元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

「ママ、どうしよう!エッチな画面になって”請求します”って出ちゃった!」こんな時どうする?

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ
浅野みやです。

 

グループセッションの
早期割引のお申し込みは
東京、zoomは満席になりました。

名古屋は残り2名です。

満席になった時点で
早期割引は終了となりますので
迷われている方はお早めにお申し込みくださいね^^

早期割引き終了後も
お申し込みは受けています。
10月31日まで募集しますので
ぜひこの機会を利用してください^^

お申し込みはこちら↓↓↓
http://niko-pika.net/?page_id=7145 

 

さて、今日はどんなお休みを過ごされましたか?

お休みの日は家でゆっくりという
お子さんも多いかもしれません。

パソコンで動画を見たり
ゲームをしたり、
好きなことをして過ごしているかなと思います。

わが家の息子二人も
どちらかというとインドア派なので
休日は動画やゲーム、本を読んだりして過ごすことが多いです。

この、子どものパソコンの利用。

今や当たり前になっていると思いますが、
あなたのお家では何か利用の際に
気をつけていることはありますか?

 

有害なサイトにアクセスしないように
パソコンで閲覧制限の設定をしたり、
見過ぎないように時間の設定を
しているというお家もあるでしょうか?

パソコンは利用の仕方次第で、
子どもの好奇心や探究心をさらに伸ばすこともでき、
親子の関わりも広げられます。

いいところを上手に活用していきたいものですが、
同時にその裏で、危険なことやリスクもある
ということは忘れないでいきたいものですね。

どうして今日はこんなことを
お伝えしているかというと、

実は先日、浅野家で
このインターネットに関係するある事件があったんです。

まさに「まさかうちの子が?!」
と思う体験が実際ありました。

この出来事は、きっと
どの家庭でも起きる可能性が
あるんじゃないかと感じましたので、
今日はその出来事についてお伝えしたいと思います。

 

 

インターネットを子どもが利用する時、
あなたはどんなことが心配になりますか?

先ほどもお伝えした

*有害なサイトのアクセスや
依存してしまう心配の他にも、

*何かのきっかけでプライバシーを公開してしまうこと、

*ゲームなどの課金をしてしまい
高額な支払いを請求されてしまうこと、

*詐欺や犯罪に巻き込まれる危険があること。

などのような、
いろんな心配があるんじゃないかと思います。

 

 

できる限りそのような
危険なことにならないように、

パソコンを見る場所を決めたり
子どもが見ている動画を知っておいたり、
利用時間を決めたりと、
意識して対策をしていると思いますが、

それで完全に危険はないと言えるかというと
それは難しいのではないかと思います。

 

子どもが大きくなればそのぶん
子どもに判断を任せることも増えます。

管理ばかりしてはいられませんし、
かえって自立にもならなくて、
子どもを信頼することになってくると思います。

 

先日起きたこの事件は
まさにこのインターネットの利用に関して
もしわが子が問題を起こした時、
親はどんな対応ができるのかを考える機会になりました。

インターネット利用のリスクと
もし問題が起きた時の対処の仕方、
そして性教育の仕方について
私の事例から考えていきたいと思います^^

 

 

さて、それで一体
何が先日起きたのかというと、

実は、アダルトサイトのワンクリック詐欺というのに
長男が引っかかってしまったんです!

当日の様子を
長男に許可をいただきましたので
長男と私の会話から紹介したいと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

