元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

『ちゃんとを手放す』 が私にとっての最大のキーワードでした。

こんにちは。

 

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ

浅野みやです。

 

 

昨日のメール講座でお伝えしました

『この子から目をそらしちゃ
いけないんじゃないか…
の不安が、わが子の自立を阻んでいる?!』

 

の投稿に、

 

継続サポートの受講生で、

発達に障害がある中学生の
お子さんをお持ちのお母さん
平井さん(仮名)から

とても素敵なお返事をいただきました。

 

 

障害があるからこそ、
わが子の力を信じたいのに
なかなかそれができず
将来の不安がなくならない。

 

もし今あなたが
この気持ちを感じて
繰り返し悩んでいたら、

平井さんのメールは
きっとすごく勇気を
もらえるのではないかと思います。

 

平井さんに許可をいただきましたので、
今日はご紹介させていただきますね^^

 

 

*************************

 

今日のメール、何だか
以前の私を思い出す内容で
心に響きました。

 

みや先生との継続コーチングでも、

『ちゃんとを手放す』

が、私にとっての
最大のキーワードでした。

 

 

あの頃は、

無意識に子育ての責任を一人で感じ、
自分で自分を苦しめていました。

 

不安に押しつぶされ
いつも心は不安定でした。

 

みや先生との継続コーチングで
肩の力が抜け、

心に余裕が出来て、

子育てもいい感じに回り始めた時のことを
今でも思い出します。

 

 

あれから1年ほど経った今も、
「ちゃんと育てなくちゃ」が
ひょっこり顔を出す時はあるのですが、

そんな時は、
たいてい自分が苦しい時

 

 

「どうして苦しいんだろう?
あ!ちゃんとを手放していないからだ!」

自分に意識を向けることで、
すぐに気づけるようになりました。

 

 

障がいのあるなしに関わらず、

「ちゃんと育てなくちゃ」

の呪縛で苦しんでいるお母さんは
本当に多いと思います。

 

 

中でも、

障がいがある
お子さんをお持ちのお母さんは、
本当に多いと思うんです。

 

私は、みや先生と出会えて
この呪縛から脱出し、
幸せな子育てが出来るようになりました。

 

でも、

 

まだ苦しんでいるお母さんが
たくさんいらっしゃると思うので、

そんなお母さんたちが早く
みや先生に出会うことができるといいなぁと
いつも思っています。

 

***********************

 

 

平井さんは本当に真面目に
お子さんのために

できることをできる限りやって
子育てされてきたお母さんで、

個別相談で初めて私とお話した時も
こうおっしゃっていました。

 

~~~~~~~

子どもを信じたいのに
信じられないんです。

「将来どうなるのかな…。」
それがいつもあって。

 

子どものことを信頼できる自分に、
強い自分になりたいんです。

 

~~~~~~~~

 

 

とにかく子ども中心の毎日で
子どものことしか見えていない

そんな状態だった平井さん。

 

私は平井さんに、

「一つでいいので、
自分がやりたいことを
お子さんとやってみましょう

とアドバイスしました。

 

なぜなら、

 

お子さんしか見えていない
とても狭くなった平井さんの視野を
少しでも広げることが
今は必要だと思ったからです。

 

 

41542248_982977668551240_303811160291934208_n.jpg

 

そしてこの1ヶ月後の
継続サポート初回のセッションの日、

今でも忘れられないのですが、

平井さんはとってもいい笑顔で
こんな報告をしてくれました。

 

~~~~~~~~~~~

 

みや先生、自分のやりたいこと
やってみました!

 

テレビを録画して
子どもの前で見てみたんです!

スッキリしましたー!!

 

家族優先から
自分優先をやってみたのは初めてです。

 

最初はなんだか
気持ちが悪かったんですけど、
快感に変わったんです^^

 

自分を犠牲にしなくても
家族を大事にすることはできるんですね!

 

自分の気持ちを
子どもの前で出してもいいんだ
って思えたことで、

 

不安でいっぱいだったのが

「これでまずはいいんだ!」

って安心感で今はいっぱいです!

 

~~~~~~~~~~~

 

 

見える世界が180度変わった!

 

まさにその体験を
私に教えてくださいました。

 

 

障害がある。

凸凹がある。

だから周りと比べると
どうしてもできないこともある。

 

「これで本当にいいの?」

「これでこの子は
本当に将来自立できるの?」

 

手がかかる子どもを育てているからこそ
いつまでも解決できない不安。

 

なぜこの不安は無くならないのか。

その答えは
お子さんとお母さんの数だけあるので

「これ!」
と一つにはなかなか絞れません。

 

 

平井さんの場合を例に考えてみても、


・障害があるから自立は
 難しいんじゃないか
という気持ち。

・この子に合う進路の見通しが
 まだ持てていない。

・「私がちゃんと育てなきゃ
 この子は自立できない」
という思い込み。

・周りと比べてできないことが多い
 という焦り。

・毎日起こる困った問題。

 

などなど、

不安を繰り返す原因は
とてもたくさんあるので、

「大丈夫!」となかなか
思えないのですね。

 

いろんな原因から、

「自立できないんじゃないか」と

不安ばかり感じて焦って叱ってしまう。

 

私はこれまで
たくさんの事例を見てきて、

親が不安であればあるほど
子どもの自立は遅くなることを
感じています。

 

 

だからぜひ、あなたには、
抱えているそのわが子の自立の不安と
今しっかり向き合って欲しい。

そして自分のその不安の原因は何かを
知って欲しいと思います。

 

 

では何をすれば
自分の中にある不安の原因がわかるのか?

 

これはコーチングを使うことで
見えてきます。

 

次回詳しくお伝えしますね^^

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声