元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みをママのやりたいことで幸せにかえるコーチング

こんにちは。

 

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ浅野みやです^^

 

さて、夏休みが終わって
すでに学校が始まっているお子さんもいらっしゃるでしょうか。

中には来週からいよいよ学校が始まるという
お子さんもいらっしゃるかもしれませんね。

 

ただでさえ命の危険を感じるようなこの暑さ。

寝つきも悪く、朝もすっきり起きられなくて、
学校が始まってもなかなかリズムが戻らず
「学校休みたい・・・」
辛そうなお子さんも
多いんじゃないかと思います。

 

これから学校というお子さんも
すでに「学校行きたくない」と
いろんな出し方で訴えているかもしれません。

 

今週も毎日、発達障害やグレーゾーン、不登校の
お子さんを育てているママ達と個別セッションをしていますが、
いろんな形で葛藤する気持ちを出して
お母さんに訴えているお子さん
とてもたくさんいます。

 

そしてお母さん達も
そのわが子に向き合って葛藤して悩んでいらっしゃいます。

 

今週の月曜日に個別セッションをした
支援級在籍の小5グレーゾーンのお子さんのママTさん。

 

 

セッションの中でこんな悩みを出されました。

 

****************************************

 

今日から学校なんですけど、
やはりスムーズにはうちの子は行かなくて
「今日は行きたくない」と言い
お休みしています。

 

これまでもそうですが、
うちの子は長い休み明けの
リズムの変化が苦手なんだと思いました。

また新しいリズムをつかむまで時間がかかるんだなと。

 

今日は私も仕事がお休みだったので
「休んでもいいよ」と言えましたが、

休みが長くなったらどうしよう…
という心配はやはりあって、
なかなかゆとりを持って見守ることは難しいです。

どう対応していくのがいいでしょうか?

 

*************************************

 

Tさんのお子さんに似ているお子さん多いと思います。

そしてTさんと同じ悩みを感じているママも
多いんじゃないかと思います。

 

生活リズムの変化、
環境の変化、
周りの人の変化、
時間の流れの変化、
活動内容の変化。

たくさんの変化が急に起きることへの
不安やプレッシャー、緊張感や困惑。

敏感だったり、
見通しが苦手だったり、
不安が強かったり、
時間がかかったり

もともと子ども自身が持っている気質や特性もあって
よりそれらを強く感じてしまう。

 

「学校休みたい」

そうつぶやくことが
子ども達にとっては今、自分を守るためにできる
精一杯のことなんじゃないかと思います。

 

でも、学校を休ませてしまうと安心してしまい
そこからズルズルと休んで
不登校になってしまうんじゃないかと親は心配になります。


だから子どもの気持ちがわかっても

なかなか「休んでいいよ」
と素直に言えないお母さんもいらっしゃるでしょう。


未来は見えないから。

今日休ませても長く休むことはないから大丈夫!
とは言い切れないから。


わが子を信じたくても
信じきることができない。

親だからこそ、
信頼より心配の方が強くなって
わが子を信じきれなくなったりします。

子育て本などを読むと、
わが子が学校を休みたいと言った時、
やってはいけないことが書いてあったりします。

その一つは


子どもと向き合うことを拒む

こと。

 

「何言ってるの!行きなさい!」
子どもを怒ったり、

「学校は行かなきゃダメ!」
引っ張って学校に連れて行ったり、

「休むと勉強が遅れちゃうよ!」
子どもの話を聞かなかったり、

どれも、子どもの声には
いっさい耳も気持ちも向き合おうとせず拒否することです。

 

これはどれも親だからこそ
やってはいけないことだと私も考えています。

 

親に拒否された子どもは
今の困っている気持ちを出せる人が
どこにもいなくなってしまいます。

 

親までも自分を否定し
自分の話を聞いてくれないとなったら
もう誰に頼ればいいかわかりません。

 

子どもが学校を休みたいと訴えた時
お母さんがやることは、
休むことを許可したり
すぐにいいかダメか答えを出すことじゃなくて、

 

「そうなんだね。学校休みたい気持ちなんだね。」

子どもの話をまずは受け止めて聞くことです。

 

行きたくない理由を教えてくれそうなら聞く。

気になっていること、
辛いこと、
嫌なこと、
心配なこと、

まずは子どもが抱えてる気持ちを知ることからですね。

 

否定したりジャッジしたりせずにとにかく聞いて知る。

 

子どもの気持ちを知ってから、
「じゃあどうしようか?」
対策を一緒に考えてあげてください。

 

対策は学校を休むことだけではありません。

 

学校を1日休むこと以外にも
いろんな対策が出てくるはずです。

・ママと一緒に教室まで行ってみる。
・給食まで行って帰ってくる。
・1時間だけ行ってみる。
・先生に家に来てもらう。
・放課後、先生にだけ会いに行ってみる。

などなど、

お子さんに合わせた対策を
お子さんと一緒に考えてあげてください。

 

そしてお母さんは同時に、

「他にできそうなことは何か。」
「どんな応援があるとこの子は安心か。」
「どのくらいのペースから慣れていくのが良さそうか。」
「誰の力が借りられそうか。」

あらゆる視点から

「子どもが安心できる環境をどうやって作っていけそうか」

を考えてみてください。

 

一人で全部解決しようとせずに
先生や家族、ママ友、子どものお友達、
習い事の先生など周りの力も借りてみましょう。

 

 

月曜日にお子さんがお休みして悩まれていたTさん。

金曜日の今日、こんなお返事が先ほど届きました。

 

*********************************************

月、火曜と休んだので、
火曜日の夕方に支援級の担任の先生に自宅まで来てもらい、
本人と学校の様子などの話をしてもらえました。

  

水曜日から登校でき、
木曜日からは1人で登校し、
今日は宿泊行事が中止になった
代わりのイベントにも参加出来ています(^^)

 

長期休み明けの登校は
どうも苦手なようだということがわかりました。

私の方でも、無理に本人に
1人で頑張らせるのをやめました。

「本人が出来ないことはサポート!」と割り切ることで、
本人の癇癪やなかなか本人がやってくれないことの
私のイライラも解消されているようです。

やはり私の心の余裕も大事ですね!

 

***************************************************

 

こんなに早く夏休みが終わって
この大変な暑さの中学校に行って帰るだけでも
どんなにしんどいことか。

 

私たち親が経験したことのないことを
今、子ども達はしているのだということ。

 

いつもよりもさらにサポートをして
子ども達が安心して過ごせる環境を
作ってあげることが私たち親には今すごく求められていると思います。

 

子どもに寄り添って
周りの力を借りて
より柔軟な視点と頭で子ども達を支えてあげましょう^^

 

9月は18歳以下の子どもの自殺率が
年間最多になるときです。

 

自分で自分の命を絶つほど子どもを苦しめるのではなく
命を大事に自分を大事にできる子どもを育てて行くことが
私たち大人がやることですね。

 

今年は本当にたくさんのストレスや制限の中で
長い期間耐えながら頑張っている子ども達です。

 

たくさんのことを抱えながら
うまく出せていないことも多いはず。

 

意識して子どもの話を丁寧に聞くことを
どうかしてあげてください^^

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”