その日私は、
次男が通う体操教室に行っていて
長男は家に一人でいました。

私が次男の習い事が終わるのを
次男の様子を見ながら待っていた時、
長男から携帯にかかって来ました。

長男
「ママ、どうしよう…。
俺さ、ネットで調べ物してたんやけどさ。
そしたら変な画面になって、
”登録ありがとうございます”って出ちゃって…。」

とても慌てた様子の長男の声だったので

「何かあったな」と思って
とりあえず詳しく話を聞きました。

「何て入力して検索したの?」

長男「エロい動画だったかな…。そんな感じの言葉。」

「そうしたらどんな画面が出たの?」

長男「変ないやらしい画面になって、
それで消そうと思ってXを押したんだけど消えなくて。

「うん。それで?」

長男
「それでいろいろ押して見たら
”ありがとうございます。登録しました”って出ちゃって。
請求っていうのかな。それをしますって。」

「うん。」

長男
「そしたら、”何かわからないことがあったら
こちらにご連絡ください”って
電話番号が書いてあったから、
俺困って電話したんだけど…。」

「!!!!」

長男
「でもつながらなかった。
ママ、どうしよう。お金払わないかん?」


「そっか。話はわかったよ。
電話したけど出なかったんだよね?
誰かに何か話したり、
名前とか教えてないってことだよね?」

長男「うん。そうゆうのはない。」


「そっか、じゃあまずは
お金を払うことはしなくていいだろうから
心配しなくて大丈夫だと思うから。

でもね、電話をかける前に
相談して欲しかったな。
あなたがやったことで一番良くなかったのは、
自分で判断して電話をかけちゃったこと。

もしかしたら、これだけで
うちの電話番号が相手に知られちゃうの。

それはすごく怖いことなんだよ?
まぁ、うちに帰ったら詳しく聞くから、
とりあえずパソコンは終わって
何かあったらまた電話ちょうだい?」

 

習い事が終わりそうだったので
ひとまず私は電話を切りました。

長男を安心させるために
「大丈夫よ」とは行ったものの、

私もそういうケースにあったことは
これまでもちろんないので、
もしかしたら電話が来るのかな。
パソコンがウィルスに感染するのかな。

Xを押しても消えないってどうゆうこと?
いろんなことが頭の中をぐるぐる。

そしてもちろん、
目を盗んでアダルトサイトを見ていたわが子に、
「そういう年齢になったんだ」ということと、
「ネットの危険性を話していたから
子どももわかっていると思ったけれど
本当にわかってはいなかったんだ」
という事実をまずは受け止めようとしばらく考えていました。

 

 

 

10分くらいだったか
次男くんの体操を見ながら考えていて、

ひとまず、家に帰ったら詳しく話を聞いて
パソコンの状態も見て、
旦那さんにも相談して見ようかな…と思っていると、
またお兄ちゃんから電話が。

 

 

今度は、泣いて泣いて
うまく話せない声でした。

 

長男
「ママ…ごめんね、本当にごめんね。
僕のせいでお金払うことに
なっちゃったらどうしよう…。

僕警察に行くからさ。
お金も払うからさ。」

 

真面目で正義感も強くて
自分にも厳しいところがある長男なので、
一人で待っている間にいろんなことを考えて
もうどうしていいのか
わからなくなってしまったのだと思いました。

 

もしあなたが浅野だったら
こんな時子どもに何をどう伝えますか?

どんな対応をするでしょうか?

 

「わかったからもう少し待ってて。
うちに着いたら話すから。」
と伝えますか?

「しばらく反省してなさい。
ダメだよって言っていることをしたんだから
自分で考えてみて。」
反省を促しますか?

 

どんな対応がいいのか?
 

これが絶対正しいという答えはないと私は思います。

 

その時自分が思った対応をまずはやってみればいい。
それがまずは答えなのだと思います。

自分がその時に
「これは伝えたい」と思うことを
伝えてみることで大丈夫だと私は思います。

 

しかし、やはり気をつけたいのは、
何かトラブルが起きた時は
まずは子どもの気持ちを受け止めること。

その次にこちらの気持ちを伝えること。

この順番は忘れないようにしたいと思います。

 

では私はどんな対応をしたのかというと、
私はこの時、まずは長男くんに
”あること”を
一番に伝えたいと思いました。

 

”あること”とは、

「わかるよ」

という気持ちです。

 

どんな風にそれを伝えたのか。
長くなりそうなので次回に続きます^^

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声