元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みが幸せにかわるコーチング

中学生の時期を賢く乗り越えるためのヒントは○○○!

こんにちは。

発達の悩みをママのやりたいことで
幸せに変えるコーチ浅野みやです^^

支援が必要な中学生のお子さんを育てるママの力になりたくて
今起きていることからできることまで数回に分けて考えてきました。

今日はそのまとめです^^

 

これまで読んでこられて、
「やっぱり中学って厳しいんだ…」
「うちの子どうなるんだろう」
中にはこの先を考えると憂鬱になってしまったママもいらっしゃるかもしれません。

私は発達が気になる子を育てるママ専門のコーチです。

ママをがっかりさせたまま終わることはもちろんしません!

ママ達を不安にさせたり落ち込ませたくないからメール講座を書いています。

これまでお伝えしてきたのは、
まずはこうゆう現実もやはりあることを知って、
そして改めて自分は親としてこれから何ができるかを考え
一つでいいので何か初めてほしいからです。

いつもお伝えしている通り、
どんな子育てをしていくかは自分で選んで行けます。

ここで落ち込んでそのまま止まっているのではなく、
周りの力を使って自分とわが子の場合はどう動いていくか
その思考にスイッチを切り替えていってくださいね^^

そしてその応援になるように、
今日はまとめとして
「支援が必要な子どもと中学生の時期を賢く乗り越えるためのヒント」
をお伝えします。

そのヒントは

『柔軟性』

ここにあると私は考えています。

 

ん?それって一番今の中学校で難しいことだって浅野さん言ってたよ?
そう思われましたよね^^;

確かに、今の特に公立中学校で配慮の柔軟性を
求めていくことは難しいことが多いです。

でも、だからと言ってもう配慮はしてもらえないと
あきらめちゃうのは早すぎます!

今、こうしている間も
子どもが少しでも安心して毎日を過ごせるように
できることから動いているママ達が全国にはたくさんいます。

私はそんなママ達を日々サポートしています。

周りにそういうママ達がいなかったり
いい事例の話が入ってこなかったりして
なかなか前向きに考えられない方もいらっしゃると思いますので、

今日はいくつか、この「柔軟性」が発揮されている事例を紹介しますね^^

みなさんがこれから動いていく際のヒントにしていただけたら嬉しいです!

 

【事例1】

4月に中学1年生になったグレーゾーンのお子さんのママTさん。

Tさんのお子さんは、不安や過敏が強く、
睡眠のバランスの崩れもあり、
毎日学校に行くことのしんどさがあるお子さんです。

小学校では、週3日ほど行ける日に登校していましたが
登校すると頑張りすぎてエネルギーを使い果たしてしまう。

一見するとできてしまうので担任も頑張らせてしまうことがあり、
中学入学後もこの子には配慮が必要とTさんは考えていました。

 

私のサポートのもと、中学入学前から動き始め、
まずは過敏により制服が着られないことの理解を求め、できる配慮をお願いしました。

また、進級先は支援級を希望し、学習の苦手さや登校時間の配慮を求めました。

 

その甲斐あって、入学式は制服を着用するが
次の日からはジャージで登校して良いという許可をもらえました。

また、子どもの希望から国語を支援級での個別授業に変えてもらうことができました。

 

現在は、体調不良が強く、学校をお休みして
まずは無理しないことを優先しており、
それについても学校に理解してもらい、
子どもの安心を一番大事にTさんも学校と連携してお子さんを応援できています。

 

【事例2】

メール講座を読まれたあるお母さんからのメッセージにあった事例です。
次のようなメッセージをいただきました。

*******************************

我が家は、病院で治療を行いつつ
個性を伸ばしてくれ、発達障害を認めてくれそうな私立中学校に入学しました。

対応は予想以上に細やかです。
本人も私も大満足しています。

学校見学で、うちの子と似た子が多いなと感じました。

だけど、生徒と教師の関係が和やかと言うか、
「やりとりがちゃんとできてるな〜」と強く感じ、
何回も確認で学校見学に行きました。

***********************************

発達障害の配慮や対応は、
公立に比べて私立中学校の方が柔軟だと私も感じます。

もし選択できるのであれば、
私立中学校も選択肢に入れて動いてみるといいと思います。

 

