元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

発達障害のウラに隠れた才能の種をみつけよう!チャイルドジニアスコーチング


もしかして、うちの子クラスで浮いてる

 グレーゾーンのわが子のつまずきが
新担任に120%伝わる
「わが子の説明書」をつくろう!

チャイルドジニアスコーチング

120分マンツーマンセッション

 

17630000_692247387624271_2477049730956198747_n

 

60.131.157.238

クラスで浮いていたわが子が、友達と遊べるようになりました!

岐阜市在住 小学1年生
グレーゾーンの男の子のママT
さん

チャイルドジニアス

好きなことで頭がいっぱいになると
話が聞けなくなってしまうグレーゾーンのわが子。

集団行動が特に苦手で、
周りに合わせることがなかなかできません。

先日は、こんなことがありました。

ドッジボールで頭がいっぱいなところに、
昼休み、教室で先生にいろいろ聞かれた息子。

遊びたいことで頭がいっぱい。
混乱した息子は、
「わかんない!」を連発したそう。

ついに教室を飛び出し、
息子を追いかけてきた友達にまた注意された。

遊びたいのを邪魔されたと思った息子は
友達を叩いたのだそうでした。

静かな場所で、わかりやすく
短い言葉で話すと理解できる子です。

子どものことをもう少しよく理解して
子どもに合った対応をしてもらえるだけで
こんな問題は起こらないはずなのに。

どうしたらいいのか
本当に悩んでいました。

浅野さんから、
支援学級を使って
今の環境を変えてみることを提案された時、

今の環境をどうにかしないと
息子は潰れてしまうかもしれない

改めて思いました。

支援学級は初めてで、
子どものことを
どう伝えればいいか悩んだのですが、

 

 「わが子の説明書」を
一度作って使っていたおかげで

それを少し書き換えて
先生に説明するだけで
とてもよくわかってもらえました。

 

それから、少しずつ
支援学級に通う時間を増やしていき、

4月からは支援学級に行けることになり、

今は子ども本人も、
「4月からたくさん行けるね」と
楽しみに話しています。


好き勝手なことをしてしまい、
友達から注意されると癇癪を起こし、
クラスでは浮いていた息子でしたが、

今はいじめもなく、
お友達と遊べるようになりました。

 

チャイルドジニアス

あのままずっと悩んでいたら、
もしかしたら息子は
「学校には行きたくない」
と、言っていたかもしれません。


先生が変わるのを待つより、
こちらが変わった方がいい

と思えました。

支援学級の先生と話をして
早めに通級が始められたことは
本当に良かったです。


「わが子の説明書」は、
4月にまた書き直して
先生と話す時に使おうと思っています。

学校にわが子の特性を
正しく理解してもらえず、
どうしたらいいのか悩んでいるお母さんに、
この「わが子の説明書」は本当にお勧めしたいです。

60.131.157.238

これから先、わが子の説明書に書いたことを思い出して、
いつでもわが子の味方でいようと心に決めることができました。

 

 

東京都在住、小学1年生
普通学級に在籍する
男の子のママFさん。

 

18157593_706780239504319_584358030764267706_n

 

 

家で絵本を読んでいても

「あ」「る」「ひ」

 一文字ずつ
文字を読んでいる息子。

心配していた通り、
入学してさっそく始まった
国語の音読の宿題は、
1行読んではもうやめてしまいます。

周りの同じ年のお子さんと
どうしても比べてしまい、

「なんでできないの?」
「どうしてあきらめちゃうの?」

わが子を見ていると
できないことばかりで、
苛立ちがあふれてくる。

そんな毎日でした。

人見知りで、
あいさつも小さい声でする
息子の様子を見るたびに

私の育て方が悪かったのではないか
思っていました。

このまま学校で過ごしていけば
きっとクラスの中で浮いてしまい、

「困っている」とはっきり言えない息子は、
我慢して苦しむんじゃないかと思いました。

チャイルドジニアスコーチ

本が読めない、
あいさつができないという
その姿だけで、

困った子、自分勝手な子と思われて
これから繰り返し注意されてしまったら、

今ある良いところも
なくなってしまうんじゃないか。

活発でハキハキしているのだけが
良いのではない。

うちの子はうちの子の良いところがある!

