元特別支援学校教員の子育て専門相談

menu

「うちの子だけできない」が自信に変わる!チャイルドジニアスコーチング

TAG合理的支援

2学期早々の席替え以来笑顔がなくなったグレーゾーンのわが子。担任に訴えて返ってきた言葉は・・・

読者のKさんからいただいたメールをご紹介しています。 視覚認知の力が弱く、板書や漢字などで困ることが起きてしまうお子さん。 仲の良い友達の存在を支えに学校に行けていたのに、 2学期早々…

友達の存在を支えに学校に行けているグレーゾーンのわが子。「このままいけるかな」そう思った矢先のある出来事が。その日以来息子は無表情に。そのできごととは、、、(読者さまのメールより)

募集をしておりました 2学期はじめの今、考えておきたい発達障害、グレーゾーンのわが子の「学校行きたくない!」不安が「学校行けそう!」の安心に変わる チャイルドジニアスコーチング120分のマンツーマンセ…

【質問回答】先生に配慮をお願いしても「お母さんの考えすぎですよ」取り合ってもらえません。この場合どうすればいいですか?

昨日から募集しています、 2学期はじめの今、考えておきたい発達障害、グレーゾーンのわが子の「学校行きたくない!」不安が「学校行けそう!」の安心に変わる チャイルドジニアスコーチング120分のマンツーマ…

「発達障害の診断はないのですが 個別相談に申し込んでも良いでしょうか?」保育園入園を迎えるお子さんのお母さんの質問

あと1名となりました!! もしかして、うちの子クラスで浮いてる? グレーゾーンのわが子の躓きが新担任に120%伝わる「わが子の説明書」をつくろう! チャイルドジニアスコーチング120…

「クラスで浮いていたわが子が、今はいじめもなく友達と遊べるようになりました!」3ヶ月レッスン受講生の感想

「わが子の説明書」を作り、 活用することで、 クラスで浮いてしまうわが子の悩みが解決し、 「学校たのしい!」 クラスで安心して過ごせるようになった お子さんとお母さんTさんの 事例をお伝えしてきました。 &n…

「お子さんクラスで浮いています」先生の言葉にお母さんが本気で動いた!お母さんを支えたのは「わが子の説明書」でした。

「わが子の説明書」を作って子どものことを伝えて 先生には理解してもらえたと思っていた。 けれど、 どうもこの先生、 発達障害のうちの子のこと 理解するのに時間がかかるみたい。 これから…

わが子の特性を理解してくれない先生にあたっちゃった!どうしたらいい?

4月まであと2日。 新学期開始に向けて 今から対策を立てておこう。 まずは「わが子の説明書」作ってみよう。 そう思って取り組み始めてみたものの、 わが子の困った行動について どこまでどんなふうに書けばいいの?…

新学期開始前に「学校大嫌い!」を防げた実例を紹介します!

なぜ先生は子どもに合う支援ができないのか。 わかりやすくお伝えするために前回、青木先生という一人の先生を設定して解説しました。 先生の本音を読んでどのように感じましたか? 「先生っ…

先生は子どもに合う支援ができない?!支援をしたくてもできない先生の本音

春休みの今、 お母さんである%LAST_NAME%さんには、 「わが子の説明書」を作って4月からの環境の変化に備えて欲しいと前回お伝えしました。 たかくんの 「学校大嫌い!」が 「学校大好き!」に変わったのは、 …

わが子の「学校きらい」を「学校好き!」に変えたのは、お母さんが作ったわが子の◯◯◯でした。

ADHDの診断のある 小学1年生のたかくん。 どうしてもみんなと同じように歌を歌いたくない。 先生に注意され、 「学校楽しくない」 「ぼくできない」 と、言っていたたかくんが、 &n…

さらに記事を表示する

チャイルドジニアス個別相談

チャイルドジニアス個別相談

0才から6才のわが子の問題行動の解決策

""

6才から12才のわが子の問題行動の解決策

""

【無料】わが子の才能発掘ワークブック

“”