元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

【明日開始】限定5名「将来大丈夫?」の不安とさよならする個別相談

こんにちは。

 

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ

浅野みやです。

 

昨夜、とても嬉しいメールが
私の元に届きました。

 

先日開催した
名古屋でのグループセッションに
奈良から参加してくださった
グレーゾーンのお子さんのママ
山本さん(仮名)。

グループセッション後の
様子についてのメールでした。

 

メールを読み終わってすぐ
私の頭に浮かんだのは、
優しく笑い合う
山本さんとお子さんの姿。

 

グループセッションに参加してくださって
本当に本当に良かったー!と
メールを読んで
胸がいっぱいになりました。

 

グループセッションから
たった2日という短い時間での
この変化も本当にびっくりしました。

 

なぜなら、

 

グループセッション前の
山本さんからのメールでは
想像もできないことだったので、

グループセッション前の
山本さんのメールからは
泣いている山本さんの姿ばかりが
私の頭に浮かんでいたからです。

 

 

そして、

 

グループセッション当日は、

わが子の特性を受け入れることが
まだできなくて

葛藤しながら一歩踏み出そうとする
山本さんの姿があったからです。

 

 

41991975_985990898249917_2024981040300294144_n (1).jpg

 

 

グループセッション前、

山本さんのメールには
こんな言葉が書かれていました。

 

 

=================

 

先月、長男の障害がわかり、
その後療育手帳をとった方が良いと言われ、
様々な現実を突きつけられて
今暗闇の中にいます。

 

この間まで優しい普通の男の子だったはず。

でも、目の前にいるのは苦しむ我が子。

学校へ行き、友達と過ごす。
そんな当たり前のことさえも
苦しむ子供がいて。

 

 

子供の障害がわかった衝撃と共に、

私がこの子をなんとかするんだ。
私がこの子の将来を
背負っていくのだろう

と思いました。

 

しかし、

本を沢山読んでも頭に入らず、
絶望感や自責の念ばかりが襲う毎日です。

 

 

「子供の苦しみに寄り添いたいのに。

なんでうちだけ。
なんでうまくいかないの。
もう嫌!」

となります。

 

毎日、この世の終わりのような
顔をして学校いく子供。

胸が張り裂けそうになります。

 

毎日かける言葉に悩みます。
自信がありません。

 

=================

 

その後数回、
私とメールをやり取りし、

グループセッション募集最終日、

「少し遠方で悩みましたが、
先生にやはり会ってみたい思いが
強くなりました。

今だからこそもっと
魔法の言葉を聞かせて頂きたいです。

宜しくお願いします!」

 

という決意のメッセージと一緒に
山本さんは参加を申し込まれました。

 

 

グループセッションで
私がお伝えしたのは、

 

山本さんがなぜ子どもの問題に
振り回されてしまうのかの原因と、

わが子の自立の不安を
どうすれば解決できるのか

です。

 

 

「今自分がなぜこんなに悩むのか。」

そのワケがわかった山本さん。

 

自分の思いを
同じ悩みを持つお母さんたちと話し、
受け止めてもらえた山本さん。

 

昨日いただいた山本さんのメールには
こんなことが書かれていました。

 

~~~~~~~~~~~

 

グループセッションの次の日、

「クラスじゃなく別室で授業したい」と

子どもに言われました。

 

内心「きたきたー!」でした。

 

でも、私の心は、、、

クラスから離れるの?
この先大丈夫?
そんな簡単に決めていいの?

いつもの自分の前提から入り、
やはりスッキリしません。

 

でも、「あ、ダメダメ」と思い、
注意はやめて
「なんで?」と聞いてみました!

すると子どもが言ったんです。

「人との関わり方がわからんねん。
嫌われてるかな?
無視されるかなって思ってしまう。
授業もすごく疲れるねん。」

 

そして、

「俺ゆっくりしたい。
少しの時間でいいから。」

話の最後にそう言ったんです。

 

 

240_F_114737826_QbeBI20JW5Bw5EDskUHOir5gjrriOfHf.jpg

 

多分、入学してから
クラスのことやクラブ活動など
毎日張り詰めて
頑張っていたんだと思います。

 

最後の言葉が長男の心のSOS。

クラスでは勉強どころではないんだ
と思います。

 

だったら今は別室でもいいじゃん。

今何より大切なのは安心できる時!

 

「よく頑張ったね。
ゆっくりしようよ。」

と声をかけました。

 

今日のメール講座にもありましたが、

”頑張らなくてもいいんだよ、
誰のせいでもない”

この言葉が心にしみました。

 

 

長男も体から力が抜けたようで
笑顔が見えています。


良かったのかはわかりませんが、
これが今の私の精一杯の答えです。

 

 

~~~~~~~~~~~

 

山本さんの子育てが
大きく変わり始めた
そのお手伝いができたことが、
私はとても嬉しいです^^

 

 

なぜ山本さんはこのように
変わることができたのか。

 

それは、

 

山本さんが決意して動いたから

 

だと思います。

 

 

このままじゃ嫌。

何か変わるきっかけが欲しい。

それを手に入れに行く!

 

決意して行動したからこそ
変われたのだと思います。

 

 

実は、グループセッションに参加された
他のお母さんからも、
お子さんとの関係が変わり始めた
というメールを
いただいています。

 

繰り返し悩む毎日から抜け出して、

「これなら大丈夫!
この子は自立できる!」

と思える自分になりたい。

子どもに「あなたはできる!」
自信を持って言いたい。

 

もしそう思われるなら
個別相談を活用してください。

 

 

明日募集の個別相談は、
グループセッションでお伝えする内容を、

あなたとお子さんの場合について
特にフォーカスを当てて

今のあなたの悩みの原因と、
わが子の自立に向けて
あなたがこれからやって行くこと
より具体的にお伝えします

 

 

グループでよりもじっくり
話を聞いてみたい方、

自分と子供に合った
今日からすぐにできることを
手に入れたい方、

 

とにかく毎日繰り返す
「不安」を「大丈夫!」に変えたい方は

 

個別相談でぜひお話を聞かせてください。

 

 

個別相談の募集は

明日9月19日(水) 15時~

 

です。

 

 

=================

 

「うちの子、将来大丈夫かな…」
もうそんな不安とはさよなら!

 

ママが”やりたいこと”を
”やればやるほど”
子どもが自立する

未来へつなげるママの幸せバトン
マンツーマンセッション

 

=================

 

メール講座読者さま5名限定です!

 

詳細は明日のメール講座で
お知らせします。

 

登録がまだの方は
こちらから今すぐ登録してくださいね^^

↓↓↓↓↓↓

 

未来へつなげるママの幸せバトン
無料メール講座
 
http://niko-pika.net/?page_id=5245

 

36522038_916591018523239_2382824564213153792_n (1).jpg

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声