元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

「うちの子は発達障害」この言葉がなかなか受け入れられません。

こんにちは。

 

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ

浅野みやです。

 

最近、私は
個別セッションやグループセッションで

「あること」の悩みを

お母さんたちから聞くことが続き、

 

「あれ、まただ。」
と自分でも驚くことがありました。

 

 

それは、こんな悩みです。

 

 

===============

 

 

「お子さんは発達障害の傾向があります」

と検査を受けた先の心理士さんに言われて、

 

「あー、やっぱりそうか」

と思う自分がいました。

 

けれど、

改めて言われた言葉を振り返って、

「本当にそうなのかな。
だって普通級で過ごせているんだから、
そんなことないんじゃないの?」


と、受け入れられない自分が
本当はいるんです。

 

障害と言われるとやっぱりショックで、

周りから仲間はずれになったような、

そして
特別というレッテルを貼られたような、
そんな気持ちになって涙が出てきます。

 

 

朝、集団登校する
ランドセルの子ども達を見ると、

比べるのは良くないとわかっていても、
とても羨ましくなってしまいます。

 

===============

 

あなたはいかがですか?

 

この気持ち、
もしかしたらこのメール講座を
読んでくださっている
多くのお母さん
が感じている、
または感じてきた気持ちかもしれません。

 

 

思っていたのと違う。

なんで自分が?

なんでうちの子だけ?

認める必要があるのはわかっていても
どうしてもこみ上げてくる気持ち。

 

 

それは

障害ということへの
抵抗感かもしれません。

 

あるいは

「他と違う」と言われているような
疎外感や孤独感もあ流かもしれませんし、

母親だからこそのわが子に対する罪悪感や、

悔しさ、悲しみ、不安などの
言葉にはできないいろんな感情が
きっとたくさんあるのではないか
と思います。

 

 

そして、

これは当然なことでもあると
私は思っています。

 

 

240_F_166251179_6bSW6JuyAbKIH9uNaN31X6R8dIFwUD2R.jpg

 

お母さん達が、
わが子の特性をなかなか
受け入れられない一番の理由は何か。

 

それは、

 

「とにかくわからないことだらけだから」

 

だと思うのです。

 

 

だって発達障害なんてこと
教えられたこともない。

障害のある人と
関わったこともない。

 

ましてや発達障害の
子どもを育てている人に会ったこともない。

 

そうじゃなくても
子育て自体、
教えてもらうことなんてない。

 

情報も経験も見本もない。

だから子どものこれからの姿を
イメージすることができなくて、
いつも不安だからだと思うのです。

 

 

そしてもう一つ、

お母さん達がわが子の特性を
受け入れられない理由があります。

 

 

それは、

 

発達障害だからこそ出てくる

「はっきりしない」

という問題

 

です。

 

 

知的には遅れもなくいつも困ることが
起きるわけじゃない。

 

普通学級にいられるし、
友達ともそれなりに関われる。

 

でも、細かく見ると
やっぱり困ることは
周りと比べるとたくさんで、

「やっぱり支援が必要な子なんだ」

と思う。

 

どこからが特性なのか、
どこからがわがままなのか、

はっきりわからないから
わが子が発達障害と言われても
なかなか受け入れられないのです。

 

 

知的には問題がないけれ
検査をすると発達障害の特性があり、

 

生活の中でどうしても
困ったことが起きてしまう
グレーゾーンと言われる
お子さんのママの子育ては
本当に難しいと私は考えています。

 

 

では、お母さん達はどうすればいいのか?

 

その一つは、

「自分の場合はどうすればいいのか」

見つけていくこと。

 

240_F_143170541_8rITycvUF3m4gccHGtywEqPXd4XP3Fm1.jpg

 

自分の気持ちを知って、
わが子の特性を知って、
正しい情報を得て、

 

自分とお子さんの場合は
これからどんな風に
進んでいけばいいのかを
見つけていくことです。

 

でもこれは一人でやるのは
とても難しいことも多いです。

 

だから私は

このお母さん達と一緒に
考えたり、調べたり、実践したりしたりして
自分とわが子の場合はどうすればいいのか
を見つけていく
お手伝いをしています。

 

わが子の特性が
受け入れられない気持ちを聞き、

お母さん達がなりたい状態に
近づけるために
私が持つすべての知識や経験やスキルで
サポートしています。

 

もし、わが子の特性を
受け入れられなくて悩んでいたら、
その気持ちを話してみることから
始めてみてください。

 

自分の場合は
これからどうしていけばいいのか
見つけたい。

でもいっぱい気持ちが混乱して
何から始めていいのかわからないなど、

 

あなたが抱えている気持ちを
ぜひ私に聞かせてくださいね^^

 

 

しばらくお休みしていました
個別相談のお申し込みを、

スケジュールの調整ができましたので
10/19(火)あさってから3日間限定で
受け付けます!

 

メール講座読者さま
限定5名の募集になります。

 

あさって15時に配信のメール講座で
詳細についてお知らせしますので、
楽しみにお待ちください^^

 

登録がまだの方は
こちらからメール講座に
ご登録ください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆
 
1800人以上の発達障害・グレーゾーン・不登校の
サポート経験があるプロが教える
 
未来へつなげるママの幸せバトン
無料メール講座
 
http://niko-pika.net/?page_id=5245

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声