元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

「私、本当は全然大丈夫じゃない。」言ってもいいですよ。

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチの浅野みやです。

 

今日はさっそく、
どうしても傷つきやすい
状況の中にいるあなたでもすぐにできて
繰り返し落ち込んで辛くなるのではなく、
無理せず頑張らず我慢しないで
自分を守りながら過ごせるワークについて
お伝えしたいと思います。

 

あくまでもこれは
いろいろある中の一つのワークです。

合う人もいれば
合わない人ももちろんいます。

「自分には合わないな。」
「私にはかえって負担だな。」

そう感じる場合はやらないで大丈夫です^^

 

合わないからといって、
あなたは自分を責める必要は全くありません。

「あ、私はこれは違うんだな」
と、自分を知るためのいい機会にしてくださいね^^

 

じゃあさっそく、
どんなワークをやってみるのかと言うと、

 

それは、

===================

「私、本当は全然大丈夫じゃない」
と、言ってみること

===================

です。

 

 

あなたは、子どもが生まれてからこれまで、
どれだけ子どもを優先して来ましたか?
反対に、どれだけ自分を優先して来ましたか?

 

「全部子どもを優先してきたな~。」
と思いますか?

それとも、
優先するのが当たり前と思うので、
「浅野さん、改めて何を聞くの??」
そんな風に感じるでしょうか?

 

そうです。

この、
”子どもを優先するのが当たり前”という考えを

お母さんたちのほとんどが
疑うこともほとんどなく
当然のことだと思っています。

 

そして、この考えがあるので、
お母さんたちは
子どもを優先して生きることが
自分の生き方だと感じ、
自分のことがさらに見えなくなってしまいます。

と言うより、
自分のことを見なくなったり、
見ることさえ忘れてしまうのです。

 

わが子に発達の凸凹があり、
手をかけることが必要な場合、
よりそれは、深刻になると思います。

なぜなら、

できないことや困ることが次々起きて、
お母さんはその度に
「ちゃんと子育てができない私」
を見せつけられてしまい、
傷つくことが重なるからです。

 

傷つくことは
誰だって避けたいものですから、
これ以上傷つかないように
子どもの方をさらに優先します。

 

昨日ご紹介したMさんの感想にもあった

『傷ついていることすら知らないで、
手当てもしないで、
また別の傷を負っての繰り返し』

になるからです。

 

しかし、これではいつまでたっても
お母さんが満たされることはありません。


「自分を大事にしよう」と思って

自分にご褒美をあげても、
自分の好きなことをしても、
自分のために時間を作っても、
なぜか苦しくなってしまいます。

 

でも「それはそうなるでしょ」
という理由があります。


それは、

自分を根っこから
許してあげられていないから。

 

本当は今にも泣きたくて
助けてほしい自分がいるのに、

それを出てこないようにぐっと押し込んで

見えないように
声は聞こえないように
お母さん自身がしてしまっているからです。

 

本当に自分を大事にするためには、

「子どもを優先するのが当たり前」という
この大きな壁をどかすこと

最初にとても必要なのですね。

 

 

じゃあ、そのために何をするのかというと、
あなたの本音を出してみること。

本音を出す自分を許してあげること
すぐにできるのでとても良いのです。

 

つまり、

お母さんが自分を優先させてみる

ということです。

 

***************************

本当は私は大丈夫なんかじゃない。

一人で抱えるには重すぎてもう限界ギリギリ。

子どもを褒めるとか、
できると思うとか、
大丈夫と信じるとか、

わかっているし
やれるときはやったけれど、
心からそうは思えない自分がいて
そんな自分を責めてしまう自分がいつもいる。

 

本当は子どもよりも
私が一番助けてほしい。

*****************************

 

こんな風に、

自分の気持ちを素直に出すことで、
自分に目を向けてあげること

まずはしてみてほしいのです。

 

そして、必ずお願いしたいのは、
出すことまででまずは止めておくこと。

 

「そんなことを言う自分はダメ」とか、
「そんなこと言うと良くない」とか、
さらにまた自分を傷つけることはしない。

そして励ます必要もないこと。

「そうだよね。
そう言う気持ちにもなるよね。
それが私の本当の気持ちなんだ。」

と、ただただ気持ちを出すだけにしましょう。

 

 

そして、出し方も大事です。

自分一人だけで、できれば出しましょう。
書き出してもいいですし、
独り言で呟いてもいいです。


旦那さんや家族、

ママ友などに話すのは避けてくださいね。

素直に出すことが目的のワークなので、
答えや解決方法をもらう
ワークではないからです。

 

あなたが自分を素直に出せるように、
出しっぱなしでOKになるように、
気をつけてみてください^^

人に出す場合は、
あなたの気持ち全部をとにかく聞いて
受け止めてくれる専門家がいいです。

 

あなたがこれ以上傷つかず、
自分を優先にすることを思い出せる環境を
大事にしてくれる人に自分を出してみてください。

 

もちろん、私を使っていただいても構いません^^

個別相談でぜひあなたの本音を聞かせてくださいね。

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”





お客さまの声