元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

本当に面倒でしんどい子育てだからこそ必要なママの作業とは?

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチの浅野みやです^^


前回、自分の思い通りにならないことに

強い怒りや癇癪を周りにぶつける
お子さんについて解説しました。

 

このタイプのお子さんを育てているママ、
実は結構多かったりします。

 

メール講座を読んである読者さんが
こんな感想を
送ってくださいました。


********************************


本日いただいたメールの内容の方と

まさに同じ状況の我が家です。


わかっているけど、
やはり腹が立つんです(T-T)


同じ悩みを抱えながら
子育てを頑張っている方がいる
ということを知り、
正直、安堵している自分がいます。


嫌なことから逃げてばかりで、

やりたいことだけムキになってやりたがり、
自分のやり方を曲げられない。


希望が叶わないと、
その怒りを私に向けてきます。


本当に辛いです。


理想はありますが、
抱くだけ辛くなるばかり…


癇癪も多く、
こっちが疲れ果ててしまいます。

 

「理想が100なら、50できれば…。
いや、今は1でも5でも
出来ているなら0よりいいか」 

自分の心の負担を多くしないためにも
今はそう思っています。

 

励まして、褒めていればやる気が出るような
簡単なものではないですね。

 

壁にぶつかるたびに、
どうやればこの子はやる気になるか
考えさせられます。 

 

気づくと肩に力が入り、
ストレスレベルは上がる一方に。

 

色んな方のお話しを読み、
いつも力を抜いていいんだと
気づきをいただいています。


**********************************

 

 

そうなんですよ。

 

本当にしんどいし、面倒で手がかかるんです。


子ども自身が、わざと自分やママを
困らせようと思って
しているわけではなくて、
どうしてもどうしてもそうなってしまうので
子ども本人もよくわからず、
その子と一番近くで関わるママはなおさらわからなくて
しんどくなってしまうんですよね。

 

このような、

すぐには解決できない事実はどうしようもない。

 

だからこそ、

グレーゾーンのお子さんのママには、
この事実を受け止めることがどうしても必要にはなる

と、私は考えています。

 

この子はこうゆうところがある子なんだ。

 

人ごとのようにでもいい、
ため息混じりでもいい、
深くまでは必要ないので、
ある程度とりあえずでいいので
 

事実をとりあえず受け止めて

「うん。そっか、そうなんだ。
私この子のママだから
しんどいこと多くなりやすいんだ。」

 

心の整理というか
心の準備というか
そんな作業が特にママには
必要になると思うのです。

 

でもそんなこと誰も教えてくれなくて、
そんな時間全然作ることなんてなくて、
ママ達はこれまでとにかく走り続けてきたと思うんです。

 

だから、たまにでもいいから、
私のメール講座を読んだ時だけでもいいから、
自分の心を整理することを
してみてほしいと思っています。

 

 

 

さて、それで今日の本題なのですが、

こんな風に厄介で面倒で
しんどいことがいっぱいの子どもなので、
ママには少しでも子どもに振り回されっぱなしにならない
武器を持っておいてほしいと私は思っています。

 

このタイプのこの子とどう関わるのが、
自分の場合はうまくいきそうかを見つけてみること。

 

その関わり方を考えるときに
ちょっと意識してみてほしいのが二つ目のポイントです。

 

それが、

「やめなさい」ではなく
「やってもいい」に転換する

ことです。

 

私が以前サポートした
あるママのお子さんの例ですが
こんな事例がありました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

小学5年生の女の子。

自主学習の宿題が出て、
どんなことでもいいから自分で内容を考えて
ノート2ページやってくる
という課題が出されました。

 

いつもの宿題と同じように
漢字ドリルをやろうかと考えたお子さん。

 

でも、自主学習だからいつもの宿題と同じじゃ
いけないのかもしれない。

 

先生に違うことをやるように
言われちゃうかもしれない。

 

不安になったのでしょう、

「何をやればいいの?」
お子さんに相談されたママ。

 

「どんなことでもいいんだから
漢字ドリルだっていいと思うよ。
やっていけばいいんじゃない?」

 

「でもそれじゃダメかもしれないの!」

 

もうママの言葉は女の子の耳には入らなくて、

「もうやりたくない!
私が怒られたらママのせいだからね!」

いつものように全部ママのせいにして
イライラをぶつけてくるので、

 

「先生はなんて言ってたの?
ちゃんとあなたが聞いてこないのが
いけなかったんじゃないの?

わからなかったから
とりあえず漢字ドリルにしましたって
先生に言えばいいじゃない。

それか、わからなかったら
やって行かずに先生に聞いて
わかってから
やってもいいんじゃないの!」

 

ママもイライラして
こんな風に返してしまったそうで、
どう対応すればよかったのかと
悩んでいらっしゃいました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

 

「うちもよくある!」

すごく共感するママも多いかもしれませんね^^; 

 

この女の子の混乱の原因は、

「どんなことでもいい」

ここにあったと思います。

 

*課題があやふやではっきり決まっていない不安、

*自分が決めたことが間違っていたら困るという不安、

*怒られるのは嫌なので間違いたくない、

*宿題はやらなきゃいけないのに
「やらなくてもいい」なんて言うママにイライラ、

などの気持ちが一度に溢れて
混乱してママにぶつけたんじゃないかなと思いました。

 

 

そこで私は

「やめなさい」ではなく
「やってもいい」に転換することを
取り入れた対応についてアドバイスしました。

 

長くなりそうなので

ごめんなさい、次回に続きます^^

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”