元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

夫の態度に振り回されなくなる3つのポイントとは?

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ浅野みやです^^

 

子どものことだけでも大変なのに、
夫のことでも毎日悩み
夫の感情に振り回されたり
自分を責めて落ち込んだりして
そのストレスが子どもに向いて子どもを怒ってしまう。

もしそんな風に悩んでいたら
今日の投稿が少しでもお役に立てば嬉しいです^^

 

夫の言葉や態度に振り回されてしまったり
自分のせいじゃないかと罪悪感を感じてしまう。

これ、実は数年前の私です。

 

以前書きましたが、
私の夫は必要以上に話をしない無口で冷静なタイプ。

感情を表に出さないので
正直今も、彼が何を考えているのか
パッと見ではよくわかりません^^;

 

一方、私の方は彼とは真逆なタイプ。

男女の差もありますが、
気持ちは言葉や表情で相手に伝えることが大事
という価値観なので、
子どもにも夫にも正直に気持ちを出します。

 

なので、最初は夫が何を考えているのかが全くわからず、
思うような返事や反応が返ってこないので
私は不安や寂しさや疑問や
いろんな感情に毎日振り回されていました。

 

「私、何か怒らせることしたかな」
「私、嫌われてるのかな」
「私と話すの嫌なのかな」

話しかけるといつも自分が傷つく。
自分で自分を責めてしまう。

悩んでいるのは自分だけで、
「この人と結婚して私は全然幸せになんて思えない!」
こんな気持ちでいっぱいでした。

 

コーチングを学び始めたのはその頃で、
自分と同じように子育てに悩んでいるママの力になりたいと思って
コーチになることを目指しましたが、

正直言うと、
「自分で収入を得て経済的にも自立して
自分の力で幸せを手に入れる!」
そんな気持ちもあったほどうまくいっていませんでした。

 

それが、

コーチングを学び、夫の態度に振り回されない
自分の心のセットができたおかげで
その後、夫婦関係は私も驚くくらい良くなりました。

そして今は、子どもが自立したら
大好きな猫を飼って
お母さんのサポートの仕事を続けながら
いろんなところに二人で旅行に行きたいと夫と話すほどです^^

 

夫の態度に振り回され続けているのは
やはりあまりいい状態とは言えません。

 

夫の態度や言葉をどのように受け取って、
どのように考えて、
どのような自分でいつもいるかは

自分で選んでいくことができます。

 

夫に振り回されない心をセットするために
意識したいポイントを今日はお伝えしますね。

 

そのポイントは次の3つです!

 

***********************************************

1、夫の観察と特性を知る。

2、自分で自分を責めることをやめる。

3、とにかく自分を大事にする。

*************************************************

解説しますね。

 

【1、夫の観察と特性を知る】

夫婦だから夫のことがわかるなんて
そんなことはあり得ないと私は思っています。

むしろ、夫婦だからなおさら夫のことはわからない。

SMAPの”セロリ”の歌詞じゃないけど、
育ってきた環境が違うからわからなくて当然だと思います。
しかも異性ですから、なおさらわかりません。

 

だから、わからない相手だから、
うまくいかないことがあるのは当然なんですね。

わからなかったらまずは知ることから。

「この人ってどんな人なんだろう?」
まずは夫を観察してデータを集めます。

・お腹が空くと怒る。
・疲れた時は話さなくなる。
・電化製品を買う時はこだわる。
・計画を立てることは張り切る。
・「さすが!」と褒めるとご機嫌になる。
・サッカーの話をすると口数が増える。

例えばこんな風に、
「夫はこんな人みたいだ」と
夫を構成しているパーツを集めてみてください。

 

そうすると気づくことがあります。
「こんなに違うんだもん。うまくいかない時はあるよね〜」って。

このくらいに思えると、
それまでいちいち刺さって
傷ついていた夫の態度や言葉も
 

「あ〜。この人なんかあるんだろうな。
お腹でも空いてんのかな〜。
疲れでいっぱいなのかな〜。」

少し離れたところから眺められるようになります。

 

「あれ?これって子どもにいつもしていることだ。」
気づかれた方もいるかも。

そう。子どもに関わる時も
子どものことをまずは知らないと
子どもに合う対応はできませんよね。

それと同じだと私は思います^^

 

夫観察。

まずはやって見てください。

 

【2、自分で自分を責めることをやめる】

夫の態度や言葉に「私が悪いんじゃないか」と
自分に原因があると思ってしまう。

それを気づかないうちにいつもやっている方は
特に意識してみてほしいと思います。

 

責めるような言葉、きつい言葉、
冷たい言葉や態度を受けても、
「私がやっぱりダメなんだ」と
さらに自分で自分を傷つける必要はありません。

 

あなたがするのはその逆。

自分をとにかく守ることです。

 

自分を無意識に責めてしまう人は、
もしかしたらとても真面目で素直な性格の方かもしれません。

言葉をそのまま受け止めてしまいやすかったり、
人の嫌がることを引き受けてあげたり、

「相手を喜ばせなきゃ。悲しませちゃいけない」
と思って我慢してきたそんな方かもしれません。

 

それは一見優しくてすごくいい人に思えますが、
本当はものすごく無理をしていたりします。

 

自分の気持ちをぐっと押し込んで
人の期待に応えようとしますし、
自分の本当の気持ちに目を向けずに頑張り続けてしまうので
どんどん元気が無くなってしまいます。

 

この繰り返しをしていては、
「もっと笑顔で過ごしたい」と思っても
なかなかそこには近づけません。

だから、
「私が何かしたからかも」
「私が悪いからかも」
この「私が、私が、」はやめましょう。

 

もしまた顔を出したら
「やめやめ!」
声に出してやめる。

夫が怒っていても、あたって来ても、
その全部の原因はあなたじゃありません。

 

そもそも、ただ怒りをぶつけて
相手に何か伝えようとするのはとても幼い出し方です。

言葉でうまく伝えられないのか、
感情の方が先に溢れていっぱいなのか、
あなたに甘えたいのか、
ご主人はうまく出せない状態かもしれません。

 

そっとその場を離れて落ち着いて話せるようになったら
「何かあったの?」聞いてあげるといいかも。

男性は女性に比べて感情を表現することが苦手
ということもあるそうですから、
真に受けずにうまくかわしていきましょう^^

【3、とにかく自分を大事にする】

3つ目はやっぱりこれです。

どうか自分を大事にしてください。

 

あなたが笑顔になれること、
あなたがご機嫌になれることをどうかしてみてください。

・好きなアイスを食べる。
・見たいDVDを見る。
・行きたいお店に行く。
・好きな音楽を聴く。
・友達とランチ。
・勉強したい講座に行く。
・猫カフェに行く。

・・・

我慢しないでできそうなことをしましょう^^

 

時間がない、お金がないと言って
やれない理由を探すのではなく、

「これならできそう♪」
やれる理由を探しましょうね^^

 

できるか、できないかではなく
やりたいか、やりたくないかで考える。

自分の気持ちに素直になって、
自分をいっぱい愛してあげてくださいね。

自分の一度きりの人生を大切に生きたいですもん。

 

夫の悩みは無くならないかもしれませんが
夫は夫、自分は自分。
うまく付き合いながらくらいでいきましょう^^

 

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”