元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

今、子どもたちの疲れとストレスは半端ないです!

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチの浅野みやです^^

 

7月に入り、もう今年も残り半年過ぎたなんて言葉を耳にすると、
なんだか焦ってくるママも多いかもしれません。

でも、今焦っているのは、
もしかしたらママよりも学校の先生たちだったりするかもしれませんね。

コロナの休校が終わって分散登校から通常登校が始まってから、まだ半月。

もしこれが4月いつもの流れだったら、
やっと子ども達は学校生活のリズムがわかってきて、
友達の名前も覚え始め、新しい学年の勉強にも少しずつ慣れ始める頃です。

でも今年はこの例年の緩やかな始まり方がほぼない状態。

感染防止のためにいつもとは違う決まりも増えて、
それを守らなければならない。

勉強も遅れを取り戻すために、6時間や7時間授業。
宿題も多いかもしれません。

 
この状況がどういうことか。

このブログを読んでくださっているみなさんには
ぜひ知って欲しいので、はっきり言いますね。


今、子ども達は、かなり心も体もきつい状況の中にいます。


私たち親が子どもの頃経験しなかったストレスを、
今、子ども達は日々感じているということ。
 
そしてそのストレスと疲れは半端ないです。
 

 

分散登校から通常授業になってから、
私のセッションでは、ママ達が話すお子さんの様子について、
実はある共通した問題がすごく増えているんです。


 
それは、
 
攻撃的な行動や言葉が出ていること
 
です。
 
 
・宿題をやり始めるとイライラし始め、物を投げたりする。
・妹や弟にしつこいほど手を出して攻撃する。
・気に入らないことがあるとひどい暴言で怒りを出す。
・お母さんをバカにする、見下すような言い方であたってくる。
・とにかくわがままが止まらない。
 
など、ママ達の話を詳しくお聞きすると、
とにかく子ども自身の自分の感情が家で爆発して、
自分ではコントロールできない状態にいるんじゃないか。
 
そう思わされるほど、
いっぱいいっぱいな状態のお子さんの姿が見えてきています。
 
 
まるで「助けて!」「もう限界だよ!」って、
子どもが暴れながら訴えている、
そんな風に感じます(T_T)
 
 
 
一番辛いのは、お子さん本人ですが、
その姿を毎日見ているママも、それはそれはしんどい。
 
「自分が感情的に怒ってしまうから、
子どももこうなっているんじゃないか」
と、
自分を責めているかもしれません。
 
 
 
お子さんの今のこの状況は、
ママが感情的に怒ってしまうことが直接の原因ではない
と私は考えています。
 
 
そんな単純な原因から起きている問題じゃないです。
 
だから、自分の関わり方だけを原因だと思うのは
あまり意味がないのでやめましょう。
 
 
 
じゃあ何が子どもに影響しているのか。
 
 
それはやはり、
 
子どもが多くのことを求められすぎていること。
子どもが対応できる範囲を超えているために、
子どもが追いついていけずSOSを出しているということ
 
です。
 
 
中でも特に、適応力が弱く、適応できる範囲が狭い
幼児さんや低学年のお子さん、
そして、発達障害やグレーゾーンのお子さんの場合は、
自分でSOSもうまく出せませんから
攻撃的な出し方でSOSを訴えているんじゃないかと私は思います。
 

そのようなお子さんに私たちができること。
 
それは、
決まりとか常識とかなんて今は脇に置いといて
とにかくこのSOSに気づいて
子どもにかかっている負担を減らしてあげること
 
です。
 
 
負担を減らすために何ができるか。
次回お伝えします。

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”