元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

【明日開始】限定5名「やっぱりできない…」の悩みに振り回されなくなるグループセッション

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ 浅野みやです。

*********************

子どものありのままを受け入れたいのに、
現実を目の当たりすると
「この子はできる」とは
心から思えない自分がいる。

どうすれば心から
「この子はできる」
と思えるようになるのか。

************************ 

この悩みを解決するために
お母さんがやることは何か?

について、これまでお伝えしてきました。 

 

忘れてしまったかもしれませんので
もう一度復習してみますね^^

私がお伝えしたことは、
次の3つでした。

~~~~~~~~~~~~~~ 

1、「うちの子はできない」
と思うことは問題じゃない

2、「できないと思ってしまう」と
責めるのではなく、
「それでいいよ」と自分を認めてあげる

3、「ここまでできている」という
”過程”で子どもと自分を見る

~~~~~~~~~~~~~~~

この3つでしたね^^

 

いかがですか?

この3つについて、
どんなことを感じていますか?

「そう言われれば
ずっと自分を責めてばかり。
もう責めるのやめよう。」

こんな風に思われましたか?

 

それとも、

「できていることを見ようと思うけど
やぱりどうしてもできないことが気になってしまう。」

「この3つがいいことはわかっているけど、
変えることって難しい。」

こんな気持ちでモヤモヤしているでしょうか?

 

もしあなたが、後者のお母さんのように、
頭ではいいとわかっているけど
どうしても心からそれが大事だと思えなくて
なんか気持ちがモヤモヤしていたら、

それは、次のような気持ちがあるからかもしれません。

 

その気持ちとは、

「できないままでいいの?」
「このままで本当に大丈夫なの?」
「やっぱりできるようにしないと

将来自立できないんじゃないの?」

こんな気持ちです。

 

 

この気持ちは、
お母さんだからこそ感じて当然の気持ちじゃないか
と私は思います。

わが子の将来を心配しない親はいません。
大事なわが子だから、
将来自立して幸せに生きて欲しいと思います。

これは私も同じです。

 

「学校に行きたくない」と毎朝言い、
泣きそうな顔で学校に向かうわが子の姿を毎日見ていたら、
そう思うのは当然です。

「勉強嫌い!わかんない!」
毎晩遅くまで宿題に向き合って
もう限界のわが子の声を聞いていたら、
将来の明るい姿は見えてこないかもしれません。

 

わが子が大事だから、
わが子に幸せになって欲しいから
できないことを少しでもなくしたいと思う。

できるようにしてあげたい。
あなたはできるということを教えてあげたい。
自信を持たせてあげたい。

 

お母さんのこの気持ち、本当によくわかります。

よくわかる。
よくわかるのですが、
これだけははっきり言えます。

 

それは、 

あなたがその気持ちに
この先もずっとこだわって、

「わが子のため」と言いながら
あなたの「できる」を子どもに求め続けていても、

この先お子さんが自立して
幸せな人生を生きられることはとても難しい

ということです。

 

 

なぜなら、

あなたは自分の不安でいっぱいなので、
わが子の本当の声に耳を傾け、
わが子の本当の気持ちを理解することが
とても難しいからです。

 

 

9月に名古屋で開催したグループセッションに、
京都から参加してくださった
グレーゾーンのお子さんをお持ちのHさん。

 

この1ヶ月前、
お子さんが検査でグレーゾーンとわかり、
毎日、学校に行くことを嫌がる
わが子の将来が心配で心配で、
どうしたら良いのかと
まさに途方に暮れている状態でした。

 

グループセッションの前日に
送られてきたメールには
こんな言葉が書かれていました。

*********************

人間関係が苦手でメンタルが弱いわが子は
この先もずっと苦労する。

「私がなんとかしなければ」と思い、悩んでいます。

このままではきっと
本人も幸せにはなれないに決まってる。

子どもにかける言葉に毎日悩みます。
自信がありません…。

*****************************

 

そんなHさんに、
私はグループセッションで、
自分や子どもの不安に振り回されない
しっかりした心の状態の作り方
を、全てお伝えしました。

 

そして、

ワークを通して、
お子さんに合う自立の形を見つけ、

この先、お子さんの場合は
どんな進路選択をしていくといいのかをお伝えしました。

 

 

そして2日後、
Hさんからメールが届いたのですが、

そこには私も驚くような
ことが書かれていました。

****************************

「俺、別室で勉強したい。
教室がすごく疲れんねん。
少しの時間だけでいいから。」

息子の言葉に内心「きたきたー!」でした。

 

息子の理由を聞いてみて、改めて
「これまでずっとこの子は頑張ってきたんだな」
と思いました。

 

だったら今は別室でもいいじゃん!
今何より大切なのは安心できる時間!

 

そう思えて、
「よく頑張ったね、ゆっくりしようよ」
と声をかけました。

長男も体から力が抜けたようで
笑顔が見えています。

****************************

 

たった2日でのこの変化に
私自身本当にびっくりしました!

そして、

笑顔で会話する
お子さんとHさんの顔が目に浮かび、
涙が溢れそうになりました。

 

なぜこんな風に変化するのでしょうか?

それはやはり、
Hさんが「参加してみよう」と
動いてみたからだと私は思います。

 

同じ悩みを持つママと話してみよう。
浅野に会ってみよう。
自分の気持ち話してみよう。

理由はなんだって良くて、
それよりもまずは踏み出してみること。

そこから実はもう既に
お母さんは変わり始めるんです^^

 

今悩んでいたら、どんな方法でも良い。
一人で考えずに、一人で悩まずに
何か動き出して見てほしいのです。

 

そしてもし、
私のグループセッションに興味があったら、
ぜひ気軽にのぞきにきてください。

 

明日から、グループセッションの
お申し込みを開始します!

今回のグループセッションでは、

不安に振り回されないあなたの心を作るヒント

と、

あなたのお子さんに合う進路と自立の形は何か

をお渡しします!

 

募集開始は、
明日10月22日(月)です。

メール講座読者さまのみの募集です。

 

明日のメールで詳細をお伝えします。
メール講座にご登録してお待ちくださいね^^

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

1800人以上の発達障害・グレーゾーン・不登校の
サポート経験があるプロが教える
未来へつなげるママの幸せバトン無料メール講座

ご登録はこちら
 ↓↓↓↓
http://niko-pika.net/?page_id=5245&BR

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声