元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

「この子は迷惑ばかりかける困った子、 面倒な子だと思ってしまうんです。」と話していたお母さんが「これがこの子の長所なんだ」と 思えるようになったワケ

浅野さんに相談したことで、

まずは長男の問題行動を
「これがこの子の長所なんだ」
新しい見方ができるようになりました。

 

 

こんにちは。

チャイルドジニアスコーチの
浅野みやです。

 

 

先日、個別相談に申し込まれた
あるお母さんから
とても心に響く感想が届きました。

 

28167868_845197958995879_1222278539721527089_n.jpg

 

現在、保育園年中で6歳の
男の子のママ、安井さん(仮名)。

 

「毎日、子どもを怒ってばかりになってしまうんです。

この子は迷惑ばかりかける困った子。
面倒な子だと思ってしまうんです。」

 

 

小さい頃から機械への興味がとても強く、
テレビやDVDデッキ、プリンターなど
操作することが大好きなわが子。

 

テレビは知らない間に
設定が変わって見づらくなり、
DVDやプリンターは使えなくなる。

「もうやめて!いたずらしないの!」

何度言っても繰り返しいたずらする子。

 

毎日何度繰り返し言い聞かせても
テレビのリモコンやパソコンを隠しても
探し出してはまたいたずらをする。

 

子どもを怒ることしかしていない自分。

こちらを困らせることばかりする息子を
どうしても受け入れられない自分。

子どもより自分に問題があるから
こうなるんじゃないのか。

 

 

自分を責め、悩みを抱え、
親子で心が風船みたいに膨らんで
今にも張り裂けそうな状態になっていました。

 

 

小さい頃から、
興味のあるものに一目散。

 

この子、耳が聞こえてないんじゃないの?

こちらがそう思うくらい
周りが見えていないように思えた。

 

発達検査は最後まで取り組めて、
年齢よりも上のことができている
という検査結果もあった。

 

何を聞いてもふざけてしまい、
会話はやり取りにならない。

 

コミュニケーションもできないなんて、
これからこの子は生きていけるんだろうか?

このままで本当に大丈夫なんだろうか?

 

 

個別相談で抱えていた悩みを話し、
自分自身の気持ちにも向き合いった安井さん。

子どもの自立した将来に向けて
今日から何ができるのかを
時間いっぱい私もお伝えしました。

 

3時間の個別相談で
安井さんがどんなことに気づき、
どんな変化を手にしたのか。

 

安井さんの感想をご紹介したいと思います。

 

*******************

 

マイワールドがあり、
言うことを聞かない長男は、
どこへ行っても怒られっぱなし。

私はいつも怒りっぱなしで、

それでも言うことを聞いてもらえず、
母親として人として
自信を失い、イライラに悩んでいました。

 

そんな時に浅野さんのメルマガに出会い、
発達障害やグレーゾーンの子の
子育てに特化したコーチングとのことで
興味を持ち、申し込みました。

 

「子どもがなぜ
人を困らせるような行動をするのか」

 

その理由が理解できず
自分自身感情のやり場がなく、

 

親子でお互いに

「わかってもらえない」

という思いを抱えて
余裕のない状態にありました。

 

240_F_26455101_t5eVcw5RQX20whbq9UgWhegmKT8II4p2 (1).jpg

 

浅野さんに相談したことで、

まずは長男の問題行動を
「これがこの子の長所なんだ」
新しい見方ができるようになりました。

 

 

色々な本を読んだり、
知識として知っていたことも
実際の関わりでは役に立たないことが多かったのですが、

 

浅野さんに自信を持って
息子と自分には今何ができているか
を教えてもらえたことで、

「この子はこれでいいんだ!」

と感じることができました。

 

 

わが子が周りの子と同じようにできないことに悩んでいる方や、
育児に自信を持てない方に
このセッションをぜひおすすめしたいです。

 

子どものことだけでなく、
私のことも
深く話を聞いて認めて下さり、
とても勇気づけられました。

 

コーチングについてはこれまで
本などで読んだことはありましたが、

実際に浅野さんに会って体感して、
初めてその意味がわかり、
自分自身の気持ちの変化がたくさんありました。

 

本当にありがとうございました。

 

*****************

 

 

実はこのメールをいただいた後、
安田さんから別のメールが届いたのですが、

そこにはさらに
こんな嬉しいことが書かれていました。

 

 

***********

 

浅野さんに相談してから
長男への気持ちがだいぶ変わり、
休日は穏やかに過ごすことができ、

主人も感心しておりました。

 

************

 

 

言うことを聞いてくれない。

やってほしくないことばかりして
この子は何でこんなに私を困らせるの?

 

「迷惑をかけることはしてはいけない」

小さい頃から
親のこの言葉を聞いて
育ってきた安井さん。

 

 

この自分の基準にから
大きく外れるわが子に気持ちが揺れ、
自分の感情に振り回されてしまっているのだとわかりました。

 

個別相談でこのことに気づけたことで、
安井さんは変わり始めることができました。

 

 

そして安井さんは、個別相談の最後に
こうおっしゃいました。

 

「普通にさせなきゃいけない」

そう思って子どものお尻を叩いて
これまでやってきたけれど、
大事なのはそうじゃなくて、

 

あの子の今やりたいことを
もっと見てあげないと
何だかもったいないな

って思いました。

 

 

240_F_188237729_gbcJrxqKz7BfU8X8eCFKFmjKy5XSWgP2.jpg

 

保育園年長さんで
DVDの録画設定ができて
漢字も読んで理解しているお子さん。

 

電気自動車の仕組みに興味をもって

「電気はマイナスとプラスがあるんだよ」

お母さんに説明するお子さん。

 

こんなすごい長所があるお子さん。

 

 

安井さんのお子さんの
この長所をさらに伸ばすことができたら、
もしかしたらこの社会は変わるかもしれません。

もし自分のミカタがいなくなって
世界でお母さん一人だけになっても、

大好きなお母さんが
自分のことを理解して応援してくれたら
子どもにはそれだけで
自信持って生きていける力がある。

 

私はそう信じています。

 

安井さんとお子さんにしかない
良いところがもっともっと広がって、
自分のことをもっともっと大好きになって
親子で成長できる。

 

そんな毎日をどうかこれから
過ごしていってほしいと思います。

 

わが子と自分のいいところを
これからもどうかたくさん
見つけて伸ばして広げていくことを
楽しんでいけたら嬉しいですね。

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声