元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

言っても変わらない旦那の癖。イラッ!を減らすコツを教えます。

こんにちは。

 

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ
浅野みやです。

 

先日お届けした

「夏休み残り2週間で宿題をやっつけるワザ教えます!」

のメール講座に、
読者さまからお返事をいただきました。

 

***********************

 

はじめまして。
いつもメールを楽しく拝見しています。

 

なかなか進まない宿題を前に、
まさに親子のバトルが
毎日勃発していました。

 

書くことが苦手な息子は、
頑張っているのですが
なかなかやる気が起きなくて、
自分でもイライラしていました。

 

今回のメールで、
私も『よし!』と気合いが入りました。

 

やらせるのではなく、
マネージャーとなって
自分で計画をたてさせて親子でやっつける!

 

もうやっつけでも何でもいいのです。

出してしまえばそれでいいのです。

 

できたことが、少しでも
自信にもなればいいなと思います。

 

せっかくの夏休みを、
毎日毎日ガミガミしながら過ごすのは
もったいないですもんね。

 

タイムリーなメールで嬉しくて
思わずメールをしてしまいました。

 

これからも楽しみにしています!

 

*********************

 

Wさんありがとうございます^^

 

 

お盆休みが明けたら
夏休み終了まであと少しになって
さらに焦りもイライラも増えていきます。

 

ここまできたら
あとはとにかく段取りを立てて
できることをできるところまでやれれば
まずはそれでOKにしていきましょう!

 

計算や漢字、作文など
どうしても苦手で進まない宿題は
先生に相談してみてください。

 

夏休みの宿題が
周りと同じようにできないからといって
お子さんの人生がダメになることはありません。

 

できなかったぶんは
2学期また少しずつ
進めていけば大丈夫です。

お子さんは今、
進んでは戻ってを繰り返しながらでも
少しずつ前に進んでいます。

 

お子さんの隣で
お子さんのペースに合わせて
応援していきましょう。

 

wysiwyg_5c099ac94226501744a7.jpg

 

さて、今日はいつもとはちょっと違って
旦那さんのことについて
話してみたいと思います。

 

あなたの旦那さんは、変な癖ってありますか?

 

家族になってみて初めて気づいた
旦那さんの変な癖。

 

「なんでこうするの?」

何度言っても変わらなくて
どうしてやるのかいつも疑問で
イラっとくる癖。

 

「そんなの山ほどありますよー!」

 

お母さんたちの声が
聞こえてきそうですが(笑)

そんな癖に、どんな対応をしていますか?

 

 

毎回イラっとして
繰り返しやめてほしいと言っていますか?

もう仕方ないとあきらめて無視しますか?

 

 

これまで私は、
気持ちに余裕があるときは
その癖を見ても何も思わないのですが、

イライラしていたり
思うようにいかないことがあって
気持ちに余裕がなくなると

その癖を見るたびに
とてもイラっとしていました。

 

 

それが先日、

「あ!こう考えればいいのか!」

と、ある発見をしたことで
イライラがなくなったんです。

 

あなたのイライラが少しでも減って、
気持ちよく過ごしていただけたら嬉しいので

今日はそんな私のことを
お伝えしてみたいと思いますね。

 

 

 

うちの旦那さんの癖は、

食器の洗い物を片付けるとき
必ず私の箸とカップだけ残す

という癖があります。

 

いつからかは覚えていないのですが、
私が気づいてからは
もう5年以上ずっとです。

 

最初は、

「また使うから気を利かして
そのままにしてくれたのかな」

くらいに思っていたのですが、

 

私が泊まりで出かけて
帰ってきてもそのまま出してある。

明らかに使わないのに
そのままの状態だった時には、

「ん?これってどういうこと?
自分で片付けろってこと?
いじわるされてる?」

と感じた私。

 

 

 

自分や子どもの箸とカップは
きちんとしまうのに、
私のだけはいつも水切りラックにそのまま。

 

なんで?

どういう意味?

 

ある日またその状態を見た私は、
言いようのない寂しさと怒りを感じて
旦那さんに怒りながらこう言いました。

 

「ねぇ、なんで私の箸とカップだけ
いつもしまってくれないの?

なんか意地悪されてるようで
すごくさみしい気持ちになるんだけど。

 

私のは片付けたくないってこと?
何か言いたいことがあるなら
こういうやり方しないではっきり言ってよ」

 

それまでの不満や寂しさや悔しさが
怒りになって出てしまいました。

 

この時の私の言葉に
旦那さんは何と答えたと思いますか?

 

 

それは

 

「わかんない。」

です。

 

おい!わかんないってことあるかー!
逃げるなー!

突っ込みたくなりますよね(笑)

 

 

komatta_woman2.png

 

 

この旦那さんの言葉に
私は思いました。

それは、

 

この人、「わかんない」が
精一杯の答えなんだろうな

 

ということです。

 

もしかしたら、

「自分で片付けろ」

という日頃の不満を
私に伝えるためだったのかもしれない。

 

あるいは、

「片付けていいのかわからない」

ということだったのかもしれない。

 

それとも、

「どう言えばいいか
自分の気持ちがわかんない」

ということだったかもしれません。

 

 

そして私はこう言いました。

「わかんないのかぁ。
じゃあ、もし覚えていたら
今度は片付けていただけると
私はとっても嬉しいです。」

 

まだイラっとしていたので
こんな口調でしたが、
この出来事の後私はあること
気づきました。

 

それは、

私の気持ちの持ち方で
この癖に対する私の反応は変わる

ということです。

 

 

彼のこの癖は、
私の気持ちの状態を見る
バロメーターにもなっていて、
私の気持ちの余裕を教えてくれているのだとわかりました。

 

そして先日、この癖に対する
新しい自分の気持ちを私は感じました。

 

 

その気持ちとは、

 

=========

 

片付けずに出してあることで
私の存在を大事にしてくれてるのね

 

=========

 

という気持ち。

 

 

片付けたくないくらい
思ってくれてるってことなんだな。

しまわないことで、
私の存在をそのままにしてくれてるんだ。

こう思ったんです。

 

 

そう、すごく自分に
都合のいい解釈をしてみました^^


イラッとするくらいなら
これくらい自分に好都合の解釈をして、
気分を下げなくてもいいんじゃないか。

それくらいの解釈の方が
気分良く過ごせるなって思ったんです。

 

 

何か旦那さんの行動にイラっとしたり
気分が悪くなったりすることって
私たちは多いかもしれません。

そんな時はぜひ
自分の気分がよくなる解釈の仕方
してみるのも良い
かもしれませんね。

 

 

どんな解釈をするかはその人の自由です。

解釈の仕方は自分で選べます。

 

どうしてもネガティブな感情が
多くなってしまいやすい毎日。

 

時には自分に好都合な
解釈をしてみることで、
自分の気持ちを大事にしていけたら
イライラも減らせるかもしれません^^

 

ぜひ試して見てくださいね^^

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声