【事例3】

こちらもFacebookの投稿にお返事をくださったあるママの事例です。

***************************

中学に入って配慮をお願いしたのは、頭髪指導と給食指導でした。

頭髪は、学校的にはNGな長さの髪を本人が切りたくないと言っているという件。

給食指導は、アレルギーはないものの、
発達障がい由来の感覚過敏で口に出来ないものがある件。

 

頭髪に関しては、 親サイドからは主治医の診断書と意見書を提出しました。

「本児の考えに従う必要はありませんが、
それを理解しようと歩み寄ること、穏やかにやるべきことを伝えて、
出来ていることを認める等の対応が望まれます。」と、
学校の先生が具体的に長男に対してどのように接するのが望ましいのか、
専門医からの意見を示してもらえたのは効いたかなと思います。

以降、学校では髪型のことは何も言われなくなったそうです。

******************************

主治医や専門家の所見は
やはり配慮を求める際に説得力のあるアイテムとして活用したいですね!

 

【事例4】

中学校全体で前向きな配慮の動きは進まなくても、
理解ある担任や先生とつながることで
子どもが安心できる配慮をしてもらえているケースも多くあります!

中2のグレーゾーンのお子さんのママOさんの場合。

学校に行かなくなったことについて
新担任ではなく前年度の担任に相談したことがきっかけで、
zoomでの個別授業ができないか担任が教科担任に働きかけ、
通級の先生とzoomで話すところから始められることになりました!

まだ不安もあり、
子ども本人は「やりたくない」と素直な気持ちをお母さんに出せていて、
配慮の仕方をアレンジしながら
「これならできる」の形を学校と連携して見つけていらっしゃいます。

また、Oさんの他にも、
テストを個室で受けられるように担任が配慮してくれたり、
放課後に担任に会いに行き、学校に少しずつ慣れて行くことを
尊重してくれている事例も届いています。

まだ学校全体ではなく、
理解のある先生個人の配慮や行動に限っての場合が多いですが、
このような先生も確実に増えています^^

他にもまだいろんな事例があります。

確かに中学校は、まだ配慮の柔軟性という点で
厳しく難しいことが多いですが、
個々の先生の理解や行動は配慮に協力的で温かいものもあります。

つまり、

学校の中にいるミカタを一人でもいいから見つけ力を借りて行くこと。

ここは配慮の壁を突破する大事なヒントの一つだと思います。

子どもの安心安全な環境をどうやって作っていけるか?

 

この答えは、お子さんとお母さんの数だけあります。

こうすれば絶対うまく行くなんて答えはありません。

とにかくやってみることで見えてきます。

まだまだ親にかかる負担は大きく
悩みも尽きないくらいいっぱいですよね。

だからこそ、どうか一人で抱えずに周りに頼ってくださいね!

私も全力でこれからもあなたを応援し続けます。

個別相談、勉強会、交流会など無料でやっていますので
遠慮なくどんどん活用してください。

お話ぜひ聞かせてくださいね^^

◆発達の悩みが幸せに変わる個別相談
↓↓↓↓↓
http://niko-pika.net/?page_id=8122

 

◆悩みに振り回されない自分を手に入れる勉強会
↓↓↓↓↓
https://eventlink.jp/ent/spk8evxo

 

◆発達が気になる子を育てるママのゆるっとzoom交流会
↓↓↓↓↓
https://eventlink.jp/ent/17jtxbul

 

プロフィール

浅野 美弥
浅野 美弥
元特別支援学校教員。
プレシャス・マミー認定コーチ。
2 人の男の子のママ。

日本福祉大学を卒業後、特別支援学校に10年勤務。

これまで15年以上、障害のあるお子さんを支援。

のべ1200人以上の子どもと関わり、

障害の中でも特に発達障害のある子どもに関わる。



教員を退職後、初めての育児に悩み、
育児ノイローゼのような状態になる。

その時出会ったコーチングセッションが
人生を変える大きなきっかけとなる。

コーチングを学び子育てを変えたい仲間と
サークルを作り活動開始。

その後自身もコーチの資格を取得し子育てコーチとなる。

専門知識と経験を活かし、
障害のある子どもを持つお母さん専門の
チャイルドジニアスコーチングを作り、
個別相談とコーチングレッスンを提供。


個別相談は300件を超え、
のべ500人以上の
発達障害のお子さんを育てる
お母さんをサポートしている。

浅野美弥Facebook
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

▼無料メール講座登録はこちら▼

▼無料メール講座登録はこちら▼

0才から6才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策無料PDFテキスト

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”