そう思って子育てしたい。

 
そのような気持ちから、

「わが子の説明書」を作って
学校の先生に今から
気になることは伝えておこうと思い、
個別相談に申し込みました。

個別相談を終えて、

まず何よりも、私自身の
息子への偏見が和らぎました。

周りのみんなについていけないのは
悪いことじゃない。

そう思えました。

うちの子なりの勉強の仕方があって、
うちの子に合う授業の参加の仕方がある。

 それをやっていけばいいだと
やっと受け入れることができました。

「わが子の説明書」を作ることで、
私なりのが出来ていく感じがしました。

これから先、
いろいろな場面でつまずいた時に、

説明書に書いたことを思い出して、
いつでも我が子の味方でいよう


心に決めることができました。

チャイルドジニアスコーチ

息子のつまずきや発達の偏りを、
今までは”怖いもの”と思っていました。
だから私は不安だったんです。

けれど、今回の個別相談を受けて、

それは何も特別なことではなく、
誰にでもあり得ることで、

障がいではなく個性なんだと
思うことができ、
私の中の恐怖が和らぎました。

私と同じように、

発達障害の診断を受けてはいないけれど、

「この子、大丈夫かな?」って
不安に思っているお母さんやお父さんに
この個別相談はオススメしたいです。

受ける前まではすごく緊張して、

「うまく話せなかったらどうしよう」
って思っていました。

自然に話してくださる
浅野さんの雰囲気のおかげで、
時間が経つのがあっと言う間に
感じました。

浅野さんのお人柄が、
とても安心出来ました。

 

 

60.131.157.238

 

クラスで浮いてしまう悩みを解決するのが「わが子の説明書」です! 

新学期が始まり新しい環境や
歴史に慣れてくるこの時期、

こんな悩みを感じてはいませんか?

■感覚過敏で偏食がひどいわが子。
 給食は無理して食べさせないで欲しい。
 先生にどんなふうに伝えれば、配慮してもらえるだろう?

 

■体操や合唱。みんなと同じことが苦手なわが子。
 間違えるのが心配で動けなくなってしまう。
 サボっていると誤解されないか心配。

 

■時間を見て行動することが苦手なわが子。
 授業が始まっても教室に戻ってこれないこともある。
 声をかけてもらいたいけど、どこまで先生にお願いしていいのかな。

うちの子、幼稚園や保育園、小学校の
大きな集団の中では、
どうしても周りに合わせて行動することが苦手。

わざとやっているわけじゃないのに
いつも先生や友達に注意されてしまう。

うちの子、もしかして
クラスで浮いている?

学校に安心できる場所がなくて困っている?

どうしたらいい?
何から始めればいい?

BLab_202382_2.jpg


もしあなたが、このように感じていたら、

その悩みの原因は、

わが子の特性を、先生に
正しく理解してもらえていないから

です。

 

知的に遅れがなく、活発でおしゃべりで
発達の偏りなどあるように見えない。

周りの子どもと同じように
歌ったり体操をしたりできると思っている。

しかし、本当は、
自分勝手なわけでも、サボっているわけでもなく、
生まれ持った発達の偏りが原因で
どうしても周りと同じことが苦手なのです。

 

そしてそれが
周りに正しく理解してもらえないために、
子ども自身混乱し、困っているのですね。

もし、子どもの特性が正しく理解され、
子どもに合う対応をしてもらえたら
今困っている問題は解決することができます。

 

わが子のことを正しく理解してもらう。

これが問題を解決する上で、
まず最初に
重要になるのです!

 

 

では、どうすれば、

わが子のことを正しく先生に理解してもらい、
わが子に合った支援を今日から
始めてもらえるのでしょうか?

 

その答えが、「わが子の説明書」です!

