元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

「なんで勉強しなきゃいけないの?」わが子に聞かれて何て答えますか?

こんにちは。

 

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ
浅野みやです。

 

みなさんはお子さんから
こんな質問をされることありませんか?

 

「ママ、なんで
勉強しなきゃいけないの?」

 

私の継続サポートを受けている
中学1年生のグレーゾーンの
お子さんをお持ちのNさん。

 

お子さんから毎日
この質問をされているそうで、
どのように答えるのがいいのか
いつも悩むそうです。

 

「なんで勉強しなきゃいけないの?」

わが子がこのように聞いてきたら、
どのように答えますか?

またはどのように答えていますか?

 

 

240_F_80495384_4SrK900CRuvPlPSrwlOdaLMjcbNgiadd.jpg

 

わが家の小5長男くんも
この質問を時々してきます。

 

特に宿題が多くて気分がのらず
取り掛かるのが面倒な時に聞いてきます。

この質問の答えには
ぜったいこれ!という正解はないと
私は思いますし、

どんな答えも
間違いはないと思っています。

 

 

「将来、なりたい職業になれるためには
勉強が必要だからだよ。」

「勉強をすると知らなかったことがわかって
今よりもっと楽しくなるからだよ。」

「大好きなゲームをするだけじゃなくて
作りたいと思った時に
作れかもしれないよ。」

 

 

など、
その時思うこと、考えていることを
そのままお子さんにぜひ伝えてあげて欲しいと思います。

しかし注意して欲しいのは、
「勉強をどうしてするのか?」
と言う質問に答えながら、

裏メッセージで
「勉強しないとあなたはこの先
困ることになるのよ。
だから勉強をしなさい。」

というプレッシャーを
与えることはしないで欲しいのです。

 

 

子どもが勉強に疑問を持ち、
お母さんに聞いてきたことは
すごくすごく貴重なチャンスです。

 

お子さんがどんなことを考えているのかを知れる。

勉強について一緒に考えることができる。

自分の気持ちや考えをお子さんの質問で
改めて振り返ることができる。

そんなチャンスです。

 

そのせっかくのチャンスが
「勉強しなきゃ困ることになる」
というお母さんの意見の押し付けになってしまって、

 

「お母さんに聞かなきゃよかった」
「どうせ勉強しない僕がいけないんでしょ」
「やっぱり勉強なんてしたくない」

子どもがこんな風に感じたら
それはとてももったい無いと思います。

 

 

ではどう答えるといいのでしょうか?
どんな対応をするといいでしょうか?

 

お子さんが
「なんで勉強しなきゃいけないの?」
と聞いてきたら、

まずやって欲しいのは、
お子さんの気持ちに注目してみることです。

 

 

「この子は今、どんなことを考えて
質問してるんだろう?」

お子さんの気持ちに
フォーカスを向けてみてほしいのです。

 

 

勉強に疑問を持っているのか?
勉強が楽しいと思えないのか?
勉強を続ける意味を知りたいのか?

 

お子さんは何かを感じていると思います。

そしてきっと
こんな気持ちなのだと思います。

 

それは、

「ママはどうなんだろう?
ママの考えを知りたい。」

ということ。

 

 

そう、一般論や模範解答ではなく、

お母さんの言葉で
お母さんの気持ちを
そのまま知りたい

のだと思うのです。

 

 

 

 

「ママも小学生の時同じこと考えたよ。
ママは勉強してきたことが、
今こんなことに役立ってるよ。」

 

「勉強する理由はママもまだわからないんだ。
けれどママはね今こんなこと勉強してるよ。
ママはね、勉強すると
昨日とは違う自分になれる気がするよ。」

 

「ママは勉強しておいて良かったって思う。めんどくさいこともあるけれど、
勉強したから今やりたかったお仕事ができてるよ。」

 

ご自身の気持ちや経験、
嬉しかったことや助かったこと、
恥ずかしかったこと、失敗したことなど、
お母さん自身の経験を
お子さんにそのまま話してあげてください。

 

 

子どもが聞きたいのは
ママのそのままの声。

立派な意見じゃなくて
ママの体験談からの今の気持ち。

それを何よりも子どもは一番
聞きたいんじゃないかと私は思います。

 

 240_F_34140243_ntbLkPnlaX7fD9CiD2LchXMbqRV1EDhr.jpg

 

「なんで勉強するの?」
「なんで勉強しなきゃいけないの?」

子どもはこの質問をすることで
もしかしたらお母さんの応援を
確かめているのかもしれませんね。

 

「勉強って大変だよね。
◯◯くんはよくがんばってる。
ママすごいなって思ってるよ。」

 

お母さんの言葉は、
子どものやる気スイッチを
入れることもできますが、
反対にやる気をなくすことも
できてしまいます。

 

お子さんが質問してきたチャンスを
ぜひ上手に活かして、
あなたの気持ちを伝えてあげてくださいね。

 

 

それにしても子どもって
時々本当に鋭い質問をしてくれます。

 

子どものおかげで
鍛えられ、成長させてもらっていますね。

 

親であっても完璧である必要はありません。

大丈夫です。
そのままのあなたを
ぜひお子さんに見せてあげてください。

それが何よりも一番効果がある。
私はそう信じています。

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声