元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

発達障害のウラに隠れた才能の種をみつけよう!チャイルドジニアスコーチング


小・中学生のうちに考えたい

 発達障害、グレーゾーンのわが子の
「うちの子、
こんな仕事できるかも!」
をみつける

チャイルドジニアスコーチング
120分のマンツーマンセッション

19657101_742673319248344_8285857959287302688_n

60.131.157.238

これからはこの子の自信を育てていくことが、 私の役割なんだってわかりました

愛知県在住 小学6年生
自閉症スペクトラムの女の子のママU
さん

 

19511400_736279369887739_9061850960843922164_n.jpg

 

自閉症スペクトラムの診断のある娘。
この4月に6年生になり、
いよいよ中学校を意識していくことに。

「入学前に準備するのではなく
6年生のこの1年間にできることを
少しでもはやく始めて行きたい」

そう思って過ごしていました。

そして

「うちの子にはどんな進路が合うのか。
今何をしたらいいのか。」

ということを考えてみた時、
これまでしっかり向き合ったことがないことに気づきました。

進路を考えるこの機会に、
もう一度、親の私が
子どもの特性を
しっかり把握して整理することが
必要だと感じました。

 
学校の先生にも
子どものことを少しでも詳しく理解してもらい、
この1年一緒に子どもを応援していきたいと思い、
個別相談に申し込みました。

私はこれまで、将来この子が
一般社会の中で
生きていくことを考えて、

その社会に近い環境の中で
「この子のコミュニケーションの力を育てたい」

という理由から、

5年生で支援学級から通常学級に
移ることを決め、
親子でなんとか周りに追いついていこうと頑張ってきました。

5年生の一年間をかけてやっと通常学級の生活にも慣れ、
できることもさらに増えました。

 

けれどまだまだ悩みは多く、
6年生になってからは
毎日緊張した表情で頑張っている娘を見ていて、

「この先どんな子育てをしていけばいいのか」
「今のままで大丈夫なのか」

自分の子育てにいまいち
自信がもてずにいました。

 

今回、浅野さんと話してみて、
心の中に扉があって、そこから光が入ってきたような感じがしました。

行動の切り替えが難しく
毎日の宿題はケンカになり、
周りの人の動きや気持ちが見えないことで
自分の気持ちのまま
行動してしまう娘。

とにかく毎日、繰り返し繰り返し必要なことを教えて
一つ一つ支援を工夫して関わってきました。

その結果、

以前はテストの結果が悪くても
全く気にしていなかった娘が、
「自信がない」と言えるようになり、

先生に認めてもらいたいという気持ちが
育っていることを知りました。

娘の成長に気づけたことで、

これまでは、手取り足取り
とにかく教えてきたけれど、

これからはこの子の自信を育てていくことが、
私の役割なんだってわかりました。

imagep.jpg

アドバイスを先にしてしまったり、
つい指示をしてしまうこともまだあるけれど、

まずは本人にどうしたいかを聞いてみて、
待って見守って一緒に考えていける子育てに変えていこうと思います。

周りに合わせなきゃいけないと思って
これまでは肩に力が入っていましたが、

周りに今後も頼っていろんな支援を使っていきながら、

この子が、生き生きと過ごせる将来をめざして
関わっていきたいと思います。


60.131.157.238

こんな悩みを感じてはいませんか?

将来私がいなくなったら、この子は何もできないんじゃないか。
■この先、嫌なことから逃げて就職なんて無理なんじゃないか。
■やりたいことがあっても、発達障害があるから実現するのは難しいんじゃないか。
■全日制の高校や大学に行きたいと言ってるけど、本当に行けるんだろうか。
■高校やその先の支援はないと聞くけれど、その場合どうすればいいのか。
■発達障害の子は特別の才能があるというけれど、それって一部なんじゃないの?
■支援学級在籍は、高校進学に不利なのか。

私のところに相談に来られるお母さんたちからも
このような声は本当に多く聞かれます。

 

今回の個別相談では、
そんなあなたの悩みを2時間じっくり聞き、
あなたとあなたのお子さんの場合の
進学・就職・自立についての具体的な支援策をお伝えします。

 

お子さんに合う将来のお仕事は何か、
今日からすぐに始められる
お子さんの自立に繋がる支援の具体策は何か、
ぜひ一つでも多く持って帰ってください!

