元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

誰にも頼らない」が当たり前だったママが初めて頼ってみたら、、、

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチの浅野みやです。

 

今日私は東京にいます。

 

3月から学んできた起業塾の忘年会パーティーに
お招きいただけたので
1ヶ月前から旦那さんに交渉して
一泊でゆっくり楽しんで、
明日は個別セッションで
しっかりお母さんをサポートする予定です^^

 

ママが出かけるのって、
難しいことや制限も
どうしてもいっぱいでてきますよね。

私は、このお仕事を始めてから
東京など遠くに出ることが増えましたが、

そんな時は旦那さんに、
家事も子どものこともお願いをして行きます。

最初は本当にいろんな気持ちの葛藤がありました。

「習い事、ちゃんと送り迎えしてもらえるかな。」
「ご飯は私が作るものなのかな。」
「子どもは寂しがらないかな。」

考え始めると申し訳ない気持ちになって、

家に帰ると
「いつもごめんね(>_<)」
子ども達に話していました。


でも、ある時、

お休みの日の朝だったと思いますが
次男が笑顔でこう言ったんです。


「ママ、今日もお仕事頑張ってね!

ママが頑張ってる間は全部僕たちに任せてね!」

 

その時思いました。


****************************** 

申し訳ないと思っていたのは私だけだったんだな。

みんなは私が元気に頑張っていることが嬉しいんだな。

私が言うのは「ごめんね」じゃなくて
「ありがとう」なんだ。

帰った時に申し訳ない顔をするのはもうやめよう。

笑顔でうちに帰って、
私がしたお仕事のこと、
勉強したこと、
出会った人のこと、
私が感じたことをたくさん話してあげよう。

それが私がすること。
私だからできること。

***********************************

 

おかげで今では
休みの日に私が家にいると

「あれ?ママ、お仕事いいの?
お母さん達とお話ししないでいいの?
今日も頑張ってきてね!」

まるで敏腕マネージャーのように
次男くんは私の背中を押して
仕事のスイッチを入れてくれます(笑)

 

「ママだからこうしなきゃいけない。」

その価値観は、
実は全て自分が作り出しています。

だから自分で変えて行くこともできます。

 

変えて行く時にやってみたいのは
自分に対する問いかけです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「私は子どもにどんな姿を
見せていきたいのだろう?」

「その姿を見せるために
私はどんなことができるだろう?」

「”こうしなきゃいけない”を
”ここまでできればOK”くらいにしてみたら、
どんないいことが起こるだろう?」
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

こんな風に、いろんな視点で
自分に問いかけてみて
考えてみることで、
今からできることは見つかります。

 

 

先日、zoomで個別相談をした
小学3年生のグレーゾーンの
お子さんのママAさんは
セッションの中でこんな話をしてくださいました。

 

==================

私は小さい時からずっと
問題が起きても誰にも頼らないで
自分で解決してきました。

「迷惑をかけちゃいけない。
困らせちゃいけない。」

そう思っていたから。

 

でも、子育てをして
いろんなことに悩んで、

ある時

「自分の気持ちをもっと大事にしていい」

って知ったんです。

 

それで初めて
「自分には気持ちがあるんだ!」
「頼ってみてもいいんだ!」
ということを知りました。

 

それから初めて頼ることに挑戦して
旦那さんに子育ての悩みを相談して
子どものことをお願いしました。

主人はもっと頼って欲しいと思っていたらしく、
何も言わずに頼みを聞いてくれて。
本当に助かりました。

 

今は、旦那さんに、
私の苦手な学校の懇談や
先生との話し合いに行ってもらっていて、
本当に心が楽になっています。

===================

 

 

”人に頼ってはいけない”
これが当たり前だったのを

”人に頼っていい”
に変えてみたら、

心が楽になって
家族も笑顔になって
旦那さんとの関係も良くなったAさん。

 

自分の当たり前を変えるのは
とても勇気がいることだけど、

「こんなにたくさんの
いいことが起こるんだ!!」と、
Aさんの話から私も
改めてそのすごさを感じました^^

 

今抱えている自分の中の当たり前を
もう一度見直してみて、

「ちょっと変えたいな。」
「もっと緩めたいな。」

そう感じるものがあったら
それをまずは見つけてみることから
始めてみてもいいですね^^

 

私もまだまだ
当たり前だと思っていることはたくさんあります。

 

来年はさらに緩めて
自分の可能性を高めていきたいなと思うので、
もう一度自分の中の当たり前を
書き出してみようかなと思います^^


あなたはどんな当たり前や前提を
緩めたいですか?

よかったら教えてくださいね^^

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声