元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

わが子に「また裏切られた…」と感じてしまう。そんな時は、、、

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチの浅野みやです。

 

昨日、継続サポート受講生で、
中学3年生のグレーゾーンのお子さんのママKさんから
セッションの中でこんなお話がありました。

 

********************************

大勢の人が苦手で人の目が気になってしまううちの子は、
小さい時から学校の行事が苦手で
行きたがりませんでした。


先生にもできるだけ配慮してもらい、

これなら大丈夫と思っても
当日になって「やっぱり休む」と言うわが子。


「支援もしてもらってるのになんで?」

という気持ちから、子どもを怒ってしまうことも多く、

子どもとのこの繰り返しの中で、
「また裏切られた…」
そんな気持ちがいつの間にか強くなってしまいました。


今も子どもの言葉を素直に受け取れず、
「この子、また何か企んでんじゃないのかな。
また裏切るんじゃないかな。」
こんな風に思ってしまい、
わが子なのに信じられないんです。


今から何ができますか?

どうするといいですか?


****************************************

「また裏切られたと感じてしまい
わが子を信じることができない」

 

この声は、
発達障害やグレーゾーン、不登校などの
お子さんを育てるお母さんから本当に多く聞きます。


どうして「裏切られた」と思ってしまうのか。


それは、

問題の原因がとにかくわかりにくく、
子どものできないこと、うまくいかないことを
お母さんはなぜかわからないまま繰り返し体験するから

です。

 

子ども自身は、お母さんを裏切ろうなんて
全然思っていません。

小さいのにそんなことを考えて
お母さんを困らせることができていたらその方が大問題で、
まず子どもじゃありえませんから^^;

 

子ども自身は、学校に行こうと
その時は本気で思っています。

勉強も頑張ろうと思いますし、
「もう悪いことはしないぞ!」と
お母さんから言われたことを頑張って守ろうと思います。


でも翌日になるとどうしても学校に行けない。

勉強を頑張りたいのに、どうしても忘れてしまう。

友達と喧嘩したくないのにどうしてもきつい言い方をしちゃう。

 

子ども自身も、
「どうしていつもこうなっちゃうんだろう…」
と、とても困っているのです。


でもそれをお母さんに上手く言えない。

自分でもどうしていつもできないのかわからないので
説明できないのですね。

 

そしてお母さんも、
どうしてこの子は何度言っても
また困ることをするのかわからない。


約束してもなぜ守れないのかわからない。

自分の基準で考えてみると、

「これだけ繰り返し言われたり
怒られたりすればわかるでしょ」と思うのですが、

その基準が通用しなかったり、
基準そのものが子どもの基準とズレているので
また同じ問題を起こすわが子がなかなか理解できず
裏切られたと感じてしまうのですね。

 

 

何か問題が起きるとき、
発達障害やグレーゾーンのお子さんの場合は
何かしら特性による問題の原因があることが多いと私は思います。


そこを細かくみて行くことが
本当は必要なのだけど、
子育てしているといつもそこまで細かく
意識していることは難しいことです。


それに、そんな見方を教えてくれるところも

教えてくれる人もまだいないので、
お母さんたちが知らないのは当然だと思います。


裏切られたと感じてしまうのは、
子どものせいでもお母さんのせいでもありません。


そうなってしまいやすい、
とても難しくてわかりにくくて
複雑な子育てをしているということです。

 

では、

「いつも裏切られる」
「またこの子に裏切られるかも」

と感じてしまうのを変えて、

わが子のことを信じられるようになるために
今から何ができるでしょうか?


わが子の特性を正しく知ることや、

問題が起きた時の本当の原因を冷静に考えることは
もちろん必要ですが、

それらができるためにも私は次のことを
お母さんにはしてほしいと思います。

 

 

それは、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自分で自分をいじめないこと

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

です。

 

私たちは自分の心の状態によって
無意識に自分をいじめてしまうことがあります。

 

何か問題が起きた時に、
自分の受け止め方が時によって違うと
感じた経験はありませんか?

心の状態が元気の時は、
「あれ?どうしたんだろ?」
「何かあったのかな?」
と、何か問題が起きても素直にその問題を受け取って
冷静に考えることができます。

 

でも、

心がネガティブだったり
自分に対して否定的な気持ちの状態の時は、

「なんでうまくいかないの?」

「また私を困らせているんでしょ!」
「私ばっかりなんでいつもこうなの?」

こんな風に素直に受け取れなくて
ひと回りもふた回りもひねくれて受け取ってしまいます。

なぜか自分自身でネガティブな受け取り方を選んで
しまうことがあるのですね。

 

 

子どもはお母さんを裏切ろうなんて思ってしていないのに、
お母さんが自分で「また裏切られた」と解釈して、
お母さん一人でどんどんネガティブの沼にはまってしまう。


もし、自分にその癖があるなと感じたら、
ぜひ意識してほしいのは、

「それは全部自分自身が選んでいる」

ということです。

 

 

解釈の仕方も受け取り方も
どう受け取るかは自分が選択できます。 


「裏切られた」と思うのは、

自分がそれを選んでいるのですね。

裏切られたと思わない方を選べば
裏切られたなんて全く思いません。

 

同じ出来事が起きても、お母さんの中には
「裏切られた」とは思わない方もいます。

どう受け取るかは自分次第なのですね。

 

そして、その受け取り方次第で
自分を傷つけることも
自分を守ることもできます。

 

難しくてわかりにくくて
傷つくことも多い子育てをしているお母さんだからこそ、
自分を傷つけない受け取り方を選んでほしい
と私は思います。

 

自分で自分をいじめない。
自分で自分をあえて傷つける方を選ばない。

 

そのために、もしあなたが、
「あ、私ひねくれて受け取っているな」
と感じたら、

まずはそれをやめてみてください。

 

 

やめやめ!
違う違う!
そうじゃないじゃん。

心の中で言ってもいいですし、
声に出してもいいので、
自分をいじめることをやめてみてください。

 

「裏切られた」ではなく
「何か困ってるのかも」と言い換えてみてください。

 

自分をいじめない。
ねじれた受け取り方をやめる。

それが、今を変えて行くための
最初の一歩だと私は思います^^

 

「お母さんが自分を大事にすること」
これが何よりも大事ですよ^^

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”