 

 

わが子の人生と自分の人生を切り離して考えられるようになる個別相談

チャイルドジニアスコーチング
120分マンツーマンセッションでは、
次のような効果が手に入ります。

 

わが子の自立や進路の悩みが解決されます。

わが子の場合どんなお仕事が向いているかが見えます。

◆わが子が小・中学生の今から、何を始めればいいかがわかります。

◆セッション終了後からすぐに取り組める
子どもに適した具体的な関わり方がわかります。

 

個別相談を受けることで、
あなたが目の前の問題に振り回されず、
自信を持って子育てして行けるようになり、

わが子の人生と自分の人生を
切り離して考えられるようになると
私は信じています。

 

14993393_625019801013697_8063917594607044867_n.jpg 15078829_624114771104200_780619436513773161_n 15027489_624114757770868_4196008982241467963_n

マンツーマンセッションを受けられたお母さんの多くが、

「うちの子の見方が変わった!」
「今すぐ子どもとやってみたいです!」
と話し、

わが子に対する見方と関わり方がガラッと変わり、
悩んで繰り返しの毎日から、
学んで動く毎日に変わる120分

です。

 

ぜひ体験してみてください!

 

60.131.157.238

 

なぜわが子が小・中学生である今から、将来わが子に合う仕事をみつけることが必要なのか

発達障害やグレーゾーンの子どもの将来について
早めに見通しを持ち行動することはとても大切です。

お子さんが小・中学生である今のうちに、
将来わが子に合う仕事について
イメージしておいてほしいのです。

なぜなら、

発達障害やグレーゾーンのお子さんにとって、
小学校・中学校までの時期は、
一番
手厚い支援やサポートを受けられる機会が多く、
体制も整っているから
です。

youchien_sanpo.png

義務教育までの発達障害のお子さんへの支援は
現在までの10年でかなり進んできています。

しかし、義務教育後についてみてみると、
現在、高校では小・中学校とは違い、
支援学級や通級指導教室はありません。

支援は各高校に任せられていて、
支援体制が充実した高校はまだまだ少ないのが現状です。

また、高校に進学した発達障害の生徒の中には
不登校や中途退学の生徒も多く、
中退後、7割は他校へ転校、2割はどこへも行かず自宅待機
というケースが増えているという調査結果もあります。

このようにみても、
現在の高校での発達障害の生徒に対する
理解や支援は十分とは言えず、
地域や学校によって支援の体制には差があり、

どんな学校でどんな支援を受けていけるのか
子どもも親も不安の中で
進路を決めていかなければならない状況なのです。

だから、中学3年生の進路選択時になってから
わが子の進路を
考え始めるのでは、
正直、あまりにも時間が足りず、
わが子の将来の可能性を狭めてしまうことになるかもしれません。

つまり、お子さんが小・中学生である今から
将来について考えることが必要であり、
まずはわが子に合うお仕事からイメージを持っておくことが
大切であると私は考えています。

 

今日からすぐにできる支援策を手に入れる120分にしてほしい!

チャイルドジニアスコーチング個別相談は、
120分間のマンツーマンセッションです。

あなたにとっても私にとっても
忙しいお母さんだからこそ、この120分は貴重な時間です。

その貴重な時間を最大限に有効に活かすために、
この個別相談では、
今日から毎日の子育ての中でおうちですぐにできる
自立支援の具体策をしっかりお渡しします。

 

子どもの成長は待ってはくれません。

毎日新しい問題が起き、
それに振り回されていては、
いつまでたっても
わが子の自立に向けた力は育ちません。

 

今日からすぐに取り組める
チャイルドジニアスコーチングでしか
手に入らない支援策をお渡しします!

