元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

「この子はできない」と思うことは問題ではありません。

こんにちは。
発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチの浅野みやです。

 

5ステップ無料オンライン講座を
読んでくださった方々から
毎日たくさんの感想をいただいています^^

 

その中でも、
次のような声がとても多く届いています。
 

~~~~~~~~~~~~~~

【Mさん】

グレーゾーンかもしれないわが子のことを
今までも「この子はできる」と
思おうとしましたがなかなかできません。

 

頭では、

「この子はできると思った方がいい。
この子はできるはずだ」と考え、

成長したところや出来たところを褒めることはできます。

 

でも、何度教えても理解できない、
同じところを何度も間違えるという
現実を目の当たりにすると、

「あー、やっぱり、この子はできない」

と思ってしまいます。

 

「この子はできる」と思うのは、非常に難しいです。

どうやったらそう思えるのか
5ステップの中で、
ヒントを得られたらいいなと思いました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

【Oさん】

ありのままを受け入れたいのですが、
目の前の問題にばかり目がいき、
「この子はできる。幸せになれる」
と思いきれてないわたしがいます。

 

他の子なら、無条件に受け入れられるのに。

我が子にもそうなるようにしたいです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「できる」と思いたい。
思うことが大事だということももちろんわかっている。

そう思えて褒められる時もある。
でもまたできないわが子を目の当たりにすると、
どうしても「できない」と思ってしまう。

 

「この子はできる」
「この子は大丈夫」

どうすれば思えるようになるのか。
心から思えるようになりたい。

そして心からわが子を
褒められるお母さんになりたい。

 

 

もしあなたも毎日、
この悩みと葛藤していたら、
一つだけお伝えしたいことがあります。

 

それは、

「この子はできない」と思ってしまうことは、
問題ではありません

ということです。

 


 

 

「わが子が他の子と比べてできないことがある。」

このように思うこと。
実はこれは、
お母さんにはとても必要な力です。

 

もし、お母さんが、
「うちの子は周りの子より
歩くことが遅いかもしれない」と気づかず、
 

歩けなくても全然気にならずにそのままだったら、
お子さんは歩くことが
どんどん遅くなってしまうかもしれません。

 

お母さんには、
お母さんだからこそ必要な力が
もともと備わっています。

わが子ができないことに気づけることは、
子どもを育て、子孫を残していくために

とても必要なお母さんの力です。

 

だから、
 

「うちの子はできない」と思うこと、
わが子のできないことが気になることは、
全然問題ではありません。

 

問題なのは、

「できないと思ってしまう自分は悪い」
と、自分を責めてしまうこと。

 

「うちの子はできない」
そう私は思っているんだな。

ここまでで止めておけばいいのに、
「そう思う私は良くない」とさらに否定し、
自分で自分を苦しめてしまうことが
お母さん達の本当の問題かもしれない

と私は思います。

 

「うちの子はできない」と思ってもいい。

できないことがあるんだなと
知っておくことはとても大事です。

 

周りと同じ基準で見るとどうしても
「できない」
になってしまいがちです。

しかし、基準を変えると
それは「できない」にはならないかもしれません。

「できない」とすぐに
答えを出してしまうのは
早すぎるかも。

 

そして、

気になることに早めに気づけるから
この先少しでも自立できる子に
私は育てられるかもしれない。

 

こんな風に考えてみると、
あなたが「できない」と思うことは
本当にダメなことなのか、疑問も出てきますね^^

 

「できないと思うこと」ではなく、
「できないと思う自分を責めること」が問題
ということを
ぜひ一度考えてみてください^^

 

それにしても、

私たちはなぜか
自分を責めてしまうことが多い気がします。

 

私も子育てに悩んでいた時、
これでもかというほど自分を責めて責めて
否定の底なし沼にはまっていました。

 

なぜお母さんはこんなにも
自分を責めてしまうのでしょう?

 

「うちの子はできない」
と思ってしまう自分を変えたいのに、
なかなか変えられないという悩みの本当の原因は、

「お母さんが自分をなぜ責めてしまうのか」
ということを考えることで
見えてくるかもしれません。

 

次回一緒に考えてみたいと思います^^

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声