元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

「子どものことはあんたなんかより私の方がわかってる!」夫に敵意むき出しだった私を変えたのは、”あること”に気づいたからでした。

こんにちは。

チャイルドジニアスコーチの
浅野みやです。

 

まだまだインフルエンザが流行っていますが
いかがお過ごしですか?

 

昨日はバレンタインでしたが、
お子さんや旦那さんに
チョコレートのプレゼントはされたでしょうか?

 

私はというと、
わが家の男子たちは
あまりチョコレートが好きではないので

私も入れて家族みんなで食べるように
チョコケーキを買って
夕飯ごのデザートにいただきました。

 

バレンタインだから自分にもご褒美^_^

バレンタインじゃなくてもご褒美は大事ですね。

 

 

今はこんな風に思える私ですが、
7年前は旦那さんにチョコをあげるだなんて
私には考えられないことでした。

 

なぜなら、
旦那さんのことも自分のことも
大嫌いだったから。

 

話は聞いてない。
挨拶すらしない。
完全に私を無視している。

 

そんな旦那さんの態度に、最初は、

「私、何か怒らせることしたただろうか」「仕事で何かあったんだろうか」
「何か考え事してて聞こえないのか」

と、気になっていました。

 

しかし、
ずっと全く変わらない旦那さんの態度。

 

いつの間にか私は
「話しかけたら答えてよ」
「なんで無視するの?それやめたら?」
「何かあったんなら話せばいいのに」
「私のことが気に入らないなら言えばいいでしょ」

こんな言葉を毎日のように
口に出していました。

 

240_F_158193352_SpfUsLwhTzXdr3zcBQ64kh3IRahjFjgY.jpg

 

子どものことでは衝突ばかりでした。

 

長男が3歳くらいの頃、
おもちゃを次々出してきて
遊んでいた時がありました。

ママにとってはそんなのは日常当たり前。

 

思い切り自由に遊んで
最後に一緒に片付けたらいい。
それができれば花マルだと私は思っていました。

 

しかし旦那さんは
息子にずっとこう言うのです。

「一個出したら一個片付けなさい」

 

息子は最初、言われるとその都度
片付けていましたが、
そのうち言われても片付けなくなり
お父さんをうるさがるように。

 

その様子を見ていて、
我慢していた私もさすがにイライラして

「いつも最後に片付けてるから
いちいち言わなくても大丈夫だから。
片付けられるから待っててあげなよ。」

こう旦那さんに伝えました。

 

すると

「俺が今子どもに話してんだから黙ってろ!」

なんと、大きな声で怒ったんです。

 

それから私は
さらに旦那さんの気持ちがわからなくなりました。

 

***********

 

どうして私が怒られなきゃならないの!
こんなに毎日頑張っているのに。

子どものことはあなたなんかよりも
私の方がわかってる。

話も聞いてくれないくせに
何偉そうに言ってんの。

私のやり方がどうせ気に入らないんでしょ!

 

*********

 

 

こんな言葉で
私の心はいつもいっぱいでした。

 

 

この満たされない気持ちや悲しい気持ちは
子どもに行きました。

子どもが泣くことに
私はすごくイライラして

「うるさい!」

怒鳴るようになりました。

 

泣く子どもを黙らせようと
口を塞いだこともありました。

 

子どもと二人、
家の中にいるのがたまらず
子どもが泣くたびに外に出て
駐車場をウロウロしました。

 

そんなお母さんですから、
息子は、休日だけ優しく遊んでくれる
パパの方が大好きでした。

 

 

朝、パパが家を出ると、
必ず泣いて「パパがいいー!」
叫んでいました。

 

時にはパパを追いかけようと
裸足で玄関を飛び出したこともありました。

 

こんな姿を毎日見ているうちに
私はさらに「自分はダメなママなんだ」
考えるようになりました。

 

そして私がコーチングに出会ったのは
この頃でした。

 

感情のコントロールができない自分を変えたくて、
コーチングを学び始めました。

 

その効果もあって旦那さんとの関係も
一時は少し良くなりましたが、

それでも相変わらず、

私の心の中には
「私ばっかり頑張っている」
という、旦那さんへの感情は
まだまだ強くありましたし、

「私にはもっと幸せに生きる道がある」
と、
離婚も考えていました。

 

 

次男が2歳くらいになって
手が離れたのをきっかけに、

私はコーチの資格を取ることを決意して
コーチ養成講座の受講を始めました。

 

1060172_171852636330418_1767808342_n.jpg

 

そしてこの講座で学んだ
あることがきっかけで

私の旦那さんへの見方、関わり方、
自分の気持ちは180度変わりました。

 

 

その”あること”とは、
講座のテキストにあったこんな言葉でした。

 

*********

 

あなたが悩んでいることは
全て自分で選択しています。

 

あなたが相手のことを見ている
その見方も自分で全部決めています

 

それは事実ですか?
本当にそう思いますか?

 

***********

 

 

この言葉を読んで
皆さんはどんなことを感じますでしょうか?

 

私はこの言葉を読んだ時、
それまでの自分の見方が
ものすごく狭かったことに気づきました。

 

「この人は私のことがどうせ気に入らないんだ」
「子どものことを考えて頑張っているのは私だけ」
「私は子育てが下手でママには向いていないんだ」

 

これまでずっと持ってきた
この考え全部、
私が自分で作り出している!

誰にもそんなこと言われたことない、
誰も私に言っていない。
私が全部一人で決めて思っている!

 

このことに気づいたんです。

 

そして、この発見の後、
私の生活はどんどん変わって行きます。

 

次回お伝えします。

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声