい。

 

私も朝早く起きるのがとても苦手なので、
昨夜は「明日は起きるよ!」
自分に言い聞かせて寝ました。

 

 

「学校行きたくないな」

「なんで学校なんてあるんだよ」

「具合悪くて学校行けない」

 

 

240_F_60158367_2kaD7PX7jmEKlqQy62MKB91fXHwbNvxF.jpg

 

子どものこのような言葉に振り回されて、

 

またわがままが始まった。
この先この子は大丈夫だろうか。
休ませたら甘やかすことにならないか。
どんな言葉をかければ
行けるようになるんだろう。

 

イライラして
ため息をついて
毎日子どもを怒ってしまっていたら、

どうかもう一度
思い出して欲しいことがあります。

 

 

それは、

 

子どもの「学校行きたくないな」は、

「お母さん、私の気持ち聞いて?」

だということです。

 

 

 

子どもの学校に行きたくない気持ちには
必ず何か理由があります。

 

発達障害やグレーゾーンの
特性のあるお子さんにとっては、

その理由の中には、
私たちが予想できない気持ちも
たくさんあると思います。

 

 

「学校で困ったことが起きるかもしれない。」
先の見えない不安を強く感じる子は、
学校がまるでお化け屋敷のように
怖い場所に感じるので
行くことが嫌なのかもしれません。

 

 

感覚が過敏なお子さんは、
授業中の先生の声を聞こうとすると、
人一倍集中しないとならないので

とっても疲れてしまい、
学校が辛い場所だからかもしれません。

 

 

書くことが苦手なお子さんは、

黒板を写したり
ノートに書いたり
周りに遅れないように
必死でしなければならないので、

学校は全然面白くないと
感じているかもしれません。

 

 

もし、お子さんを見ていて

特性による問題が原因で
学校がつらいと感じているようなら、

「頑張りなさい」ではなく、
「どうしたら困っていることを減らせるか」
一緒に考えてあげてください。

 

 

「学校つらい?何がつらい?」
「困っていることは言っていいよ」
「お母さんはあなたの味方だよ」

声をかけてあげてください。

 

 

そして、それをした上で
お母さんにぜひして欲しいのは、

今のお子さんの気持ちを
ただただ聞くこと

です。

 

チャイルドジニアス

 

 

学校が嫌な気持ち。
まだお休みしていたい気持ち。
めんどくさい気持ち。

 

きっとあなたも
これまで一度は
感じたことがあるあの気持ち。

 

「わかるな〜。そうなんだよね。
休み明けって本当に
めんどくさく感じるよね。

お母さんも明日から
早起きして朝ごはん準備するの
正直嫌だなって思うよ。

どうしてお休みの後って
面倒くさくなるんだろうね~。

学生は宿題もあって
実は一番忙しくて大変なのかも。
◯◯くんは偉いなってママ思うよ。」

 

お子さんの隣で何気なくでいいので
つぶやいてみてください。

 

実はこのつぶやきが、
お子さんの元気が戻る魔法でもあるんです。

 

共感って本当にすごい力があって、

「お母さんがわかってくれた」

そう思えるだけで
子どもはホッとできて
また頑張れるんですよ。

 

 

チャールドジニアスコーチングの
レッスン受講生さんの中にも、
わが子の不登校に悩んでいた
お母さんたちがいらっしゃいます。

 

ある方は、

毎朝学校まで子どもを送り、
給食の前までなんとか過ごせるものの
不安が強くて泣いてばかりだったお子さんが、

「5校時までいたい」
と自分で決めて過ごすことが
できるようになってきました。

 

 

また、あるお母さんは、

毎朝泣いて「学校に行きたくない」
と訴えるわが子を
繰り返し怒っていたのが、

 

子どもが自分で登校する日を決め、
それを尊重して応援することができるようになり、
朝怒ることがほとんどなくなりました。

 

 

私も驚くほど
たくさんの変化をしているのですが、

このお母さんたちが共通して
まず最初にわが子にしたのは、

子どもの困っていることと
困っている理由を正しく知り、

「会いたかったよ」
「教えてくれてありがとう」
「学校こわいんだね」

子どもの気持ちを
そのままただ聞いて受け止めて
言葉を返すことでした。

 

「お母さんがわかってくれる。
気持ちを聞いてくれる。」
お子さんのこの気持ちを大切にする。

まずやるのはこれだけです。

  

 

「学校行きたくない」

泣いたり怒ったり訴えたりして
子どもがその気持ちを出せることが、

学校に行けるかどうかよりも
はるかに大事なことなのですね。

 

 

もしお子さんが、

「お母さんに言っても仕方ない」と

気持ちを出すことさえやめてしまったら。

こんなに辛いことはないと
私は思います。

 

 

お子さんの「学校行きたくない」を
まずは聞いて、
共感してあげて、

そして

「ゆっくりでいいから
また学校に慣れることから
少しずつやっていこうか。」

この気持ちで焦らずに、
先ではなく今のお子さんを見て
応援してあげてくださいね。

 

 

今日、もしお子さんが
いやいやながらも学校にいけたなら
「頑張ったね」
言ってあげてください。

 

もし今日お休みしていたら
「明日はどうしようかね?
決まったら教えてね。」

質問を投げかけてみてください。

 

焦らずに一つ一つ
できることからやっていきましょうね。

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声