元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

「お母さんだから我慢」の考えの怖さに気づいて!

こんにちは。
 

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチの浅野みやです^^

 

昨夜、LINEでこんなメッセージを
読者さんからいただきました。

 

****************************

なかなか前向きに捉えられず、
不安で自分自身が鬱になりそうになっていました。

でも、メールを読んで
少しずつ前向きになれるようになってきました。

自分が楽しむこと、
これをはっきりと肯定してくださったこと
とっても感謝しています。

ありがとうございます。

*******************************

 

Yさんよかった〜。

そうです!少しずつで大丈夫。
時間をかけて大丈夫。
早く笑顔にならなきゃと
自分で自分を追い立てないで

無理しないで
頑張らないで
まずは自分をいっぱい大事にしてあげてくださいね^^

 

「長い夏休み、今年も私よくがんばったね〜」

自分に言ってあげて、
一人の時間を作って自分にご褒美あげましょう^^

 

夏休みが終わったママがまず真っ先にやることは、
新学期学期の準備の前に自分へのご褒美です!

 

お母さんたちみんなにこれ、課題にしたいくらい。
どうかどうかやってほしいです^^


心と体のエネルギーのタンクを

できるだけ満タンにしておくこと、
忘れずに心がけて行きましょうね^^

 

Yさんがおっしゃっている通り、
「自分が楽しむこと」を
どうか否定しないでください。

 

お母さんだから楽しんじゃいけない…
お母さんだから自分を優先しちゃいけない…

あなたがもし、日頃このように考えてしまうことが多く、
自分でもよく言ってしまっていたら、
ぜひもう一度考えてみてほしいことがあるので今日はお伝えしますね。

 

「お母さんだから我慢。
楽しむなんてできない。」

 

んー、、、

この言葉や考え方を聞くと、私はやっぱり次のように思います。

 

それで自分もお子さんも家族も幸せになれるのなら
この考え方を続けてほしいですが、
私にはどうしても幸せになるとは思えません。

お母さんだから楽しむこと。
お母さんだから自分を大事にすること。

やっぱりこっちの方が自分もお子さんも家族も
幸せに近づけると思うんです。

 

私たちはお母さんとして
常にどんな時も生きているわけではありません。

子どもの前では、お母さんであることを
求められることは増えるけれど、
基本は自分としていつも生きているはずです。

 

「お母さんだから〜だ。」
この考え方って実はすごく怖いことです。


それは、

自分自身で無意識に、
「あなたはお母さんとしていつも生きなければいけないのよ」と
まるで呪いみたいに、
自分を縛り付けることを自分でしてしまっているからです。


無意識にこれをしてしまうのがなおさら怖くて、

違和感や疑問も感じなくなって
当たり前になってしまうからさらに怖いなと私は思います。


「お母さんだから〜」なんて

そんな風に決める必要は全然ないし、
そんな決まりもない。


お母さんという役割を求められる時でも、

自分を見失うことまでしなくていいのです。


「お母さんだから〜」じゃなくて
「私は〜」で考えること。


それが本来の自分の考え方だと思います。

 

お母さんという役割で常に過ごしていると、
知らないうちに自分でいることを
忘れてしまいそうになりませんか?

 

言葉も

「私はこう思う」から
「お母さんはこう思う」になったり、

心の中の会話も

「私は〜したい」じゃなく
「お母さんだから〜しなきゃ」

になってしまってるかもしれません。

 

あなたはどうですか?

まだ自分を見失わず
「私はこうする」
自分の意思で考え行動することをやろうと思うけれど
いつの間にか忘れてまた戻ってしまいますか?

 

「お母さんだからこうしなきゃ」と、
お母さんとして過ごしていて
自分はどうするかなんてすっかり忘れているなと感じますか?

 

もし、自分よりお母さんでいる方が
最近当たり前になっていたら、
自分で考えることをどうかもう一度思い出して
「私は〜」で、
お子さんや家族、友達と話すことを
やってみてほしいと思います。

 

「お母さんはこう思う」じゃなくて
「私はこう思う」に変えてみる。

それだけでも自分で考え生きる感覚は戻ってきます^^

 

子どもが生まれても
あなたはあなたで続いています。

 

お母さんであることは自分の中の一部分。
子育てはあなたの人生の全てじゃない。

子育ては、あなたが自分の人生の中で
やることの中の一つのこと。

あなたが人生の中でやれることは
もっともっとたくさんあって、
自分で自分の人生をどう生きるかはあなたが選んでいけます^^

 

もし、子育てに力を注ぐ人生を生きたいのなら、
自分はどんな風に子育てに力を注ぎながら
自分の人生を生きるかを考えればいいし、

子育てだけに縛られずに楽しみながら
自分の人生を生きたいのなら、

どのように子育てをしながら
自分の人生を楽しんでいくかを考えて
過ごしてみるといいと思います。

 

どうか、これからも
「お母さんだから」に支配されず、
自分を見失わないでいてくださいね^^

 

Yさんのメッセージを読んだ時、
「Yさんのお話もっと聞きたいー!」
私はウズウズしました。

Yさんはどんな不安があったのかな。
鬱になりそうになる程どんな気持ちを抱えてたのかな。

Yさんは人生をどのように生きたいのかな。

お聞きしたいことが溢れてきました^^

 

今は悩みが解決しているかたも、
聞いてほしいことや悩んでいた時の話など
お話お聞きできたら嬉しいなと日頃とても思います。

 

私の個別相談は相談が主ですが、
お母さんが今話したいことや
聞いてみたかったことももちろんお話いただける場です。

ぜひお話を聞かせてください^^

 

個別相談についてはこちら↓
http://niko-pika.net/?page_id=7851

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”