元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

お母さんが自分を責めてしまう原因は「ある経験」が少ないせいかも?!

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ  浅野みやです。

 

昨日のメール講座を読まれた方から
早速、LINEにお返事をいただきました。

 

****************************

2年前からずっと
メルマガ読ませていただいております。

なかなか難しい子ども達の子育てに、
メルマガの内容がとても参考になります。

 

「私の育て方が悪かったのか」
「なんで毎日怒ってばかりなんだろう」と
涙することもある日々ですが、

本当におっしゃる通り、
「自分が悪い」と落ち込んで、

母である私が全責任を
おわなくてもいいんですよね。


なんだか心があつくなりました。

これからも素敵なメッセージ
発信していってください!

 

*******************************

Aさん、ありがとうございます^^

 

そう。その通りです。

お母さんだからといって
子どもの人生の全ての
責任を負うことはできません。

 

それに、

それをしてしまったら、
かえって子どもの自立は
遠のいてしまうかもしれません。

 

この今の社会の環境では
どうしてもはみ出してしまうところもあるので
困ったことが起きやすい子ども達です。

 

でもそれは悪いことじゃなく、
困ったことも起きるけど
できることも増えているはずです。

 

それって私達もおんなじですね^^

 

お母さんだからこそ
子どものできないところに
目がいってしまいますが、

それはお母さんとして大事な力が
自分にはあるんだということ。

 

そんな自分をまずは
認めてあげてくださいね^^

 

そして本当の問題の原因を
考えていきましょう。

 

「私は、この子はできないと思ってしまう」と、
お母さんが自分を責めてしまうこと、
自分を否定してしまうこと。

まずはここに意識を向けて見てください。

 

今日は、「なぜお母さんはこんなにも
自分を責めてしまうのか?」
ということを考えてみたいと思います^^

 

周りと比べてできないわが子を
「やっぱりできない」
と思うことは、問題ではないです。

 

問題は、

そう思う自分を否定したり、
そう思うことに罪悪感を感じたりして、
答えが出ない沼に自分で

落ちていってしまうこと

だと思います。

 

 

どうしてそうなるのか?

 その原因には、
いろんなことが考えられます。

 

お母さん自身の、
自分を責めてしまう癖や習慣も
あるかもしれません。
 

子どもの将来が見通せないことによる
不安のせいかもしれません。
 

これまでたくさん傷ついて、疲れて、
エネルギーが無くなっているからかもしれません。

 

そして、周りに理解してもらえない環境に
いるからかもしれません。

 

 


  

絶対これ!と
一つに絞ることは難しいですが、

私が私自身の経験や
お母さんたちと関わってきて思うのは、

「ある経験が少ないから」

ではないかということです。

 

 

ある経験とは、

================

自分を認めてもらえる経験

=================

です。

 

 

お母さんは褒められることや認められることが
とても少ないので、
自分を責めやすくなりがちだと
私は感じています。

 

子どもが小さくて手がかかるときは
褒められることも多いかもしれません。

 

「赤ちゃんを抱えて大変ね」
「毎日寝不足でも頑張ってるね」
「寝られるときは少しでも寝てね」

など、そう言えばこんな風に
優しい言葉をかけてもらえることが多かった気もします。

 

でも、子どもが大きくなって
できることも増えて
ずっと関わっていなくてもよくなって。

周りから見るとそれは当たり前と思われて
大変なんて思われなくなるので、
優しい言葉をかけられることは
ほとんどなくなってしまいます。

 

 

このメール講座を
読んでくださっている多くのお母さんも
きっと感じたことがあるのではないかと思いますが、 

「赤ちゃんの時よりも大きくなってからの方が
子育てがとても大変で難しい」

ということ。

 

大きくなって、
子どもにつきっきりでお世話することは
しなくてもいいけれど、

それよりもはるかに多くのことを
お母さんは次から次に求められ、
やることも考えることも悩みも増えていくこと。

 

特に、発達障害やグレーゾーン、
不登校のお子さんを育てるママは
この負担の多さが半端ないと私は思っています。

 

赤ちゃんの時よりも
子育ては何十倍、何百倍も大変なのに
認めてもらうことがほとんどなかったら、
 

これまで、転んでも何度も立ち上がってきたママも
もう立ち上がれなくなっても
当然かもしれないと感じます。

 

 

本当に頑張っているお母さんたち。

わが子のことを思っていて
すごく愛情のあるお母さんたち。

頑張り屋で、真面目で
一生懸命なお母さんたち。

 

「ありがとう。
お母さん、あなたのおかげで

今のお子さんがいます。

お母さんをやめたい時もあったでしょう。
逃げたくなったりもするでしょう。

それでも逃げずに子どもと向き合ってくれて
あなたはすごい!
だから自分を責めないでください。」

 

 

私は関わっているお母さんみなさんに
できる限りこのようにお伝えしていますが、

もし日頃から周りの方に
こんな言葉を
たくさんかけてもらえたら、
お母さんが自分を責めることは、
完全ではなくてももっとずっと減るんじゃないか

と私は思います。

 

辛かったとき、この言葉が欲しかったなぁ。

思い出して、書きながら私自身が
今うるうるしてますが、
本当にこんな言葉をたくさんかけてもらえたら
全然違うのにって思います。

 

 

子どもにあげてしまって
心のパワーゲージが空っぽになりやすい
お母さんたちだからこそ、

あったかい言葉のパワーをもらって
充電することは必要です。

 

 

「もっとお母さんのこと褒めて!」
「お母さんありがとうって言ってくれたら嬉しいな!」

もしお子さんや旦那さんに言えそうだったら、
冗談でもいいのでぜひ言ってみてください。

 

 

お母さんだけが子どもを褒めるのではなくて、
お母さんも子どもに褒めてもらうこと。

 

お母さん一人より、
お母さんと子どもとお互いの方が
幸せも喜びも倍に増えるはずです^^

 

うちは子どもにも旦那さんにも
言ってもわかってもらえなさそう…。

お母さんを褒めるなんて
うちでは全然してくれなさそう。

もしそう感じていたら、

大変な子育てを頑張っているあなたが、
自分をもっと認めて
自分をもっと大切にできるようになる
ヒントがありますので、
次回お伝えしたいと思います^^

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声