元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

4月始まるまでの、このソワソワ落ち着かないのが辛くて…

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチの浅野みやです^^

 

休校になってから2週目が始まり
だいぶこの生活リズムに慣れてきた感じがしますが
みなさんはいかがですか?

 

学校は休校ですが私の個別相談や継続サポートは
オンラインで変わらず続けています。

 

お子さんが在宅のため、
落ち着いて話す環境が確保できなくなり
来月に延期されたお母さん達ももちろんいますが、

ほとんどのママ達は予定を変更することなく、
環境や時間を確保して積極的に私のセッションを
活用してくださっています。

 

正直、これには私自身とても驚いています。

ママ達の積極的な本気の姿勢が嬉しいです^^

 

そして、ママたちの相談の内容から
やはり
この年度替りの時期の
不安は大きいのだということも改めて感じています。

 

 

昨日セッションをした
4月から小学生になるグレーゾーンのお子さんのママHさん。

 

セッションで今の悩みを次のように話してくださいました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小学校のことを考えると心配が出てきちゃって
体までだるい感じなんです。


「ちゃんと学校に行ってくれるだろうか?」
って考えると、
学校が始まるまでのこの待っている間が辛くて。

「早く4月になってほしい。
早く時間が過ぎてほしい。」

そわそわ、ざわざわのこのいてもたってもいられなくなる
落ち着かない気持ちが嫌です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

始まるのを待つ、このいても立ってもいられない気持ち。

 

「そう!わかる!すごくわかる!!」
みなさんの声が聞こえてくる感じがしますが、
何でしょうね、この時期特有の、あのそわそわ感。


これってママだけじゃなくて
大人も子どもも何かありますよね。

 

Hさんの話を聞きながら、私は中学に入る前の
この時期のことを思い出しました。

 

私立の中学入学が決まって
同じ小学校からは誰も一緒に行かない。

知り合いはいないし、しかも
毎日電車で30分なんて
そんなことやったこともない。

 

どうなるんだろう。
大丈夫かな。


12歳の私の頭の中は
緊張と不安がいっぱいで、
母親に「電車は7時半のに乗りなさいね」
なんて何か言われるたびに、

「これ以上色々言わないで!」
泣くギリギリのところで踏ん張っている、

まさに「早く始まれー!」って
心の中で祈っていた3月を思い出しました

 

時間を早く進めるわけにも行かなくて
このそわそわ感に耐えるしかない。

そんな風にあの頃は感じましたが、
もし今の自分があの時の自分に会えたら
こんなことを言ってあげると思います。


「その不安の中身を教えて?

不安の中身を取り出して一個一個考えてみよ?」

って。

 

不安や心配ってなんかはっきりわからない感覚で
心という袋の中にとりあえず入っている状態です。

 

そのままではやっぱりいつまでも心配は解決されなくて
そわそわしたまま時間だけ過ぎていく。

せっかく時間があるのにこれだとやっぱりもったいないです。

 

例えば片付けみたいに。
 

とりあえず引き出しにあれこれ入れてある。

見た目は片付いているように見えるけれど
要らないものもいっぱい入っていてなんか気持ちがモヤモヤ。

一つ一つ中身を確認して要らないものは捨てると
今必要なものがわかって本来の機能的な引き出しに戻る。

それ、わかってるけどなんか後回しにしている。

 

不安や心配も、ただ漠然と持っているままじゃなく、
中身を取り出してできることを見つけてやっていくこと
ただ時間が過ぎるのを待っているよりも

はるかに早く解決できます!

 

 

「ちゃんと学校に行ってくれるか」
という心配を抱えていたHさん。

 

自分では数え切れないほど
たくさんあるように感じていたHさんの心配は、
中身を出してみたら4つだけでした。

 

・学校の時間が長く、最後まで授業に参加できるか心配。
・朝、家を出る時間も変わり、子どもも自分もできるか心配。
・過敏があり半ズボンが嫌いなので、制服が着られるか心配。
・人数が多い場所に疲れやすくて熱やイライラになるからそれが増えないか心配。

 

セッションではそれぞれについて
「何ができそうか?」
自分に問いかけ、
Hさんには具体的な行動まで出してもらいました。

 

「今からできることがこんなにありました!
行動しないともったいないですね!」

 

たった2時間で心配は消えました^^

 

この時期のそわそわ感。

時間が過ぎるのを待つのもいいですが、
もっと早く安心に変えたいなら
心配の中身を出して行動することです。

 

よかったらぜひ参考にしてみてください^^
  

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”