元特別支援学校教員の発達障害の子育て専門相談

menu

発達の悩みが幸せにかわるコーチング

『子育ての「呪い」が解ける魔法の言葉』公式サイト

 

どうしたらいいんだろう?と迷ったとき
私の子育て、間違っている?と悩んだとき
私ってダメな親?と落ち込んだとき
このままでいいのかな?と不安になったとき
周囲の目や言葉がつらいと感じたとき
子育てが苦しいと思ったとき

 

この本を開いてください。

心がスーッと軽くなり、
「今の自分で大丈夫!」
「これでいいんだ」
という気持ちがわいてくるはずです。

 

 

子育ての「呪い」が解ける魔法の言葉の本
ご購入の方に、豪華特典をプレゼント!!

 

豪華特典プレゼントはこちらのサイトからお受け取りください!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

※特典紹介サイトは8/2(月)の本販売日に公開されます。

 

 

 

子育てをしていると、当たり前のように出会うこのような言葉に
心がザワザワ、モヤモヤすることありませんか?

 

これらはすべてお母さんを縛る呪いの言葉。

頑張っているお母さんたちのエネルギーや自信を奪ってしまうこわい言葉。

これらの呪いの言葉は、突然やってきます。

でも、対策を知っておくと、かわすことができます。

 

そこで!

この本では、呪いを解くカギとなる魔法の言葉を

呪いの言葉一つ一つに対して詳しく解説しました!

 

これまで2000人を超える、発達障害やグレーゾーン、不登校の
お子さんとお母さんをサポートしてきた経験とたくさんの事例から、
発達障害の子どもを育てるお母さんが、特に縛られやすい呪いの言葉と、
その呪いを解く言葉や発想の転換のコツをできる限り詰め込みました!

 

「こんな声かけをするといい」
「こんな対応をしましょう」
この本では、このような問題解決の方法やノウハウは載せていません。 

なぜなら、お母さんたちはもう十分できているし、頑張っているから。

お母さんに必要なのは、
「それ以上やらなくていいですよ」
「こんなにできていますよ」
というメッセージだと私は感じています。

 

「こんなんじゃダメ」「まだできていない」
ではなく、
「私は今これを大事に関わっていこう」
「これならできてる!この子も私もまずはOK!」
の気持ちを、ママには何よりも大事にしてほしいのです。

 

でもなかなか自分ではそんな気持ちに切り替えるのって大変。 

そんな時こそ、
この本の好きなページや気になる言葉を読んで
ぜひ毎日の子育てと自分への元気の注入に役立ててください。

 

この本はお母さんたちの心のパワー回復の最強アイテム!

そんな風に使っていただけましたらこの上なく幸せです。

 

 

 

 

浅野みや

元特別支援学校教員
発達障害、グレーゾーン、不登校の子どもを育てるママ専門コーチ
「発達の悩みを幸せに変えるコーチング」代表

 

1975年11月6日生まれ。山梨県出身。岐阜県在住。
大学卒業後、約10年特別支援学校に勤務。
結婚を機に退職し、1年後出産し育児をする中で子育てに悩み、育児ノイローゼの状態に。
「このままではわが子も自分もダメになる…」と、あらゆる専門書を読み漁り、
その時出会った本からコーチングを知り、コーチングのセッションを初体験。
それがきっかけで子育てと人生が大きく変わる。
その後コーチングを学び認定資格を取得。
プレシャス・マミー認定コーチとしてコーチの仕事を開始し、
発達障害やグレーゾーンの子どもの母親からの深刻な相談が後をたたないことから、
発達障害等について独学で学びなおし、発達障害専門コーチとして、
これまで2000人を超える障害児や保護者と関わる。
その中で「母親のサポートが何よりもまず必要」であることを痛感し、
発達障害の子どもを育てるお母さんに焦点を当てたコーチングプログラムを開発。
本や専門機関では教えてもらえない、完全オリジナルなママ優先の支援法が評判になり、
完全個別相談や継続的支援で母親に日々寄り添いサポートをしている。