 

新学期が始まってからこれまでを振り返り、
これからのことをしっかり考えられるこの時期、

「わが子の説明書」を作成し活用することで、

クラスで浮いてしまうわが子の問題を解決し、
わが子に合う支援を
はやく始めてもらうことができるのです。

 

17309865_686822778166732_496045279458924592_n.jpg

「わが子の説明書」で、新担任に120%わが子のことを理解してもらおう!

新学期、あなたのお子さんの担任が
こんな先生だったらどうしますか?

書くことが苦手なわが子。
みんなと同じ量では、倍以上の時間がかかってしまう。

先生に、
「漢字の宿題のやり方を
子どもに合うやり方に変えてもらえませんか?」
お願いしたら、

 「お子さんだけ特別扱いできません」
と言われてしまった。

もし、このような先生にあたってしまったら、
親はどうしたらいいのでしょうか?

 

この問題を解決するヒントは、

親が主体的に動くこと

です。

 

ではまずは何をやればいいのでしょうか?

 

その答えが、

「わが子の説明書」を作って活用すること

です。

18198291_706789042836772_7847654348959583816_n

「わが子の説明書」に、

・集団活動で起きてしまうわが子の問題
・問題の原因
・問題を解決するためのわが子に合う対処法

この3つを詳しく書き、
先生に見せながら解説します。

 

そうすることで、
先生に確実にわが子の特性を伝えることができ、
誤解を防ぎ、時間も短縮でき、

そして、

対応に悩んだ時に
いつも戻って確かめることができる資料となるのです。

つまり、ハズレ先生にあたっても
これがあれば怖くない!
そんなお母さんのアイテムになります!

すぐに作ってみたい!

作ってみたけれど
これでいいのか答え合わせをしたい!

わが子の場合はどんな風に書けばいいのか
専門家のアドバイスを聞きたい。

 

もし今、このように思われていたら、
個別相談を活用して下さい!

 

あなたのお話を詳しく聞き、

あなたのお子さんの
「わが子の説明書」を一緒に作成し、

新学期すぐに始められる
お子さんに合う支援の具体策もお渡しします!

 

60.131.157.238

15697277_644690205713323_4685828395946702366_n

わが子に対する見方がガラッと変わる120分

チャイルドジニアスコーチング
120分マンツーマンセッションでは、
次のような変化が手に入ります。

 

◆「わが子の説明書」を一緒に作り、
活用の仕方を詳しく解説します。

わが子の特性を正しく理解でき、
 問題の原因とわが子に合う対処法が手に入ります。

◆新学期からの悩みが解消され、
 子育ての迷いがなくなります。

お母さんのわが子に対する見方が、
 「うちの子だけできない」から
 「うちの子だからできる」に変わります。

◆セッション終了後からすぐに取り組める
子どもに適した具体的な関わり方がわかります。

◆子どもと信頼関係を築き、家族が笑顔になれます。

子どもの感情や問題に振り回されない
 軸を持った子育てができるようになります。

 

14993393_625019801013697_8063917594607044867_n.jpg 15078829_624114771104200_780619436513773161_n 15027489_624114757770868_4196008982241467963_n

マンツーマンセッションを受けられたお母さんの多くが、

「うちの子の見方が変わった!」
「今すぐ子どもとやってみたいです!」
と、

わが子に対する見方と関わり方がガラッと変わり、
悩んで繰り返しの毎日から、
学んで動く毎日に変わる120分です!

ぜひ体験してみてください!

 

今日からすぐにできる支援策を手に入れる120分にしてほしい!

チャイルドジニアスコーチング個別相談は、
120分間のマンツーマンセッションです。

あなたにとっても私にとっても
忙しいお母さんだからこそ、この120分は貴重な時間です。

その貴重な時間を最大限に有効に活かすために、
この個別相談では、
今日から毎日の子育ての中でおうちですぐにできる
自立支援の具体策をしっかりお渡しします。

 

子どもの成長は待ってはくれません。
毎日新しい問題が起き、それに振り回されていては
いつまでたってもわが子の自立に向けた力は育ちません。

 

今日からすぐに取り組める
チャイルドジニアスコーチングでしか
手に入らない支援策をお渡しします!