 

15095015_624123614436649_3918441358455052909_n

 

お申込みいただいた方は、
以下のような流れでセッションを進めていきます。

 

①お申し込み後、日程調整をします。

②セッション2日前までに相談内容を提出していただきます。

③コーチングセッションを120分します。

 

★事前に提出していただいた相談内容をもとに
お子さんの特性について解説します。

★今抱えている問題とそのホントウの原因を明らかにします。

★一般的なアドバイスではなく、
あなたのお子さんの場合の進学や自立についての
具体的な支援策を詳しくお伝えします。

★20年後を見通してお子さんに合う仕事を見つけ出し、
これからの自立に向けて
今日からすぐに始められる方法をお渡しします。

★セッションはコーチングを基本としています。

コーチの質問一つ一つについて考えることで、
自分の気持ちに気づき、
「一の子には何もできないかも」という見方から
「この子にはこんな仕事ができる可能性がある」という
見方に変わります。


④終了後セッションの感想を
メールにて提出していただきます。

 

 

illust2058.png

 

こんな方におすすめです

・発達障害またはグレーゾーンと診断されたお子さんをもつ方
・発達障害ではとの疑いがあり検査を勧められた方
・わが子の将来がイメージできず、不安や焦りで悩んでいる方
・わが子の就学、進級、進学、就職の問題を抱えている方
・知的遅れがないが発達障害の診断があり、
支援が必要と思われるお子さんを育てている方
・軽度の知的障害があるわが子の、進学先や就職先に悩んでいる方
・特性が強いわが子の対応していいのか悩んでいる方
・子どもの可能性を信じられる方
・子どもの才能を伸ばすための努力をいとわない方
・発達障害の誤解をなくすことを前向きに考えられる方
・素直に学び実践してみようと思える方。
・子どもに背中を見せられる母親として、連絡など忘れず取れる方


チャイルドジニアスコーチング

(形態) 対面・スカイプによる対話 
(場所)   スカイプ:自宅などスカイプができる環境、
         対面:岐阜または名古屋市内のカフェなど
(時間) セッション:120分

(定員)   先着10名
(料金) 5,000円

  (特典)
申し込まれた方全員に
「わが子の20年後までを見通した支援プラン」
私浅野が作成し無料プレゼントします!


詳細はお申し込み後にご連絡します。

連絡のないキャンセルに関しては、
通常の実費(10,000円)を請求いたします。

元特別支援学校教員の子育てコーチ
お子さん一人一人の特性に合わせ
あなたとあなたのお子さんの場合は
どうすればいいのか
わかりやすく丁寧にお伝えします。


クライアントさまにじっくり向き合うため
10名限定です。

すぐに満員になることが予想されます。

「子どものために、そして自分のために
 今抱えている悩みと正面から向き合い、
 わが子にとって今必要なことは何かを知り、
 子育てに活かして生きたい」

本気で今を変えたいと思っている
あなたのお話をぜひ聞かせてください。

 

18765807_723687291146947_8036920148133853306_n
 

 

下記のスケジュールから希望日時をご入力下さい。


7月11日(火)13:00〜15:00
7月12日(水)10:00〜12:00
7月12日(水)13:00〜15:00
7月13日(木)10:00〜12:00
7月13日(木)13:00〜15:00
7
月17日(祝月)13:00〜15:00 スカイプのみ
7月18日(火)13:00〜15:00
7月20日(木)13:00〜15:00
7月21日(金)13:00〜15:00 スカイプのみ
7月24日(月)10:00〜12:00
7月25日(火)10:00〜12:00
7月28日(金)10:00〜12:00
7月30日(日)10:00〜12:00
7月30日(日)13:00〜15:00



セッションのお申し込みはこちら

メールアドレス 
名前(姓) 
第1希望日時 
第2希望日時 
第3希望日時 
セッション希望日は「4月20日(月)13時 スカイプ」というカタチで
第1希望~第3希望まで必ずご入力ください。

フォーム送信後3日以内に確認と詳細のメールを返信します。

3日経っても返信が届かない場合は
「迷惑メールボックス」を必ずご確認ください。

メールをお送りしてお返事がなく
個別相談がキャンセルとなるケースも増えております。
必ず申し込み後、返信メールを確認して
確認したというメールをお送りください。