そのためにお申込みいただいた方は、
以下のような流れでセッションを進めていきます。

①お申し込み後、日程調整をします。

②セッション2日前までに相談内容を提出していただきます。

③コーチングセッションを120分します。

 

★事前に提出していただいた相談内容をもとに
お子さんの特性について解説します。

★他の子と違うおこさんだけの才能を見つけ出します。

★20年後を見通してお子さんの天職を考え、
これからの自立に向け、お家で出来る支援策について
詳しくアドバイスします。

★セッションの最後に、今日から始める
具体的な行動を決めます。

④セッションの感想を提出していただきます。

 

illust2058.png

 

こんな方におすすめです

・発達障害またはグレーゾーンと診断されたお子さんをもつ方
・発達障害ではとの疑いがあり検査を勧められた方
・入園、入学で環境が大きく変わり、4月からのわが子の支援に不安を抱えている方
・特性が強いわが子の困った行動に、どう対応していいのか悩んでいる方。
・子どもの可能性を信じられる方
・子どもの才能を伸ばすための努力をいとわない方
・発達障害の誤解をなくすことを前向きに考えられる方
・素直に学び実践してみようと思える方。
・子どもに背中を見せられる母親として、連絡など忘れず取れる方


チャイルドジニアスコーチング

(形態) 対面・スカイプによる対話 
(場所)   スカイプ:自宅などスカイプができる環境、
         対面:岐阜または名古屋市内のカフェなど
(時間) セッション:120分

(定員)   先着10名
(料金) 5,000円
  (特典) 申し込まれた方全員に「わが子の説明書」が
     すぐに作れるワーク(見本つき)を無料プレゼント!!


詳細はお申し込み後にご連絡します。

連絡のないキャンセルに関しては、
 通常の実費(10,000円)を請求いたします。
元特別支援学校教員の子育てコーチ
お子さん一人一人の特性に合わせ
あなたとあなたのお子さんの場合は
どうすればいいのかわかりやすく丁寧にお伝えします。


クライアントさまにじっくり向き合うため
10名限定です。

すぐに満員になることが予想されます。

「子どものために、そして自分のために
 今抱えている悩みと正面から向き合い、
 わが子にとって今必要なことは何かを知り、
 子育てに活かして生きたい」

本気で今を変えたいと思っている
あなたのお話をぜひ聞かせてください。
 

15095015_624123614436649_3918441358455052909_n

下記のスケジュールから希望日時をご入力下さい。


5月6日(土)13:00〜15:00
5月9日(火)13:00〜15:00
5月10日(水)13:00〜15:00
5月11日(木)10:00〜12:00
5月12日(金)10:00〜12:00
5月12日(金)13:00〜15:00
5月17日(水)10:00〜12:00
5月17日(水)13:00〜15:00

5月18日(木)10:00〜12:00
5月19日(金)10:00〜12:00
5月19日(金)13:00〜15:00
5月22日(月)10:00〜12:00
5月22日(月)13:00〜15:00
5月23日(火)10:00〜12:00
5月23日(火)13:00〜15:00
5月24日(水)10:00〜12:00
5月24日(水)13:00〜15:00
5月30日(火)10:00〜12:00
5月30日(火)13:00〜15:00
5月31日(水)10:00〜12:00

セッションのお申し込みはこちら

メールアドレス 
名前(姓) 
第1希望日時 
第2希望日時 
第3希望日時 




フォーム送信後3日以内に確認と詳細のメールを返信します。

3日経っても返信が届かない場合は
「迷惑メールボックス」を必ずご確認ください。

メールをお送りしてお返事がなく
個別相談がキャンセルとなるケースも増えております。
必ず申し込み後、返信メールを確認して
確認したというメールをお送りください。

セッション希望日は「2015年4月20日(月)13時 スカイプ」というカタチで
第1希望~第3希望まで必ずご入力ください。